そうめんのアレンジレシピで簡単なものは?トッピングや美味しいつけだれは?

夏の定番メニュー「そうめん」。

暑くて食欲のないときに、ツルっと食べられる素麺は
みんなが大好きな人気料理。

でも、続くと飽きてしまいますよね。

毎年、買いおきやお中元で頂く素麺が、
いっぱい残ってしまう事もありますね。

今回は、そうめんのアレンジレシピを紹介します。

  

そうめんのアレンジレシピで簡単なものは?

そうめんの簡単レシピを紹介します。

意外と色々な食べ方があるんですよ。

■そうめんのマヨしょう和え

5分で簡単、
たまに無性に食べたくなる濃厚そうめんです。

材 料(2人分)
そうめん(乾燥)100g
マヨネーズ   大さじ2
醤油      大さじ1
刻みネギ適量
ごま適量

1.そうめんを茹でてザルにあげ、流水で冷やす。

キンキンに冷えたものがお好みの方は氷水で。

2.水気を切ったそうめんと、マヨネーズ、醤油を和える。

3.お皿に盛り、刻みネギとごまをかければ出来上がりです。

■そうめんチャンプル

あっさり味で、
夏の残りのそうめんと野菜がたっぷり食べられます。

材 料(2人分)

そうめん  1~2束
キャベツ  1/6玉
玉ねぎ   小1個
豚肉(切り落とし)80g
青ネギ1~2本
鶏がらスープの素  大さじ1/2
しょうゆ      大さじ1/2~1
塩コショウ少々
ブラックペッパー少々
ごま油       小さじ2+小さじ1

1.キャベツは1cm幅、玉ねぎは薄切り、青ネギは小口切りにする。

2.そうめんを1分茹でて流水ですすぎ、水気を切っておく。

3.フライパンにごま油小さじ2を熱し、
  豚肉を炒め、火が通ったらキャベツ、玉ねぎも炒める。

4.野菜にも火が通ったらそうめんを入れ、
  鶏がらスープの素、塩コショウ、ブラックペッパー、
  しょうゆで味付けする。

5.最後に風味付けのごま油小さじ1を回しかけて火を止める。

6.器に盛り、青ネギを散らしたら出来上がり。

■そうめんの韓国冷麺

夏の暑い日はそうめんや冷麺が食べやすいですよね。

ちょっと酸っぱくて爽やかな韓国冷麺のダシで
そうめんを食べると美味ですよ。

材 料(2人分)

そうめん2束
・韓国冷麺のたれ
・熱湯  100g
・シャンタン  小さじ1/2
・うすくち醤油 大さじ1
・酢大さじ1
・ポッカレモン  小さじ1
・さとう     小さじ2
・ごま油     小さじ1/3
・塩少々
・コチュジャン(チューブ入り)1㎝
※水100g
ゆで卵1/2個
焼き豚(市販)2枚
きゅうり(スライス)3枚
白菜キムチ(市販)50g

1.ゆで卵を作っておきます。

2.冷麺のたれは熱湯に・の調味料を入れて良く混ぜて、
  最後に※の水を入れて冷蔵庫で冷やしておきます。

3.そうめんは沸騰した鍋にパラパラと入れて、
  お箸で混ぜて約2分茹でた後に水や氷水で冷やします。

4.水を切った③のそうめんを器に入れて、
  ゆで卵・焼き豚・きゅうり・キムチを乗せて、
  ②の冷麺のタレを入れたら出来上がりです。

■そうめんでジャージャー麺

家にあるものでちゃちゃっとジャージャー麺がつくれます。

材 料(1人分)

鶏挽き肉  40~50グラム
椎茸1個
長ネギ15センチくらい
つけて味噌かけて味噌  大さじ2半
焼き肉のタレ      小さじ2
生姜チューブ      1~2センチ
酒           大さじ2
水           40~50ml
きゅうり        6~7センチくらい
そうめん        1束

1.椎茸と、長ネギを粗みじん切りにします。

2.フライパンに、鶏挽き肉→酒→ネギ→椎茸→生姜を入れ、
  菜箸で挽き肉と酒を混ぜるようにをほぐしてから火をつけます。

3.お肉が白くなりホロホロになったら、
  水→つけて味噌かけて味噌→焼き肉のタレを入れ5分くらい煮ます。
  ネギが柔らかくなったら、
  火を強めにして焦げないように気をつけながら水分を飛ばします。

4.肉味噌を冷ましてる間に、そうめんを茹でます。
  表示どおり茹で、流水でしめて水切りしておきます。
  きゅうりは細切りにしておきます。

5.お皿にそうめんを盛り、きゅうりを乗せて
  その上から肉味噌をたっぷりかけて出来上がりです。

どれも、美味しそうですね、
私は、マヨネーズが好きなので
醤油とマヨネーズで和えてみたいと思いましたよ。

そうめんのアレンジレシピで変わったトッピングは?

