神社仏閣一覧

京都の神泉苑 スピリチュアルな神泉苑祭の日程や見どころとアクセスは?

京都の中心部、二条城の南側にある神泉苑は、平安京遷都で都が京へ移された延暦13年(794年)に造営されました。もともとこの地には古い池があり、その池の周りに庭園を造り、桓武天皇のために造られた禁苑でした。天長元年(824年)淳和天皇の時代には、弘法大師空海が神泉苑で祈雨の修法を行った雨乞いで、長く続いた干ばつから救ったとされています。また神泉苑は、平安時代に次々と起こった災害や、庶民を苦しめた疫病を鎮めるため、御霊会が国家的に行われるようになり、それが今の祇園祭に繋がったと言われています。そんな数々の伝説が残る神泉苑で、毎年行われる神泉苑祭の日程や、見どころについてお伝えします。

葛城古道のパワースポット 高鴨神社 葛城一言主神社 笛吹神社 高天彦神社

大和平野の西、葛城連山の麓を通る葛城古道は、古代のロマンを満喫できるパワースポットです。古代豪族が築いたという『葛城王朝』ゆかりの古社が点在します。神さびた雰囲気の古社、高鴨神社や葛城一言主神社、笛吹神社(葛木坐火雷神社)や高天彦神社の、秘められた葛城古道の歴史をご案内します。

元伊勢三社のパワースポットめぐりは 豊受大神社 皇大神社 天岩戸神社から

伊勢と言えば伊勢神宮、そこは天照大神がお祀りされている神社の総本宮で、三重県の伊勢市にあることで有名です。しかし、福知山の北方には、元伊勢内宮・外宮に加えて天岩戸の伝承地もあります。元伊勢と呼ばれる三社のパワーが重なる最強のパワースポットで、運気アップの祈願をしましょう。

西院春日神社のご利益は?パワースポット還来神社や御胞衣塚のお守りとアクセス

京都市内の西にある、西院春日神社は、病気平癒や交通安全から安産、子育てなど、いろいろなご利益があります。西院春日神社はご利益あらたかなパワースポットで、たくさんの人が訪れる神社ですが、中でも還来神社は旅の安全を守るパワースポットとして有名です。藤花祭が厳かに行われる四月二十九日頃には境内に藤の花がみごとに咲き乱れ素晴らしい神社です。

和歌山の淡嶋神社は人形供養や雛流し 針供養でも有名 その御神体やご利益は

和歌山県の加太にある淡嶋神社で行われる、人形供養や雛流し、針供養についてお伝えします。淡嶋神社は人形供養で有名で、たくさんの人形が奉納されている様子は、ちょっとミステリアスな感じもあって、テレビなどのメディアに取り上げられ話題になります。また、女性に優しい神社と言われる淡嶋神社では、悩みを抱えた女性が、あるものを納めることでも話題を呼んでいます。淡嶋神社が人形供養や針供養で有名になった理由や、淡嶋神社にお祀りされている御神体と、そのご利益についてまとめました。

北野天満宮 信仰と名宝~天神さんの源流~京都文化博物館開催日程とチケット情報

京都文化博物館で『北野天満宮 信仰と名宝展~天神さんの源流~』が開催され、北野天満宮の信仰とともに伝え継がれてきた、“お宝”の数々を、見ることができるチャンスです。京都に梅や桜が咲きはじめる季節の、特に北野さんの梅といえば、約二万坪の境内一円に咲き競う、艶やかな紅梅白梅は絶景です。北野天満宮の広大な梅苑では2月25日に、菅原道真公ゆかりの梅の花を愛でる梅花祭の茶会も催されます。京都文化博物館で催される北野天満宮の『北野天満宮 信仰と名宝展~天神さんの源流~』開催日程とチケット情報にあわせて、京都文化博物館と北野天満宮とのバスのアクセスもご案内します。

松陰神社の御祭神 吉田松陰の松下村塾門下生と松陰神社のおみくじやお守りのご利益は?

山口県にある松陰神社は、明治維新の精神的指導者『吉田松陰』を御神体としてお祀りする神社で、『松下村塾』のあったところです。吉田松陰の松下村塾では、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文、山縣有朋、吉田稔麿、入江九一、前原一誠、品川弥二郎、山田顕義、野村靖、渡辺蒿蔵、河北義次郎など、錚々たる面々を教育し、日本の夜明けを担った若者たちの学び舎でした。

神社仏閣の授与品 おみくじやお守りの種類でおすすめのかわいいものは?

