美容と健康一覧

嚥下障害の症状と原因は何?予防する方法と喉の筋肉を鍛える方法は?

「嚥下(えんげ)障害」とは、食べ物を上手に飲み込めない状態のことです。嚥下障害があると、食事に苦労がつきまとうため、食べる楽しみが減ってしまいます。それだけではなく、そのまま放っておくと命を脅かす病気を招くこともあります。嚥下障害の、原因や症状、予防と喉の筋肉の鍛え方について調べてみました。

カッピング療法とはどんな施術で効果はあるのか?頻度や注意点は?

カッピング療法とは、「吸い玉(すいだま)」とも呼ばれる人気の施術です。私達もエステなどのリラクゼーションで、気軽に受けることができます。私も、鍼灸院で施術してもらった事がありますが、施術後の、背中を見た時は衝撃でした。背中にいくつもできた赤紫の丸は、もう消えないのではないかと思いましたが、一週間ほどで奇麗に消えました。そんな、カッピング療法の効果、頻度、注意点についてまとめてみました。

平熱は何度から何度まで?微熱は何度が基準で平熱から何度上がった ら発熱?

平熱とは何度から何度までで、微熱は何度が基準とされていて、平熱から何度上がったら発熱していると言えるのでしょうか?自身の体調管理をするとき、体温の測定は、身体の重要な情報を得る手段です。よく「私、体温が35℃台で体温が低いから、36台だとしんどい」という言葉を耳にしますが、そういう人が、36℃台でも熱があると思い受診しても、「熱はないですね」と言われるようです。では、平熱の基準は何度で、何度上がったら発熱なのでしょうか?その基準はどうなっているのか、気になっていた事なので、調べてみました。

無駄食いしないやせ脳になるマインドフルネスダイエットのやり方と効果は?

「痩せたいのに痩せられない」といった悩みをよく耳にします。食べたくて仕方がない、ダイエットが続かないのには、脳が関係しているかもしれないという話があるそうです。そこで、無駄食いしないで、やせ脳になる、マインドフルネスダイエットが、今、話題になっています。ダイエットを成功させるために始めたい、痩せる脳の作り方についてまとめてみました。

熱中症対策は塩飴に効果アリ?でも食べ過ぎると塩分やカロリーが心配!

晴天の日に庭の草抜きをしていた時、軽い熱中症になった事があります。喉が渇くので、水を飲むのですが、飲んでも、飲んでも、乾きが止まらない。フラフラするという症状もあったので、家族のススメで塩分を含んだ、スポーツドリンクを飲んだところ、熱中症の症状が治まった事があります。この経験から、塩分は熱中症対策に効果があると思っています。私の場合は、スポーツドリンクドリンクでしたが、塩飴は効果があるのでしょうか?塩飴が熱中症に効果があるのか、塩飴を食べすぎた場合、カロリーや塩分の摂りすぎにならないかをまとめてみました。

ケトジェニックダイエットのやり方はどんなメニューをどのぐらいの期間するの?

「ケトジェニック・ダイエット」とは、十分な量のタンパク質と上質な脂肪を摂取し、炭水化物を可能な限り避ける食事療法のひとつです。「ケトジェニック食」「ケトン・ダイエット」などとも呼ばれています。食べてよいものや食べてはいけないものと、その食材をまとめてみました。ケトジェニックダイエットについて詳しく見ていきましょう。