ネギやショウガなどの定番の薬味では少しボリュームが足りない、
もう少し栄養をプラスしたいという方におすすめの
トッピングをご紹介します。

①トマト

そうめん一人分に対して、
プチトマト5〜6個程を半分にカットして加えると良いでしょう。

大きいトマトの場合は、
トマト半分程を角切りにして加えても良いですね。

トマトは、栄養価も高いので、
夏バテ防止にもなりますね。

②オクラ

オクラの他に、
納豆やとろろ昆布などのネバネバした食材を加えれば、
栄養満点の食べ応えのあるそうめんにできます。

オクラのネバネバ感が食欲をそそりそうですね。

③玉ねぎ

そうめん一人分に対して、
玉ねぎ1/4個をスライスまたはみじん切りにして
トッピングすると良いと思います。
切ったあとに水にさらすと、辛さが軽減されます。

玉ねぎの辛みが苦手な方は、電子レンジで加熱してみて下さいね。

④もろみ味噌

シンプルに、
そうめんにもろみ味噌を少量のせて食べるだけでも
風味がよくおいしいです。

⑤明太子

明太子は、納豆や豆乳、青シソなどと良く合い、
そうめんにトッピングするだけで和風
テイストのあっさりとしたひと品になります。

気になるトッピングは、ありましたか?

そうめんが続く季節は、
色々アレンジして食べたいですね。

そうめんのアレンジレシピで美味しいつけだれは?

気分を変えてくれる、つけだれで、
そうめんをさらに美味しく食べましょう。

・焦がしにんにくが香る、ねりごまだれ

材料2人分

そうめん   3束
A    なめらか自慢ねりごま(白)大さじ2
A    めんつゆ(3倍濃縮)大さじ2
A    水100ml
にんにく(みじん切り) 1片分
純正ごま油  小さじ1
かつおぶし粉 適量
小ねぎ    適量
香(かおり)いりごま白  適量

1.ボウルにAを合わせてしっかりと混ぜる。

2.小さめのフライパンににんにく、純正ごま油を入れて中火にかけ、    香ばしいにんにくの香りが立ったら
  火からおろして①に加えて混ぜる。

3.表示通りに茹でたそうめんを流水にとって
  水気をしっかりときる。皿に盛る。

4.②を器に注ぎ、小ねぎ、香(かおり)いりごま白、
  あればかつおぶし(粉)をふる。

・オクラなめこのつけだれ

冷やして食べると、やみつきになりますよ。

材 料(2人分)
そうめん   2人分
オクラ    3本
なめこ    1袋80g入り
長芋(すりおろしたもの)大4
*めんつゆ   100cc
*水      200cc
温泉卵    2個
あげ玉    適量
きざみのり  適量

①長芋はすりおろす

オクラは2~3mm幅に切って、さっと茹で、
水にさらす。

なめこも、さっと茹でて、水にさらす。

長芋のすりおろし、オクラ、なめこは冷蔵庫で冷やす

②めんつゆと水を合わせ、冷蔵庫に入れて、冷やしておく

そうめんを茹でる。
(購入されたそうめんの、記載されている茹で時間、茹でてください)

茹でたら、流水にさらして冷やす

③器にそうめんを入れ、その上に長芋をのせる

なめこ、オクラをのせ、めんつゆをかける
あげ玉、温泉卵、きざみのりをのせ、出来上がり

・ゴマ豆乳つけだれ

これは新たな定番たれとして定着するかもしれないレシピです。

材料

豆乳   大さじ3~
すりごま 大さじ1
めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1
ラー油  少々

①そうめんを茹で氷水でしめる

②ラー油以外の材料を混ぜ合わせ、好みでラー油をたらす

豆乳と白ゴマを使った超簡単レシピですね、
これは試してみようと思います。

あとがき

素麺といえば、
“簡単にすませるお昼”
というイメージの方も多いかもしれませんが、

アレンジ次第でボリュームも栄養価も高めることができるんですね。

シンプルな食材なので、
和食に限らず様々な味付けにもピッタリ合いますね。

これから素麺の献立をたてるときは、
ぜひいつもと違った調理法で、
食卓を賑わせてみてください。


応援よろしくお願いします!
プチっと応援 よろしくお願いいたします♪
人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする