興味津々

誰もが気になる巷の話題 知ってて得する耳より情報など 好奇心をそそる興味津々なお話しを集めました

美容と健康

認知症は種類によって症状が違い周囲の対応で緩和する場合も!家族だけで抱え込まないこと

投稿日:

認知症の傾向がみられる人は、年々増加しています。

2025年には、
65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症になると推計されています。

認知症の症状に関する具体的な知識を身につけて、
認知症の早期発見に努めれば、
症状の緩和や家族の負担、
ストレスの軽減につながるのではないかと言われています。

そんな認知症によくある症状と、
認知症をケアするときのヒントについてまとめてみました。

スポンサーリンク
  

認知症は種類によって症状が違う!

認知症で最も多いのは、アルツハイマー型と言われています。

認知症とは、どのような症状になることなのかでしょうか?

認知症とは、何らかの病気によって、脳に障害が生じ、
記憶力や判断力が低下して、生活に支障をきたす症状のことです。

認知症は、その原因となる病気によって、
さまざまな種類があります。

認知症の中でも、最も多いのが、
アルツハイマー病が原因となって起こる『アルツハイマー型』です。

認知症には、その他に『脳血管型』や『レビー小体型認知症』
『前頭側頭型認知症』などがあります。

また、複数の認知症型を合併することもあります。

脳梗塞から脳血管性認知症になった人に、
アルツハイマー型認知症の症状が後からみられることも少なくありません。

アルツハイマー病は発症頻度が高く、
誰がいつなってもおかしくない病気といえます。

アルツハイマー型認知症になると、どんな症状が現れるのでしょうか?

認知症の症状には、脳の神経細胞が壊れることによって起きる、
『中核症状』がもとになり、
周囲とのかかわりを通して起きる『BPSD(行動・心理症状)』があります。

アルツハイマー型認知症の代表的な中核症状は、記憶障害です。

・家族と会う予定を忘れて、約束の場所に来ない。

・財布や通帳を置いた場所を忘れて、探し物ばかりしている。

・何度確認しても、日付がわからなくなる。

このような例がよく見られます。

加齢によるもの忘れとの違いはというと、
アルツハイマー型認知症の場合、
記憶を固定化する役割を担う脳の『海馬』という部分に、
障害が起こっているため、
新たに記憶を蓄えることができなくなっています。

ですから、
本人が家族と電話で会う約束をしたのに、
そのこと自体を完全に忘れてしまっている場合は、
認知症である可能性が高いのです。

物忘れだと、記憶の痕跡が残っていて、
『そんな話をしたかもしれない?』と、自分で振り返ることができます。

家族に記憶障害と思われる症状が続いたら、
まずは認知症を疑って、早めに受信を勧めましょう。

そして、認知症と診断されたら、
新しい記憶が残らないことを前提に会話するようにしましょう。

認知症と診断された人に、
『今日はどうだ合った?』などと聞くと、
その日の体験の記憶が失われていて、何も考えられないため、
プライドを傷つけてしまいます。

認知症の人と会話するときは、
『今日はこんなことがあってね!』という風に、
こちら側の話をするようにすることをお勧めします。

認知症も初期の段階では、判断力が残っている場合が多いので、
それに対する意見や感想を言うことはできるのです。

スポンサーリンク

認知症は周囲の対応で緩和する場合も!

認知症の症状ではときどき、
『私の○○が盗まれた!』とか、
『○○さんに取られた!』などと訴えるケースがあると言います。

それはアルツハイマー型認知症のBPSDの代表的なもので、
“もの取られ妄想”とも呼ばれる症状です。

財布などを置いた記憶がなくなるのは中核症状ですが、
それを『だれかに取られた!』という、
思い込みに結び付けてしまうこともあるのです。

身近な家族を犯人と信じ込んで、トラブルになる場合がよく見られます。

そんな時はどうすればいいのでしょうか?

