グルメ一覧

おせち料理はいつから始まった?由来や歴史と定番メニューの意味は?

昔は、おせち料理一品づつ作っていました。それぞれの家庭のおせち料理があり、お正月の楽しみの一つでしたね。近年は、おせち料理を予約販売で購入したり、スーパーで購入したり、忙しい主婦に強い味方ができました。意外と知らない、お説料理の意味や歴史、定番メニューについてお話したいと思います。

安納芋のカロリーは高いのか?含まれる栄養成分や他のさつま芋との違いは?

安納芋は、種子島の特産として知られるさつまいもの一種。私は、この安納芋が大好きで、毎年、農家の方から譲って頂いています。以前、安納芋のタルトを作ってもらった時は、とても美味しくて感動してしまいました。大好きな安納芋を、たくさんの方に食べてもらいたいと思うのですが、安納芋はカロリーが高いのだろうかと気になってしまいました。今回は、とても美味しい安納芋について、カロリーや栄養価についてまとめてみました。

食欲の秋と言う言葉はことわざ?理由や由来 おすすめの秋の味覚は?

食欲の秋と言う言葉はことわざなのでしょうか?秋は気温がちょうど良く、快適に暮らせるという意味の、天高く馬肥ゆる秋ということわざがあります。一般的には、夏が終わり、待ち望んでいた過ごしやすい秋がやって来た事への、喜びや歓迎することわざとみて取れます。意味は上記の通りで、もう少し噛み砕くなら、秋になると空は澄み渡るので、それを”天高く”として、馬も太るほど美味しい作物が収穫できるのを、“馬肥ゆる”で表現しています。その一方、発祥とされる中国では別の意味もあるとされ、そこには日本解釈とは真逆の、隣国から肥えた馬(鍛えた馬)に乗って、敵が攻めてくるから警戒しろ! という面も含んでいることわざとされています。一見、爽やかなことわざと思えても、意外な一面があるものですね。食欲の秋も、そうなのでしょうか?調べてみました。

にんにくの保存方法は乾燥させるか冷蔵庫か?保存できる期間と冷凍は皮つきでいい?

にんにくの保存方法といえば、ネットなどに入れて、軒先やベランダに吊るしてあるのを見かけます。にんにくを保存するときは、乾燥させるのがいいようです。ですから、 にんにくは風通しの良い直射日光の当たらないところに、吊るしておくのは正解なのですが、にんにくの保存に適した温度は、0度~6度と言われますので、風通しが良くても、常温のところに吊るしておくことは、保存に適していません。色々な料理に使えておいしく、元気が出るにんにく。私は、皮付きのまま冷蔵庫で保存しています。ですが、 しわしわになってしまい、香りも半減していまいます。にんにくの良い保存方法についてお伝えします。

そうめんのアレンジレシピで簡単なものは?トッピングや美味しいつけだれは?

夏の定番メニュー「そうめん」。暑くて食欲のないときに、ツルっと食べられる素麺はみんなが大好きな人気料理。でも、続くと飽きてしまいますよね。毎年、買いおきやお中元で頂く素麺が、いっぱい残ってしまう事もありますね。今回は、そうめんのアレンジレシピを紹介します。

ファットスプレッドのトランス脂肪酸はなぜ悪い?マーガリンとの違いと影響は?

ファットスプレッドとは、油脂を主成分とする、食用の塗り物、マーガリンの一種です。低脂肪で、油脂含有率は35パーセント以上~75パーセント未満、チョコレート・フルーツなどを加えた商品が多いようです。一般的に、食用油脂の割合が80%未満のものをファットスプレッドと呼び、80%を超えるものをマーガリンと呼んでいます。ファットスプレッドはマーガリンよりも柔らかいので、パンに塗りやすいのですが、炒め物などの調理には適していません。ファットスプレッドのトランス脂肪酸は、LDLコレステロールを増加させ、心血管疾患のリスクを高めるといわれ、頻繁に食べれば、トランス脂肪酸を摂取しすぎることもあると言われています。

梅シロップを作る時期はいつ頃?時短で簡単な作り方と実を梅ジャムにする方法は?

梅シロップはご自宅で簡単に作ることができますよね。梅が持つクエン酸などの効果で、夏バテ対策や疲労回復にもぴったりです。水やソーダで割ると爽やかな梅の香りを楽しむことができ、お子様にもおすすめな飲み物です。いつ頃の時期になったら梅シロップを作ると良いのでしょうか?梅シロップと梅ジャムの簡単な作り方をまとめました。