豆知識

豆知識

ヘクソカズラはどんな花が咲くのか?どんな匂いがして実を食べることができるのか?

『ヘクソカズラ』って、何とも強烈な名前を持つ花ですが、 いったいどんな花なのか気になりますよね。 ヘクソカズラは、 べっこう色に輝く実が、 鞠のような塊になって幾つも付くつる性の植物で、 金網や樹木に絡み付いて成長し...
暮らしに役立つ便利な情報

公証人とは何をする人でその仕事内容は何か?どのような資格が必要なのか?

公証人や公証人役場には、 普段あまりお世話になることがないように思います。 私達の思いや権利を守るとき、 頼りになる法律のプロである公証人がどのような事を行っているのか、 知っておく必要があると思います。 実際、公...
豆知識

正月に葉牡丹を植える意味は?いつまで飾って成長したらどうする?

葉牡丹は、 夏にタネをまいて育て、 寒くなるとともに色づく葉を 冬から春にかけて観賞する植物です。 キャベツの仲間である 非結球性ケールから改良されたと考えられています。 日本には江戸時代に食用として渡来しましたが、...
豆知識

市松模様の名前の由来は?縁起がいいといわれる所以とチェックとの違いは?

市松模様と言えば、 今やあの『鬼滅の刃』で話題になっていますが、 市松模様は、 英語ではチェッカーフラッグ柄や チェスボード柄とも呼ばれているので、 洋柄なのか和柄なのか、 ハッキリしないという人も多いのではないでし...
豆知識

松竹梅は縁起がいいと言われる理由は?その順番の意味と続きはあるのか?

松竹梅 お正月のデコレーションの中に見られる マツ、タケ、ウメ。 おめでたいものの象徴として この組み合わせが親しまれています。 松竹梅は縁起がいいと言われる理由、 その順番の意味と続きはあるのか? について...
言葉

内助の功とはどういう意味?語源となる歴史と類語や使い方の例文は?

『内助の功』は、 陰ながら援助する身内の功績、 特に、 夫の活躍を支える妻のはたらきについて、 称賛する意味を持っています。 「陰で献身的に支え夫を出世させる妻」 を意味する言葉でもあり、 現在では、稀有な存在のように...
気象現象

処暑の候とはいつからいつまでの時期?意味や読み方と挨拶状の例文は?

『処暑の候』 “暑い”と言う文字が入っていますが、 秋の季節を表す言葉です。 では、 いつからいつまでの時期を指す言葉なのでしょうか? 年々、 夏の暑さが激しくなっていくように思えるのですが、 毎年、残暑のこの...
グルメ

食欲の秋と言う言葉はことわざ?理由や由来 おすすめの秋の味覚は?

食欲の秋と言う言葉はことわざなのでしょうか? 秋は気温がちょうど良く、 快適に暮らせるという意味の、 天高く馬肥ゆる秋ということわざがあります。 一般的には、 夏が終わり、 待ち望んでいた過ごしやすい秋がやって来...
言葉

天衣無縫の意味とは?天衣無縫の言葉の由来や類語と四字熟語は?

【天衣無縫】は、てんい-むほうと読みます。 簡単に言うと、 物事に技巧などの形跡がなく自然なさまの事です。 飾りけがなく あけっ放しのさっぱりした性格の人を、 『あの人は天衣無縫だ』などといいます。 もともと『...
美容と健康

平熱は何度から何度まで?微熱は何度が基準で平熱から何度上がった ら発熱?

平熱とは何度から何度までで、 微熱は何度が基準とされていて、 平熱から何度上がったら発熱していると言えるのでしょうか? 自身の体調管理をするとき、 体温の測定は、身体の重要な情報を得る手段です。 よく 「私、体温...
豆知識

興味津々のしんしんという漢字はどういう意味?類語の四文字熟語の使い方と例文は?

「興味津々」と「興味津津」に意味の違いはありません。 どちらの表記も正しいですが、 「興味津々」と書く方が一般的です。 興味津々とは、 物事に対しての好奇心が常にあふれている様子を意味する 四字熟語です。 ...
豆知識

亀の甲羅は骨か?皮膚か?はがすとどうなる?再生することはできるのか?

亀は固い甲羅が特徴ですが、 その亀の甲羅は、骨なのか、皮膚なのか、 どちらなのでしょうか。 また、亀は甲羅が剥がれたらどうなるのでしょうか。 亀の甲羅が剥がれてしまったら、 甲羅は再び再生するのかも疑問です。 ...
豆知識

手作りできる簡単なプレゼントは?小物やお菓子で喜ばれるものは何?

手作りのプレゼントは、 何をもらうとか、上手くできているとかでなく、 作ってくれるという気持ちがうれしいのです。 その人のことを思って、 何が好きなのか、 どんなものが喜んでもらえるのか、 一生懸命考えることから...
豆知識

ことわざと慣用句の違いはなに?四字熟語や故事成語の違いは難しい!

