カッピング療法とはどんな施術で効果はあるのか?頻度や注意点は?

カッピング療法とは、
「吸い玉(すいだま)」とも呼ばれる人気の施術です。

私達もエステなどのリラクゼーションで
気軽に受けることができます。

私も、鍼灸院で施術してもらった事がありますが、
施術後の、背中を見た時は衝撃でした。

背中にいくつもできた赤紫の丸は、
もう消えないのではないかと思いましたが、
一週間ほどで奇麗に消えました。

そんな、カッピング療法の効果、頻度、
注意点についてまとめてみました。

カッピング療法とはどんな施術なのか?

カッピングとは、
複数のガラス製のカップを、
患者の体(主に背中)に置き、
血液の循環を改善させることによって、
体の不調を解消する身体治療法です。

カッピングは、
カップの内部を熱してから体に密着させるので、
皮膚がカップの内部に向かって吸い寄せられます。

また、皮膚に針をさし、
出血させてからカップを置く方法や、
皮膚にオイルを塗って、
そのうえにカップを置く方法もカッピングの一種です。

カッピングには、
おもに血行の改善や、
筋肉のコリをほぐす効果などが期待でき、
体にメスを入れなくてもよいので、
スポーツ選手からも人気が高いようです。

また、
最近ではカッピングをおこなうエステも増えており、
女性の間にも浸透しつつあります。

カッピングをおこなうと、
カップを置いた箇所に跡がのこります。

この跡のことを溢血斑(いっけつはん)と呼び、
その色などから体の状態を知ることができます。

たとえば、
カップを置いた箇所が、
内出血を起こしたように濃い紫色になると、
その箇所の血行は悪くなっていることがわかり、
それをもとに血行をよくするための、
治療メニューを決めることもできるのです。

カッピングをおこなった箇所には、
カップを吸着させたあとがのこってしまいますが、
ほとんどの場合あとは2、3日で消えます。

また、色の濃いあとがのこってしまっても、
1週間程度で消えるため、
過度に心配する必要はありません。

カッピング療法は効果はあるのか?

カッピングの効果は、
血行促進、血流の改善です。

簡単に説明すると、
カッピングは、
「カップで滞った血のめぐりを促進改善させる」施術です。

中国をはじめ、様々な国の病院で、
カッピング治療を使用していることが論文で示されています。

カッピングの効果

■むくみの解消

滞っていた血液やリンパも刺激し、
流れを改善します。

またむくみの原因となっている水分を、
カッピングによって吸引するともいわれています。

これにより体のむくみの解消が期待でき、
顔、腕、足などのスリム化が期待できます。

■太りにくい体質へ

滞っていた血流などが改善されると、
体のこりがほぐれます。

これにより体の冷えの原因が解消されていけば、
徐々に体温の上昇も期待できます。

太りにくく痩せやすい体質が期待できるでしょう。

■美肌効果

カッピングにより体内の流れが改善した場合、
いわゆる好転反応の排泄反応が起こるでしょう。

解毒作用が表れ、
老廃物などの分解・排泄機能が活発化。

結果、デトックス効果が体感できるでしょう。

またリラクゼーション効果により快眠できることも。

さらにお腹にカッピングを行うことで、
腸内運動を活発にし、便秘の改善も期待できます。

これらの理由により、
カッピングは美肌を目指す方にもおすすめです。

カッピングの効果を謳う一方で、
全く効果はないと警鐘を鳴らす意見もあります。

・・・・・・・・・・・
カップの形のあざが残ることが多いのは、
カッピングによって皮膚が吸い上げられることで、
毛細血管が切れるからだ…
同じ部分の皮膚が長期間にわたって繰り返し損傷を受けると…
その部分の皮膚が死んでしまう場合もある
・・・・・・・・・・・

つまり、
カッピングはあなたにとって、
あまり良いものではないと言っています。

そして…

・持続的な皮膚の変色、傷痕、やけど、
感染症などの副作用を引き起こし、
湿疹や乾癬を悪化させる可能性がある

・まれではあるが、頭蓋内出血や失血による貧血など、
重篤な副作用の例が報告されている

という意見もあるのも事実です。

カッピング療法の頻度や注意点は?

カッピングには効果もありますが、
いくつか注意点があります。

・色素反応

カッピングの特徴であり、
最大の注意点として「施術後の色素反応」があります。

カップを吸着させた箇所は、
血液が吸い寄せられカップの形に痕が残ります。

ただ基本的に痛みはなく、
数日で痕は消えますのでご安心ください。

もちろんカッピングを行う際は、
肌の露出には気をつけましょう。

本来は数日で色は消えます。

ただ、コレステロールや老廃物が溜まっていて血液が、
ゆっくり流れている箇所は、痕が赤黒くなり、
消えるまで1~2週間かかることがあります。

※半身浴などであたためると、
多少早く痕が消えるといわれています。

・だるさ、眠気を感じる

眠気やだるさを感じる方が多いようです。

他のマッサージやリラクゼーションと同じく、
老廃物が流されることで、
疲れたような感覚になるからです。

お風呂あがりや、
いわゆる好転反応のような状態なので、
施術後は、
集中が必要な作業、運転、激しい運動は控えましょう。

※カッピング後には予定を入れずに、
自宅でゆったりと安静に過ごすことをおすすめします。

下記の様な状態にある時は、カッピングは避けましょう

・外科手術を必要とするような状態
・心臓や血管が正常でない場合
・貧血時
・明らかに体が衰弱している
・急性伝染病や熱性病
・慢性疾患が悪化している
・妊娠中
・食後すぐ
・激しく運動したすぐ後

カッピングの問題点は、
濃い色が残ってしまう事です。

それが、消えるまでには時間が掛かります。

その痕が残ってしまうのが気になる方は、
避けた方がいいでしょう。

あとがき

実際に施術をうけてみての感想は、
カッピングは、
痛みを伴うものではありませんでした。

うつぶせになるだけでOKです。

私の場合ですが、
カッピングで何かが特別変わった事はありません。

カッピング前の、
オイルマッサージがとても気持ちが良く、
それだけで癒された感じになれました。

一度試してみたいと思われる方は、
試してもいいと思いますが、
この注意点をよく読んでから行う事をおススメします。

それから、カッピング単体ではなく、
鍼灸や美容鍼と合わせて施術する方が良いと思います。

私は、マッサージ→カッピング→美容鍼の順で行いました。

カッピングの効果なのかは分かりませんが、
美容鍼はとても良かったです。

暫く潤いや、肌の張りが続いた気がします。


応援よろしくお願いします!
プチっと応援 よろしくお願いいたします♪
人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする