夏の行事

夏の行事

残暑見舞いのはがきを出す時期はいつまで?はがきに書く例文やコロナ時代の文例は?

残暑見舞いは出されましたか? 昔は、暑中見舞いや、残暑見舞いを書いていましたが、 メールやラインに慣れてしまってからは、 殆ど書かなくなりました。 郵便局に行った時、 残暑見舞いのハガキが置いてあると、 そういう...
夏の行事

お盆の仏壇にお供えするお菓子にのしは必要?お菓子の数やお菓子以外なら何がいい?

今年のお盆はいつもと様子が違う。 なんといったって旦那と結婚して初めてのこの時期での帰省なのだ。 私の実家には、 父が長男ではなかったせいか仏壇はなく、 その辺りの作法や決まりごとに関してまるで知識がない始末。 ...
お祭り

七夕の笹飾の由来は?折り紙で作るおしゃれな笹飾りの種類や意味と簡単な作り方について

天の川を見上げながら、 お星さまに願い事をしたことありますか? 七夕の笹に飾られた折紙で作られたおしゃれな笹飾りは素敵ですね! 7月7日、七夕というと、 年に一度だけ織姫と彦星が会える、 とてもロマンティックな日の...
夏の行事

下鴨神社チームラボ2018開催時間は?チケット入手方法と混雑具合の口コミは?

下鴨神社チームラボ2018 『糺の森の光の祭2018』開催の日時をお知らせします。 世界遺産・下鴨神社の糺の森を、 チームラボの光りアートが繰り広げる、 糺の森の光の祭2018。 『糺の森の光の祭2018』のチケッ...
夏の行事

五山の送り火 点火の時間はいつ?よく見える場所と文字の意味と歴史は?

京都の大文字 五山の送り火は、 お盆にお迎えしたご先祖様の霊を、 ふたたび浄土へお送りするための灯りです。 『大文字』から順に、六ケ所 点火されていきますが、 昔の送り火は、十か所以上あったそうです。 京都市の北東...
夏の行事

六道珍皇寺のお精霊迎え 六道参りとは?地獄絵図や黄泉がえりの井戸とは?

六道珍皇寺のお精霊迎え 六道まいりは、 毎年8月7日から10日に行われます。 京都では、8月の13日から始まり、 16日の五山の送り火に終る盂蘭盆(うらぼん)には、 各家庭で先祖の霊を祀るお盆の供養が行われます。 ...
夏の行事

古い花火は使えるの?残った花火の危なくない処分の仕方や捨て方 保管の仕方は?

夏の夜、子供たちと花火をするのは楽しいです。 海水浴やキャンプには、 必ず花火を買って持っていきますよね。 コンビニなんかでもいろんな種類が売ってあるので、 ついついたくさん買いすぎちゃって、 残ってしまうことはあ...
夏の行事

京都の愛宕神社 千日詣りはいつで火廼要慎のお札を頂くアクセスとルートは?

京都の愛宕神社 千日詣りをご存知ですか? 愛宕神社は火の神様として、防火や火災にご利益がある神様です。 千日詣りで頂く火廼要慎のお札は、 京都の家の台所や飲食店の厨房では、必ずと言っていいほど見かけます。 千日詣りが行われる京都...
夏の行事

天保山の魔法の美術館 見てふれて遊べる体感型アートの口コミ評判は?

魔法の美術館 見てふれて遊べる体感型アート 光と影のイリュージョンが全国を巡り、 たくさんの人が訪れています。 2017年夏は、大阪文化館 天保山で開催されています。 すぐお隣は、海遊館水族館です。 天保山ハーバービレッジ...
夏の行事

子供の日焼け止めは必要か?日焼け対策と対処法 日焼け止めの選び方!

子供には輝く太陽の下で、元気いっぱい遊んでほしい! そんな子供に日焼けはさせない方が良いのでしょうか? 子供の日焼け止めが必要かどうか、 外で遊ばせるときの日焼け対策や、 日焼けを避ける対処法についてまとめました。 子供の...
お祭り

祇園祭 還幸祭のルートは?花傘巡行の時間と神輿渡御の神輿を舁ぐ男衆たち

祇園祭の還幸祭とは、 いつどのようにして行われるのか?, 神幸祭や還幸祭の神輿渡御で、 神輿を舁ぐ人たちはどういう人たちなのか? また、祇園祭の還幸祭の花傘巡行とは、 いつ、どこを巡行するのかをまとめました。
お祭り

祇園祭の後祭大船山の歴史とご利益は?山鉾巡行復活と無言参りの風習

祇園祭の後祭りで復活した大船鉾の歴史や 大船鉾の御神体によるご利益は何か、 祇園祭で後祭りの山鉾巡行が復活した理由について、 まとめてみました。 また、 祇園祭の変わった風習として、 京都の花街に今も伝わる 無言詣りと...
お祭り

祇園祭の御朱印集め 山鉾町の御朱印めぐりで授与して頂ける時間と期間は?

祇園祭の御朱印集め、 祇園祭の御朱印は祇園祭期間限定です 祇園祭は御朱印めぐりで、 新しい楽しみ方を感じてください。 祇園祭で御朱印が授与して頂ける時間と期間 そして金額などもご案内しています。 金額はその時点で変更に...
夏の行事

京都の大文字焼きの歴史と起源はいつ?文字の読み方と意味や由来は?