ことわざは、物事の例えで使いますが、 普段の生活で、四字熟語などはあまり使わないですね。 テレビのクイズ番組や、 クロスワードパズルの問題で見るくらいでしょうか。 難しい四字熟語を知っていると、 ちょっと賢そうで格...
暮らしに役立つ便利な情報

紫陽花の鉢植えがしおれてしまうのはなぜ?肥料のやり方や置き場所で最適なのは?

子供の頃、紫陽花はしおれやすいから、 水差しに飾るときは、 水切りをして切り口を炙ると長持ちすると聞きました。 それは、土に生えていた紫陽花なので、 鉢植えの場合はどうなのでしょうか? 紫陽花の鉢植えで、 ...
豆知識

土用に土いじりをしてはいけないのは何故?期間はいつで間日とはどんな日

土用と言えば、 土用の丑の日は、ウナギを食べる日として知られています。 真夏の暑さに負けないように、 鰻を食べて元気になる日だと思っている人も多いようです。 しかし、土用というのは、 古代中国に端を発する自然哲学の...
豆知識

爪切りは夜すると親の死に目に会えないというのは迷信?何故夜や金曜に爪を切るのはダメなのか?

友引の日には葬儀を避ける、 夜に口笛を吹いてはならない、 夜に爪を切ってはならない、 寝言に返事をしてはならない…… 日本に古くから伝わる、 現在でも馴染み深い風習やタブー。 迷信に過ぎないとは思いつつも、 長...
豆知識

あまのじゃくとはどういう意味?語源や由来は何で言葉の使い方や類義語は?

あなたは『あまのじゃく』と言う言葉を最近使ったことありますか? 正直、私は最近は使ったことがないです。 小学校の時に使ったかな?といったくらいで、 久々に聞くような気がしています。 『あまのじゃく』は、相手の思っ...
豆知識

ゴシップという言葉の意味と語源となったのは?いつ初訳され 名付け親という英語の意味は?

「人の不幸は蜜の味」なんて表現もありますが、 ゴシップと聞くと、 その場を盛り上げる悪いうわさ・他人の不幸話など、 ネガティブなイメージが思い浮かびます。 今回は、 そんな「ゴシップ」について、 さらに詳しく深掘りし...
暮らしに役立つ便利な情報

フローリングは素足だと足跡が消えない!足跡の消し方とつかない方法は?

フローリングの足跡と聞いて思い出すのが 以前、飼っていたワンコの足跡です。 お散歩から帰って、 あっという間に玄関からリビングに走って行くので、 ワンコの肉球の跡があちらこちらに… 肉球が、可愛くてクスッて笑えるの...
豆知識

産後の抜け毛がひどいときの対策はシャンプーのしかたと食べ物の栄養

産後に抜け毛がひどくなるのは何故なのでしょうか? 出産後 髪をとかしたとき、 ブラシにごそっと抜けた髪の毛がついていて、 ショックを感じた人は多いようです。 産後の抜け毛は赤ちゃんを産んだせいなのでしょうか? ...
春の行事

お花見の起源や由来はいつから?開花宣言の標準木やソメイヨシノの豆知識

お花見の起源や由来、歴史について、 いつから始まったのかや、 どこで誰が始めたかなど、 お花見についての豆知識をお伝えします。 お花見の席での、ちょっとした話題作りに、 知っているとハナタカになれるかも知れません。 ...
冬の行事

建国記念日と建国記念の日の違い 2月11日に決まった理由と世界の建国記念日

カレンダーの2月11日には建国記念の日と書かれていますが、 “建国記念日”という言い方もよくされます。 建国記念の日と建国記念日、 本当はどちらが正しいのか? 建国記念日と建国記念の日の違いと、 意味や由来について...
豆知識

旧暦と新暦の違いやその理由は何でいつ変わったのか 季節のずれはどのくらい

カレンダーを見ると、 新暦のカレンダーなのに、 旧暦の日付や、 大安や仏滅など六曜が併記されているものもみかけます。 この旧暦と言われる暦は、 どのようにして作られた暦なのでしょうか。 そして旧暦の暦が新暦に変わ...
豆知識

カレンダーにある大安や仏滅の意味と使い方・決め方 六曜の起源と信憑性は?

カレンダーにある大安や仏滅にはどのような意味があるのでしょうか? 何かの行事の日程を決めるとき、 大安や仏滅、友引などと言った、 カレンダーに書かれている暦の意味を、気にすることがあります。 何故、大安や仏滅といった...
春の行事

二十四節気 啓蟄の意味は何?七十二候の蟄虫啓戸 桃始笑 菜虫化蝶とは

二十四節気の啓蟄には、 『蟄虫啓戸』『桃始笑』『菜虫化蝶』という、 三つの『七十二候』があります。 一年には春夏秋冬の四季がありますが、 四季の移り変わりを表すために、 一年を太陽の動きで二十四に分けたものが二十四節気...
暮らしに役立つ便利な情報

キッチンのコンロ周りの掃除は面倒くさい!重曹やセスキを使って壁の油汚れもスッキリ!

キッチンのコンロ周りの掃除は、やらなきゃいけないと思いつつ、 ついつい後回しになりやすいものですが、重曹やセスキを上手に使うことで、 コンロ周りの油のギトギトや、 壁に飛び散った汚れもスッキリとキレイになります。 キッチ...