豆知識一覧

内助の功とはどういう意味?語源となる歴史と類語や使い方の例文は?

『内助の功』は、陰ながら援助する身内の功績、特に、夫の活躍を支える妻のはたらきについて、称賛する意味を持っています。「陰で献身的に支え夫を出世させる妻」を意味する言葉でもあり、現在では、稀有な存在のようにも思われますね。今回は、内助の功の意味、歴史、類義語、例文について調べてみました。

処暑の候とはいつからいつまでの時期?意味や読み方と挨拶状の例文は?

『処暑の候』“暑い”と言う文字が入っていますが、秋の季節を表す言葉です。では、いつからいつまでの時期を指す言葉なのでしょうか?年々、夏の暑さが激しくなっていくように思えるのですが、毎年、残暑のこの時期、いつまで暑い日がつづくのだろうと思います。急がなくても時間がたてば、必ず秋はやってきますし、涼しくなり、更には寒くなることもよく知っています。ですから、『処暑の候』には、この暑さをしっかり感じることも必要かも???あっ、でも、熱中症には充分お気を付けくださいね。今回は「処暑の候」について紹介したいと思います。

食欲の秋と言う言葉はことわざ?理由や由来 おすすめの秋の味覚は?

食欲の秋と言う言葉はことわざなのでしょうか?秋は気温がちょうど良く、快適に暮らせるという意味の、天高く馬肥ゆる秋ということわざがあります。一般的には、夏が終わり、待ち望んでいた過ごしやすい秋がやって来た事への、喜びや歓迎することわざとみて取れます。意味は上記の通りで、もう少し噛み砕くなら、秋になると空は澄み渡るので、それを”天高く”として、馬も太るほど美味しい作物が収穫できるのを、“馬肥ゆる”で表現しています。その一方、発祥とされる中国では別の意味もあるとされ、そこには日本解釈とは真逆の、隣国から肥えた馬(鍛えた馬)に乗って、敵が攻めてくるから警戒しろ! という面も含んでいることわざとされています。一見、爽やかなことわざと思えても、意外な一面があるものですね。食欲の秋も、そうなのでしょうか?調べてみました。

天衣無縫の意味とは?天衣無縫の言葉の由来や類語と四字熟語は?

【天衣無縫】は、てんい-むほうと読みます。簡単に言うと、物事に技巧などの形跡がなく自然なさまの事です。飾りけがなく あけっ放しのさっぱりした性格の人を、『あの人は天衣無縫だ』などといいます。もともと『天衣無縫』とは、すべてが自然に美しくできているということで、まるで縫い目がないようだという意味で、詩文などでは、技巧の跡がなく完成されていることを指していいます。天衣無縫の言葉の意味や由来、類義語について調べてみました。

平熱は何度から何度まで?微熱は何度が基準で平熱から何度上がった ら発熱?

平熱とは何度から何度までで、微熱は何度が基準とされていて、平熱から何度上がったら発熱していると言えるのでしょうか?自身の体調管理をするとき、体温の測定は、身体の重要な情報を得る手段です。よく「私、体温が35℃台で体温が低いから、36台だとしんどい」という言葉を耳にしますが、そういう人が、36℃台でも熱があると思い受診しても、「熱はないですね」と言われるようです。では、平熱の基準は何度で、何度上がったら発熱なのでしょうか?その基準はどうなっているのか、気になっていた事なので、調べてみました。

興味津々のしんしんという漢字はどういう意味?類語の四文字熟語の使い方と例文は?

「興味津々」と「興味津津」に意味の違いはありません。どちらの表記も正しいですが、「興味津々」と書く方が一般的です。興味津々とは、物事に対しての好奇心が常にあふれている様子を意味する四字熟語です。 興味津々は、「興味」と「津々」という2つの熟語で成り立っています。 興味は、「ある物事に対して面白いと感じている状態のこと」を意味します。 一方で、津々とは、「あふれて尽きない様子」を意味する熟語ですつまり興味津々の意味は、「関心や面白みがわき出てきて、尽きないさま」です。

亀の甲羅は骨か?皮膚か?はがすとどうなる?再生することはできるのか?

亀は固い甲羅が特徴ですが、その亀の甲羅は、骨なのか、皮膚なのか、どちらなのでしょうか。また、亀は甲羅が剥がれたらどうなるのでしょうか。亀の甲羅が剥がれてしまったら、甲羅は再び再生するのかも疑問です。亀は、ちっちゃなミドリガメから大きなゾウガメまで、たくさん種類がありますが、ペットとして飼われている方も多いようです。私は、亀が苦手です、見るのは良いのですが触れないんですよね。知り合いが、亀を飼っていて可愛いといいますが、飼えば可愛いのでしょうね。触った事がない、亀の甲羅、色々調べてみました。

手作りできる簡単なプレゼントは?小物やお菓子で喜ばれるものは何?

手作りのプレゼントは、何をもらうとか、上手くできているとかでなく、作ってくれるという気持ちがうれしいのです。その人のことを思って、何が好きなのか、どんなものが喜んでもらえるのか、一生懸命考えることから始まり、作っているあいだ、ず~っとその人のことを思っているという、気持ちのこもり方が違います。そんな手作りのプレゼントは、気が重いという人もいるかもしれませんが、喜んでもらいたいという気持ちを、受け取ってあげてほしいですね!でもやっぱり、喜んでもらいたいので、手作りのプレゼントって、どんな物が喜ばれるのか調べてみました。

ことわざと慣用句の違いはなに?四字熟語や故事成語の違いは難しい!

ことわざは、物事の例えで使いますが、普段の生活で、四字熟語などはあまり使わないですね。テレビのクイズ番組や、クロスワードパズルの問題で見るくらいでしょうか。難しい四字熟語を知っていると、ちょっと賢そうで格好いいですね。ことわざと慣用句の違いや、四字熟語や故事成語の違いについて調べてみました。

土用に土いじりをしてはいけないのは何故?期間はいつで間日とはどんな日

土用と言えば、土用の丑の日は、ウナギを食べる日として知られています。真夏の暑さに負けないように、鰻を食べて元気になる日だと思っている人も多いようです。しかし、土用というのは、古代中国に端を発する自然哲学の思想に由来する雑節のことで、立春・立夏・立秋・立冬、それぞれの直前の約18日間をいいます。そして昔から、その土用の期間には土いじりをしてはいけないという、言い伝えがあるのです。ではなぜ、土用の期間に土いじりをしてはいけないのかについて、まとめてみました。