嚥下障害の症状と原因は何?予防する方法と喉の筋肉を鍛える方法は?

「嚥下(えんげ)障害」とは、食べ物を上手に飲み込めない状態のことです。嚥下障害があると、食事に苦労がつきまとうため、食べる楽しみが減ってしまいます。それだけではなく、そのまま放っておくと命を脅かす病気を招くこともあります。嚥下障害の、原因や症状、予防と喉の筋肉の鍛え方について調べてみました。

カッピング療法とはどんな施術で効果はあるのか?頻度や注意点は?

カッピング療法とは、「吸い玉(すいだま)」とも呼ばれる人気の施術です。私達もエステなどのリラクゼーションで、気軽に受けることができます。私も、鍼灸院で施術してもらった事がありますが、施術後の、背中を見た時は衝撃でした。背中にいくつもできた赤紫の丸は、もう消えないのではないかと思いましたが、一週間ほどで奇麗に消えました。そんな、カッピング療法の効果、頻度、注意点についてまとめてみました。

体温計の正しい測り方は?口と脇で温度が違うけど脇なら左右どっちで測る?

新型コロナ感染拡大予防で、新しい生活習慣が推奨されています。三密を避け、ソーシャルディスタンスを保ち、うがい手洗い、そしてどこに行っても検温する場面を見かけます。これまで熱を測るという行為は、病院へ行ったときくらいで、家で熱を測ることは、あまりありませんでした。さらに体温は、脇で計るものだと思っていました。最近、おでこで計る物や、口腔、耳で計るものが登場しています。また、直接体に触れずに検温できる、非接触型の検温も見られるようになりました。今回は、体温の正しい計り方についてお話したいと思います。

引越しの挨拶に手土産は必要か?人気の品物は何で相場はいくらくらい?

私は引っ越しの挨拶に、手土産を持ってお伺いします。持っていく手土産は、洗剤を選ぶことが多いです。ところで、近所付き合いの希薄になった最近でも、引っ越しの挨拶はするのでしょうか?どのくらいの範囲で、ご挨拶に伺い、その際、手土産は必要なのでしょうか?引っ越しの手土産について紹介します。

年末の大掃除 いつから始める?どこから手を付けていつまでに終わらせるといいの?

年末になると、大掃除について考え始める人も多いと思います。日頃はつい、「年末の大掃除でまとめてきれいにしよう」と考えていても、いざ大掃除を始めたらそこまで手が回らずに時間切れ、という経験をされた方も多いと思います。今回は、年末の大掃除についてお話したいと思います。

おせち料理はいつから始まった?由来や歴史と定番メニューの意味は?

昔は、おせち料理一品づつ作っていました。それぞれの家庭のおせち料理があり、お正月の楽しみの一つでしたね。近年は、おせち料理を予約販売で購入したり、スーパーで購入したり、忙しい主婦に強い味方ができました。意外と知らない、お説料理の意味や歴史、定番メニューについてお話したいと思います。

立冬とはいつのことでその意味や由来は?この日に食べる物や旬の食材は?

立冬(りっとう)とは、「こよみの上では冬の始まり」なんてフレーズをよく聞きますね。「立」には新しい季節になるという意味があり、立春、立夏、立秋と並んで季節の大きな節目です。木枯らしが吹きはじめ、冬の気配が感じられる頃で、暦の上ではこの日から立春の前日までが冬になります。立冬という日の意味や由来はなにで、立冬の食べ物や行事、風習にはどんなものがあるのでしょうか。立冬について、様々なことを紹介します。

お年玉の由来はいつから?お年玉袋にポチ袋を使う意味や名前の書き方は?

子供の頃は、お年玉をもらうのが嬉しくてたまりませんでした。お年玉をもらう時、ワクワクしたのを覚えています。大人になって、お年玉を渡す側になると、お財布の事情もあり、お正月は、少し辛いものになりましたね。そんなお年玉の由来や、お年玉のポチ袋についてまとめてみました。

安納芋のカロリーは高いのか?含まれる栄養成分や他のさつま芋との違いは?

安納芋は、種子島の特産として知られるさつまいもの一種。私は、この安納芋が大好きで、毎年、農家の方から譲って頂いています。以前、安納芋のタルトを作ってもらった時は、とても美味しくて感動してしまいました。大好きな安納芋を、たくさんの方に食べてもらいたいと思うのですが、安納芋はカロリーが高いのだろうかと気になってしまいました。今回は、とても美味しい安納芋について、カロリーや栄養価についてまとめてみました。

内助の功とはどういう意味?語源となる歴史と類語や使い方の例文は?

『内助の功』は、陰ながら援助する身内の功績、特に、夫の活躍を支える妻のはたらきについて、称賛する意味を持っています。「陰で献身的に支え夫を出世させる妻」を意味する言葉でもあり、現在では、稀有な存在のようにも思われますね。今回は、内助の功の意味、歴史、類義語、例文について調べてみました。

白羽の矢が立つとはどういう意味?その類語や使い方と例文は?