おみくじやお守りなどの授与品をいただくのは、参拝の楽しみの一つです。お守りの種類は、きっと願いごとの数だけあって、おみくじは、大吉・吉・中吉・小吉・凶などの、吉凶の語で書かれることが多いようです。御朱印同様、昨今の神社ブームに乗って、お守りもおみくじも可愛い物や変わったものを、神社仏閣でも工夫されているようですね。人気の高い可愛いおみくじとお守りをご紹介します。

九州国立博物館で京都醍醐寺真言密教の宇宙が開催 国宝32件一挙公開!

九州国立博物館で京都醍醐寺真言密教の宇宙が開催されます。世界遺産 醍醐寺に伝わる寺宝の魅力を、九州国立博物館で堪能することができます。九州国立博物館で開催される『京都 醍醐寺-真言密教の宇宙-』展の、開催日時や展示される寺宝についてご紹介します。

飛不動尊は下谷のパワースポット お守りやステッカーのご利益は空の安全

谷根千の隣町、下谷の飛不動尊は、『空飛ぶ お不動さま』で有名なパワースポットです。このお不動様が、何故『空飛ぶ お不動さま』と言われるようになったのか、また、空飛ぶお不動様『飛不動尊』のご利益は何か?ご利益を頂ける『飛不動尊』のお守りやステッカーについて書いています。

笠間稲荷神社の交通安全祈願は車の茅の輪くぐりのご利益で事故防止

茅の輪くぐりと言えば、六月三十日に行われる夏越しの大祓で、全国各地の神社でも茅の輪くぐりが行われ、善男善女が茅の輪をくぐり、半年間の罪や穢れを祓いますが、笠間稲荷神社では六月二十四日に、車の茅の輪くぐりが行われます。笠間稲荷神社の交通安全祈願、車の茅の輪くぐりについてお伝えします。

鹽竈神社は宮城のパワースポット スピリチュアルなご利益で東日本大震災復興

風光明媚の地に建つ陸奥一之宮 鹽竈神社(しおがまじんじゃ)は、宮城県最強のパワースポットと言われていて、海上・交通安全、必勝・成功のご利益がある鹽竈神社は、スピリチュアルスポットなのです。パワースポット鹽竈神社の創建の由縁や歴史をまとめています。鹽竈神社の御祭神のお力で、東日本大震災復興パワーにご利益が得られますように。

江島神社の中津宮 奥津宮 辺津宮はスピリチュアルなパワースポットその御利益は?

江島神社の中津宮 奥津宮 辺津宮は、スピリチュアルなパワースポットとして有名です。江ノ島は、美人三女神に相応しく絵のように美しい島で、江島神社の御利益は、開運、方除、良縁、安産などもありますが、芸能上達に御利益があるということで芸能人の信仰も篤い神社です。江島神社の美人三女神 中津宮 奥津宮 辺津宮のスピリチュアルなご利益や由縁についてお伝えします。

頭之宮四方神社のご利益は合格祈願『頭が良くなる』日本唯一のあたまの神様

頭之宮四方神社はあたまの神様として有名な神様で、ご利益はお誓い石と知恵の水で福を招『合格祈願』です。奥伊勢県立公園に位置する頭之宮四方神社は、伊勢の宮川に注ぐ渓流が巡り、天然の風致に富んでいます。受験運から仕事に関する知恵、さらにはぼけ予防まで、まさに頭を使う機会の多い現代人にはぴったりの場所です。

湯島天満宮のご利益は学問の神様と腕力の神様のそろい踏み 効果あるお守りは?

湯島天満宮は、京都の北野天満宮や太宰府天満宮と同じく、菅原道真公をお祀りした学問の神様です。その他にも全国にはたくさんの天神様がありますが、湯島天満宮は、道真公とは別に、もう一人の御祭神がお祀りされています。湯島天満宮のご利益は、学問の神様と腕力の神様のそろい踏み、つまり、文武両道に御利益がある神社なのです。その湯島天満宮のご利益があるお守りや、湯島天満宮の見どころについてお伝えします。

上野大仏は顔だけの大仏様 落ちそうで落ちないと評判で合格祈願に人気上昇中!