それが病気だとわかっていても、
愛する人に疑われることは悲しいことです。

まず第一歩は“もの取られ妄想”が、
認知症のBPSDなのだということを、家族全員で共有することです。

次に、症状が起こる背景にある不安感を和らげる工夫を考えます。

たとえば、
信頼する家族が、現金や通帳を管理しながらも、
本人がいつでも中身を確認できるような、
体制を整えておくというような方法があります。

BPSDには、このほかに、
鬱や無気力、暴言、外出中に道に迷う、といったものもありますが、
いずれの場合も周囲の日との接し方次第で、
緩和することも多いと言われています。

認知症の治療では、周囲の人、
とくに家族の対応が重要なポイントとなりますね。

認知症は家族だけで抱え込まず介護サービスの活用を!

スムーズに介護を続けていくためには、
家族だけで抱え込まずに、
介護サービス等を上手に活用することも大切です。

認知症の家族と生活するとき、無理をしないでください。

認知症の複数の症状の中でも、
どれが中核症状で、どれがBPSDなのかを整理して、
適切な対応がとれるようになると、
家族のストレスも軽減されるはずです。

ただし、
身近な家族は、どうしても感情的になって、
つらくなることや疲れてしまうこともあるので、
家族以外の人の力も必要です。

最近は、介護する側の人へのケアも重視されていますので、
介護者に休養してもらうためのショートステイなどを利用して、
一時的に介護を代替えする“レスパイトケア”と呼ばれる支援もあります。

こうしたサービスを活用することも一つの方法です。

住んでいる地域によって、いろいろな取り組みがされていますので、
認知症の人が住み慣れたところで安心して暮らしていける、
地域ぐるみの対策や医療サービスの利用を検討してみてください。

あとがき

認知症の症状を知って、
病気であることを理解しても、
そうでなかった頃のことが思い出されて、
現状を認めたくない気持ちになります。

自分だけがつらいのではないということはわかっていても、
どうしても気持ちが沈んでしまうのです。

でも、これは繰り返し続くことで、
いつかは自分が介護される側になるかもしれません。

人間である以上、逃れられないことだとしたら、
介護支援サービスなどを積極的に活用するべきですね。

スポンサーリンク

-美容と健康
-

執筆者:

関連記事

動脈硬化を予防するには中性脂肪やコレステロールを減らすDPA EPAの効果!

スポンサーリンク 動脈硬化を予防するにはどうすればよいのでしょうか? 血液中に中性脂肪やコレステロールなどが多すぎると、 動脈硬化を進行させ、 さらには心筋梗塞や脳梗塞など、命に関わる病気を引き起こし …

梅の実の効能で健康パワー 美味しく食べてカラダを元気にする若返り効果

スポンサーリンク 梅の実の効能で健康パワーといえば、 人間のカラダに必要なミネラルが豊富に含まれていることです。 梅の実に含まれるミネラルは、 ミカンやリンゴ、ブドウよりも多くなっています。 梅の実を …

食べる順番と健康は関係あるのか?血糖値や糖尿病、ダイエットの効果は?

スポンサーリンク 食べる順番と健康にはどのような関係あるのでしょうか? 食べる順番によって血糖値が上昇したり、 糖尿病になるリスクも増えるのなら大変です。 食べる順番を変えるだけで、 ダイエットに効果 …

クエン酸水を飲む効果と量は?簡単で美味しいクエン酸水の作り方は?

週末は、 普段できないところを掃除するのが我が家の少ないルールの中の一つ。 (午前中に片づけて午後からはのんびりしたい。) 私の担当は水回り。 スポンサーリンク 100円ショップで買った粉末のクエン酸 …

耳の聞こえが悪くなった高齢者の症状と対処法 家族の接し方と会話の仕方

耳の聞こえが悪くなったのでは?と感じた事ありませんか? スポンサーリンク 人と話しているとき、話が聞き取れず、「ええっ?」となったり、 逆に自分が話しているとき、 相手に「ええっ!なんて?」といわれる …