「白羽の矢が立つ」は「しらはのやがたつ」とよみます。おそらく多くの人が知っていることわざなのではないでしょうか。何かに大抜擢されたとか、偉大な役割にを担う人物として選ばれたなんていうときに使われることが多いこの言葉ですが、現在の意味としては、正しいものでも由来を考えると、だいぶ意味が変わってしまうことわざになります。なぜ意味が変わっていったのか、その由来が意外に残酷な事柄からきているなど「白羽の矢が立つ」について紹介したいと思います。

天然温泉と源泉掛け流し温泉の違いは?基準や成分表示の義務は?

温泉とは、地中から湯(熱水泉)が湧き出している現象や場所、湯そのものを示す用語です。旅行で温泉に行こう!温泉にゆっくり浸かりたい!など日頃のストレスを癒してくれる代表です。温泉を選ぶとき、天然温泉と源泉かけ流しという言葉を聞いた事があると思います。天然温泉と源泉かけ流し温泉の違いについて調べてみました。

除菌と消毒の違いは何?滅菌や殺菌で浄化効果のあるグッズは?

快適で健康な暮らしのために、身の回りは清潔に保っておくことが大切です。菌やウイルスへの対策グッズはいろいろありますが、「除菌」「抗菌」「殺菌」など、使われている表現がいろいろと違うので、どんな効果が期待できるのかわかりづらいですよね。これらの言葉の意味と違いを調べてみました。

鼻持ちならないとはどういう意味?語源の由来や類語と使い方の例文は?

鼻持ちならないという言葉は、言動が見聞に堪えない、我慢できないほど嫌味であるという意味です。“鼻”の語源としては、胎児の体の中で非常に早く形成されるものであることから、ハヤクナルの略であるとか、ハジメナル(初成)の意、ハナ(初)の意などの説があり、“持つ”には、モノツム(物積む)の意、モチの転訛などの語源説がいわれています。鼻持ちならないという言葉を、使った事はありませんが、「あの人の行動は鼻につく」と同じ様な使い方でしょうか?「鼻持ちならない」の意味や語源、由来、例文を調べてみました。

処暑の候とはいつからいつまでの時期?意味や読み方と挨拶状の例文は?

『処暑の候』“暑い”と言う文字が入っていますが、秋の季節を表す言葉です。では、いつからいつまでの時期を指す言葉なのでしょうか?年々、夏の暑さが激しくなっていくように思えるのですが、毎年、残暑のこの時期、いつまで暑い日がつづくのだろうと思います。急がなくても時間がたてば、必ず秋はやってきますし、涼しくなり、更には寒くなることもよく知っています。ですから、『処暑の候』には、この暑さをしっかり感じることも必要かも???あっ、でも、熱中症には充分お気を付けくださいね。今回は「処暑の候」について紹介したいと思います。

食欲の秋と言う言葉はことわざ?理由や由来 おすすめの秋の味覚は?

食欲の秋と言う言葉はことわざなのでしょうか?秋は気温がちょうど良く、快適に暮らせるという意味の、天高く馬肥ゆる秋ということわざがあります。一般的には、夏が終わり、待ち望んでいた過ごしやすい秋がやって来た事への、喜びや歓迎することわざとみて取れます。意味は上記の通りで、もう少し噛み砕くなら、秋になると空は澄み渡るので、それを”天高く”として、馬も太るほど美味しい作物が収穫できるのを、“馬肥ゆる”で表現しています。その一方、発祥とされる中国では別の意味もあるとされ、そこには日本解釈とは真逆の、隣国から肥えた馬(鍛えた馬)に乗って、敵が攻めてくるから警戒しろ! という面も含んでいることわざとされています。一見、爽やかなことわざと思えても、意外な一面があるものですね。食欲の秋も、そうなのでしょうか?調べてみました。

天衣無縫の意味とは?天衣無縫の言葉の由来や類語と四字熟語は?

【天衣無縫】は、てんい-むほうと読みます。簡単に言うと、物事に技巧などの形跡がなく自然なさまの事です。飾りけがなく あけっ放しのさっぱりした性格の人を、『あの人は天衣無縫だ』などといいます。もともと『天衣無縫』とは、すべてが自然に美しくできているということで、まるで縫い目がないようだという意味で、詩文などでは、技巧の跡がなく完成されていることを指していいます。天衣無縫の言葉の意味や由来、類義語について調べてみました。

線状降水帯が発生する原因は?発生しやすい場所を予測することは?

この数年、主に梅雨の時期に、「線状降水帯」という言葉をよく聞くようになりました。線状降水帯が起きると、災害に繋がるので怖いですね。気象と言う自然現象を止めることは無理だとしても、発生を予測することが出来れば、災害をより少なく抑えられることもできると思います。何故、線状降水帯が発生するのでしょうか?調べてみました。

残暑見舞いのはがきを出す時期はいつまで?はがきに書く例文やコロナ時代の文例は?

残暑見舞いは出されましたか?昔は、暑中見舞いや、残暑見舞いを書いていましたが、メールやラインに慣れてしまってからは、殆ど書かなくなりました。郵便局に行った時、残暑見舞いのハガキが置いてあると、そういう時期なんだなと思います。残暑見舞いについて、コロナ禍の文章の書き方について調べてみました。