上野大仏は顔だけの大仏様 絶対に落ちない顔だけの大仏詣が人気上昇中です。胴体がなく、顔だけの大仏・・・だから、落ちない!上野公園の中ほど、不忍池近くに、『合格祈願』と書かれた絵馬が鈴なりになっている場所があります。そこはミャンマー様式のパゴダが建っているのですが、何なのだろうと思って見まわすと…います、います!その左手に大仏様が。。。。しかも『上野大仏』と呼ばれるその大仏様は、ナント顔だけなのです。何故、顔だけなのかというと、そこには波乱万丈の歴史がありました。この大仏様を管理しているのは、近くにある寛永寺の清水観音堂です。上野大仏様の度重なる被災の歴史をご紹介します。そして、何故今、合格大仏と言われるようになって、受験生など多くの人々の参拝が後を絶たない理由がわかってくると思います。

太宰府天満宮の鷽替え(うそかえ)神事と鬼すべ神事はいつ?お守りや御朱印は?

太宰府天満宮は、菅原道真公をお祀りする神社で、福岡県の太宰府市にあります。平安時代の貴族で、学者、漢詩人、政治家であった菅原道真公は、学問・至誠・厄除けの神様として、今も人々から厚い信頼を得ています。太宰府天満宮では、毎年一月に、鷽替え神事と鬼すべ神事が行われます。鷽替え神事と鬼すべ神事とは、どのような神事なのか、神事の内容についてや日程をご案内します。また、鷽替え神事や鬼すべ神事が行われる太宰府天満宮で、授与していただける合格祈願のお守りや厄除けのお守りと、御朱印についてもまとめています。

秩父神社はパワースポット 秩父三社の三峯神社や寶登山神社の御祭神と御利益

秩父地方を代表する神社には、秩父神社、三峯神社、寶登山神社の三つの神社があり、それらは秩父三社と呼ばれています。秩父三社はそれぞれパワースポットとして人気を博し、多くの人が訪れます。創建は二千年あまり前という歴史ある秩父神社・三峯神社・寶登山神社についてご案内します。

釣石神社のパワースポットは震災に耐えた落ちそうで落ちない石の御神体

旅の途中、偶然にも素晴らしい場所に巡り合うことがあります。釣石神社はまさにそんなところで、落ちそうで落ちないという大きな石を見ると、これこそパワースポットだと感じます。落ちそうで落ちないから受験の神様と言われることが、『こじつけだ!』と言われたとしても、この巨石を見て、あの大震災にもビクともしなかった事実を知れば、釣石神社のパワーを感じずにはいられません。

武田神社へのアクセスは甲府駅から徒歩で!黄金の松葉があるパワースポット

パワースポットと言われるところはたくさんありますが、戦国武将 風林火山の武田信玄がお祀りされている神社とあれば、そのパワーも申し分ないでしょう。武田信玄の勝ち運のパワースポット『武田神社』へのアクセスは徒歩で、甲府の素晴らしい景色を満喫しながら行かれてはいかがでしょうか。武田信玄公がお祀りされている武田神社には、黄金の松葉や姫の井戸など、たくさんのパワースポットがあります。

三嶋大社のパワースポットの場所は源頼朝が旗揚げ祈願した樹齢1200年の金木犀

三嶋大社は源頼朝が旗揚げ祈願をし、平家に勝ったのですから、そのパワースポットとしての効果は絶大ですね。富士山もよく見え、伊豆や箱根の温泉からも近いところで、周りに見どころもたくさんあって、空気のキレイないいところです。さすがパワースポットと言われるだけあって、『新しいことをやるぞー!』っていう気持ちが湧いてきます。

八坂神社 祇園えべっさんパレードはいつどこを通る?新春吉例の三社詣で御朱印授与

一月十日は“えべっさん”です!京都の八坂神社のえべっさんでは、宵戎に祇園えべっさんパレードが行われます。新春の京都の街を『商売繁盛で笹持って来い!』と、おめでたい七福神を乗せた『えびす船』が練り歩きます。その八坂神社の祇園えべっさんパレードが繰り広げられる、開催日時をお伝えします。また、八坂神社 新春恒例の三社詣では、ありがたい御朱印の授与もあります。

八坂神社 大晦日のおけら詣りで混雑するのはいつ?白朮火の貰い方は?

大晦日の八坂神社は、おけら詣りの善男善女で溢れかえり、大晦日の午後十時ぐらいからは、祇園さんの前の東山四条あたりでは、四条大橋までが歩行者天国になります。通りが人でいっぱいになって混雑で身動きが取れなくなります。おけら火を頂くのは良いのですが、人ごみの中ではチョット危険です!通行規制があって、入り口や出口も決められています、係員の誘導に従ってお詣りしてください!『昔はこんなこと おへんかったんどすえ~!』着物姿のカップルもたくさん見かけます。ど~ぞ、よいお年を!