ダウンジャケットのクリーニングで料金の相場はいくら?頻度の目安と失敗しない専門店の選び方は?

ダウンジャケットって、
おうちで洗濯するよりクリーニングに出したほうがいいのかな?
と考えてしまいますよね。
自宅で選択すると失敗しないかが心配です。

やっぱり専門店でクリーニングしてもらったほうが安心ですね。

今回は、
ダウンコートやダウンジャケットはクリーニング料金の相場、
頻度の目安と失敗しない専門店の選び方は?
などをご紹介します。

  

ダウンジャケットのクリーニングで料金の相場はいくら?

ドライクリーニングする店では、
1,500〜3,000円が相場です。

水洗いする店では、
相場は7,000〜15,000円になっています。

ダウンジャケットをクリーニングする時には、
オプション加工をつけることをおススメします。

ダウンジャケットに効果的な加工の種類をみていきましょう。

■染み抜き

染みの種類や大きさによっては、
無料で受け付けてくれる店もあります。

染み抜きをクリーニング店に頼むメリットは、
失敗するリスクを低くできることです。

プロが適切な洗剤や洗い方で染み抜きをしてくれるので、
綺麗に落ちる可能性が高くなります。

それから、
色落ちや傷みが起こらない範囲を見極める技術があるため、
色が落ちてかえって汚くなるということもありません。

・染み抜きの相場は、約1000円です。

■撥水加工

撥水加工とは、
繊維に樹脂をコーティングすることで水を弾くものです。

汚れにも水分は含まれているため、
水だけでなく汚れの付着も軽減されます。

また、
生地の表面にコーティングする防水加工とは異なり、
通気性が保たれるため汗をかいても蒸れにくいのがメリットです。

・染み抜きの相場は、約1,000円です。

■カビ取り

カビ取りサービスを行う店もありますが、
多くは染み抜き扱いになります。

・カビ取りサービスの相場は、約500円です。

クリーニング代が、
高いお店と、安いお店のメリットをみていきます。

■料金が高いお店のメリット

高級ブランドのダウンをクリーニングしたい場合は、
高い店に出すのがいいでしょう。

使用している生地や中綿は繊細なものが多く、
ドライクリーニングでは傷みやすいためです。

高級クリーニング店には高度な水洗い技術があり、
1着ずつ丁寧に洗ってもらえます。

繊細な、繊維を洗うには、
熟練した職人さんが必要となります。

高いお店では、
熟練した職人さんが洗ってくれるので安心です。

■料金が安いお店のメリット

汚れがあまりひどくない場合や、
シーズンオフで保管する前に軽くメンテナンスしておきたい場合は、
安い店をおすすめします。

理由としてメンテンスという観点では、
高い店でも安い店でも大きな差がないためです。

特別な配慮や加工が不要なときは、
安い店を利用しましょう。

汚れの状態を見極めて、
コスパよく、クリーニングしましょう。

ダウンジャケットのクリーニング 頻度の目安は?

ダウンジャケットのクリーニングは、
基本的に1年に1度くらいでOKです。

シーズンオフで長期間収納する前などに出しておけば、
キレイな状態で保管できます。

温かくなった4月ころがおススメです。

ダウンを着るほど寒くなる日は少なく、
クリーニングに出す人が増えて、
セール価格になっていることもあります。

衣替えが近くなってきたら、
近くのお店をチェックしておきましょう。

ダウンジャケットのクリーニングで失敗しない専門店の選び方は?

失敗しないダウンジャケットの、
クリーニングのお店の選び方を紹介します。

ポイントは3つあります。

①皮革などの素材やブランド対応数の表示がある

②丁寧な検品と適切なクリーニングを実施する

③実績が豊富

一つづつ見ていきましょう。

①皮革などの素材やブランド対応数の表示がある

技術を持っているクリーニング店では、
どんな素材に対応しているかを詳細に表示しています。

どんなブランドに対応しているかを、
表示してあるクリーニング店ならなおいいです。

②丁寧な検品と適切なクリーニングを実施する

高級クリーニング店では、
依頼品1点ごとに検品を丁寧に行っています。

どこが汚れているか、
シミやほつれなどがないかといった点を細かく調べることで、
よりきれいな仕上がりを目指しているからです。

検品後、
衣類に合ったクリーニングを実施してくれることも技術の一つです。

③実績が豊富

どんな風にクリーニングすれば、
高級な品質を損なわずに仕上げられるかがカギですから、
そのコツを押さえるためには、
高級品のクリーニング実績が多いことが力になります。

■ダウンジャケットは自宅で洗う事ができる

今季あまり着なかったし、
そんなに汚れていないのにクリーニングに出すのも…という時は、
自宅でダウンジャケットを洗いましょう。

手順を説明します。

1.タオルに洗剤をつける

固く絞ったタオルに、
『エマール』などの中性洗剤を垂らしてなじませる。

2.叩くように拭く

汚れが気になる場所を中心に、叩くように拭き取る。

3.水拭き

タオルをすすいで再度固く絞り、
水拭きで洗剤を取り除く。

4.乾かす

丸1日ほど吊り干しして乾燥させる。

さほど汚れが気にならない場合は、これで十分ですよね。

最初は、子供のダウンジャケットで試してみましょう。

あとがき

思い切って買ったダウンジャケットとは、
いつまでも奇麗に着たいですよね。

クリーニングに出したけど、失敗した…という事がないように、
お店選びや価格など
チェックしておきましょう。