京都に夏の終わりを告げる京都の大文字焼き、 京都人がこの言い方にちょっと抵抗があるのですが、 『大文字焼き』と呼ばれる五山の送り火には、 どのような歴史があって、 その起源となるのはいつからなのか? また、 五山の山...
夏の行事

京の七夕 堀川会場への行き方と楽しみ方は?イベント内容と浴衣特典

京の七夕祭り 2017年「京の七夕」開催日は 【堀川会場】2017年8月5日(土)~11日(金・祝) この『京の七夕』も今年で8回目になります。 年々知名度も上がり、来場者も増えて来ています。 京の七夕は、鴨川...
お祭り

しみだれ豚まん 祇園祭オススメの屋台 ぜぜかんぽっちり並んで買った

しみだれ豚まんの人気は凄い! 数年前からじわじわと評判になり、 噂は聞いていたけど、 祇園祭の屋台でオススメと言えばやはり、 ぜぜかんぽっちりのしみだれ豚まんだろう。 長蛇の列に並んで買ってみました。
お祭り

祇園祭は鱧祭りと言われる由来は?京料理で鱧が最もおいしい時期は?

祇園祭は鱧祭りと言われますが、 鱧は鱧寿司や鱧の落とし、鱧の天ぷらと、 どの鱧料理も、 京都の夏や祇園祭には欠かすことのできない御馳走です。 そんな鱧料理が、 祇園祭の時期によく食べられる理由は何か、 鱧と京都との関係は...
お祭り

祇園祭の由来と歴史 山鉾町7月の行事日程 祭りに纏わる風習と習慣

祇園祭は世界的にもよく知られたお祭りの一つです。 その祇園祭の由来や歴史について、 さらに、祇園祭の催事として執り行われる行事の数々、 山鉾町や八坂神社界隈の人たちの、 祇園祭の纏わる風習や習慣など、 知れば知るほど面白く...
お祭り

祇園祭の宵山 屋台の楽しみ方 時間と日程 オススメの場所は何時から

祇園祭りと言えば、 立ち並ぶ屋台を見て回るのが楽しみの一つです。 屋台でよく見かけるお店と言えば、 たこ焼き、イカ焼き、焼きトウモロコシ、 綿あめにりんご飴も、昔からおなじみです。 また、金魚すくいや、ヨーヨー釣り...
お祭り

祇園祭のオススメ しみだれ豚まん 期間限定屋台のお店の場所はどこ?

京都の祇園祭は、7月1日からいろんな行事が執り行われますが、 なんといっても宵山や宵々山 この両日は歩行者天国にもなって、 四条界隈は人でごった返します。 そしてお祭りと言ったら屋台ですよね! 祇園祭の屋台で、今話題の『しみ...
夏の行事

化野念仏寺の歴史と水子供養の由縁 千灯供養はいつ拝観料とアクセスは?

化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)は  怖い話や心霊スポットとして また 水子供養でも有名なところです 水子地蔵や賽の河原 それらが化野念仏寺とどのような由縁があるのか それは化野念仏寺の歴史から窺がわれるのではないでし...
夏の行事

保津川下り予約は必要?おすすめコースの楽しみ方はトロッコ列車セット

保津川下りの乗船場は 京都府北部の亀岡市にあります 亀岡の乗船場から保津川下りの舟に乗って  京都市内 嵯峨嵐山までの16㎞  風光明媚な山間の峡谷 『保津峡』を流れていく舟下りです 往路の トロッコ列車から...
グルメ

貴船の川床・納涼床とは?人気のおすすめ料理旅館ベスト10とアクセス 

貴船は京都市内から北東へ 車でわずか30分位のとこやと云うのに  ほんま涼しおすえ~! 空気が澄んでて水がキレイ そのキレイな水の流れの上でいただく御馳走 そ~どす! 貴船の川床 納涼床はええもんどすえ~! 清...
夏の行事

京都のお盆 お精霊迎えは 花園妙心寺・六道珍皇寺六道参り・千本ゑんま堂

お精霊迎えは  お盆に先祖の霊をお迎えして供養する 大切な行事です 京都のお盆の“お精霊迎え”にもいろいろな形があるようですが その中でも最も多くの人が訪れる 京都の三大“お精霊迎え”として有名な ●花園・妙...
お祭り

秋田竿燈まつりとはどんな歴史と由来が?開催日程と観覧席の場所は

秋田竿燈まつりをご存知ですか? 日本全国には  芸術としても世界中に誇れる  素晴らしいお祭りがたくさんあります 中でも  東北地方の三大祭りと言われる 秋田竿燈まつり 天の川が降り注いだような 光が大通り...
夏の行事

京都下鴨納涼古本まつりとは?目録を入手して楽しむイベントとアクセスは

「第30回下鴨納涼古本まつり」   2017年の予定は   開催日 :2017年8月11日から16日   場 所 :下鴨神社糺の森        〒606-0807 京都府京都市左京区下鴨泉川町59   営業時間:10...
お祭り

ねぶたの山車 作り方と制作費は?大きさと題材に使うモチーフは何?

ねぶたってどのようにして作るのか どんな人が作っているのか 気になりますよね あんな凄いものを作るのですから・・・ 青森ねぶたの山車は もともと町内会等の運行団体の中で 手先の器用な ねぶた好きの人たちの手によって制作さ...