ヘクソカズラはどんな花が咲くのか?どんな匂いがして実を食べることができるのか?

『ヘクソカズラ』って、何とも強烈な名前を持つ花ですが、
いったいどんな花なのか気になりますよね。

ヘクソカズラは、
べっこう色に輝く実が、
鞠のような塊になって幾つも付くつる性の植物で、
金網や樹木に絡み付いて成長します。

実の形が美しいのでリース飾りにも使 われることもあります。

今回は、ヘクソカズラはどんな花が咲くのか、
どんな匂いがして実を食べる事はできるのか?
これらを解説していきます。

  

ヘクソカズラはどんな花が咲くのか?

ヘクソカズラは、
アカネ科・ヘクソカズラ属、

原産地は、日本~東アジア、開花時期は7~9月です。

別名は、糞葛(クソカズラ)、
ヤイトバナ、サオトメバナと言います。

ヘクソカズラは、
アカネ科・ヘクソカズラ属に分類されるツル性の多年草です。

日本全国の藪や林に自生し、
他の植物に絡みつきながらツルを伸ばして生長します。

葉っぱはハート型で、先端が尖っています。

7~9月になると、1cmほどの小さな花を咲かせます。

花は筒型で白く、
中心が紅紫に色づいていることが特徴です。

花の後に付く実は、
生や干したものが生薬として古くから利用されてきました。

実を潰して撹拌したものは、
しもやけやあかぎれなどの肌荒れに効果があります。

また、根を乾燥させて刻んだものは、
腎臓病や下痢止めの作用があるとされています。

ヘクソカズラはどんな匂いがするのか?

■名前の由来は匂いから

ヘクソカズラは漢字で書くと屁糞葛です。

かわいそうに感じるほどひどい名前ですが、
その葉っぱや茎から、名前そのままオナラの匂い、
し尿の匂いを放つため付けられたようです。

この悪臭から、
ヘクソカズラという名前がつけられました。

別名:灸花(やいとばな)
花の中心の紅紫色がお灸のあとに見えるため

早乙女花(さおとめばな)
花を水に浮かべた様子が早乙女のかぶる笠に見えるため

■悪臭を放つ理由

ヘクソカズラの葉を揉んだり、
茎を折ったりすると匂いを放ちます。

これはヘルカプタンという
便やオナラの匂いの原因となっている物質が、
細胞が傷つくことによって生じるためです。

花に誘われて近づいてきた害虫が葉っぱを噛んだとき、
匂いを放ち害虫を撃退します。

植物が自分の身を守るための害虫よけと言えます。

■ヘクソカズラの花言葉

「人嫌い」「意外性のある」「誤解を解きたい」。

「人嫌い」は、
その悪臭で人を寄せ付けないようにしているような所が由来です。

「誤解を解きたい」は、
誰かとの仲直りの時にぜひ思いだして欲しい花言葉です。

■ヘクソカズラの駆除

ヘクソカズラはいつの間にか根付き、
蔓を巻き付け庭に広がるやっかいな植物です。

せっかく開花した花に巻き付いたら大変です。

とても再生力が強いことが特徴なため、
根付く原因を知り、
駆除する方法や根付かせない方法を知っておく必要があります。

他の植物の近くにヘクソカズラが出てきてしまった場合は、
見つけ次第駆除してしまったほうが賢明です。

そのときは、ポロポロ落ちる実も一緒に回収しましょう。

実の中には種が入っているので、
放置すると、また生えてきてしまいます。

■ヘクソカズラの見分け方

庭に生えてきたつる性の植物がヘクソカズラかどうかを見分けるのは、
案外難しいものです。

ヘクソカズラは他の植物が混在している部分にも
平気で生えてくるからです。

さらに、花のついていない状態では、
さらに判別が難しくなります。

・茎は左巻き

ヘクソカズラは右から左に巻いて絡みつく植物です。

ほかのツル性の植物と見分けるのが難しいときは、
「ヘクソカズラは左巻き」と覚えておきましょう。

ヘクソカズラは実を食べることができるのか?

ヘクソカズラは塗り薬として利用できますが、
毒性があるため食べることはできません。

インドールというオナラ成分を含んでおり、
食べると下痢や嘔吐、麻痺や呼吸困難といった症状が起こります。

鳥は実を食べることができますが、
人間は食べることができないため注意が必要です。

そして、ヘクソカズラの実は、薬用になります。

薬用としての効能は認められていて、
しもやけ、ひび、あかぎれ、などの外用民間薬として
生の果実を潰した汁が使われます。

利尿に内服される利用法もあり、
全草を煎じたものが、
腎臓病や脚気、下痢、黄疸に効能があると言われ、
美肌化粧料として肌に潤いを与える効果もあるそうです。

■ヘクソカズラを化粧水に

ヘクソカズラの実を絞って手作りの化粧水を作る事ができます。

作り方を紹介します。

作り方

1.よく洗った実を10~20g潰して汁を出す。

2.潰した実と汁を250ccのアルコールの中に入れて、1週間ほど浸す。

3.200ccのグリセリンと、400ccの水を加える。

4.容器に移し化粧水として使う。

さらに、実の絞り汁をハンドクリームに混ぜると、
化粧水と同様に
しもやけ、ひび、あかぎれなど手荒れに効果があります。

作り方

1.よく洗った実を潰す。

2.市販のハンドクリームに潰した実を混ぜて練る。

クリーム5に対し、実1の割合がちょうどよい。

3.荒れた所に混ぜたハンドクリームを厚く塗り、
ガーゼで押さえる。

4.1日2回、ガーゼを取り替える。

あとがき

酷い名前をつけられたヘクソカズラですが、
インテリアとして使う事ができます。

花が終わり秋になると、
ヘクソカズラは黄褐色のかわいい実をつけます。

生の実は匂いがひどいですが、
摘んでしばらく乾燥させると匂いが消えます。

リースにしたり、
ガーランドやドライフラワーにすることができます。

その匂いとたくましさから敬遠されがちですが、
インテリア、薬としても優れた植物だと思います。


応援よろしくお願いします!
プチっと応援 よろしくお願いいたします♪
人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする