興味津々

誰もが気になる巷の話題 知ってて得する耳より情報など 好奇心をそそる興味津々なお話しを集めました

神社仏閣

飛不動尊は下谷のパワースポット お守りやステッカーのご利益は空の安全

投稿日:

谷根千の隣町、下谷の飛不動尊は、
『空飛ぶ お不動さま』で有名なパワースポットです。

このお不動様が、何故『空飛ぶ お不動さま』と言われるようになったのか、
また、空飛ぶお不動様『飛不動尊』のご利益は何か?
ご利益を頂ける『飛不動尊』のお守りやステッカーについて書いています。

スポンサーリンク
  

飛不動尊は下谷のパワースポット『空飛ぶ お不動さま』

「谷根千」の隣町の『空の安全』を守る仏さまは、
一夜で大峰山から江戸へ飛んできたお不動様です。

谷中・根岸・千駄木を略して『谷根千』というのですが、
ここは若い女性たちにも人気の東京の下町エリアです。

その谷根千の隣町で、谷根千と同じように下町情緒たっぷりの竜泉に、
古くから『旅人の守り本尊』として人々の信仰を集めてきた、
『飛不動尊』、正式には、
『龍光山三高寺正寶院(りゅうこうざんさんこうじしょうぽういん)』
があります。

『飛不動尊』は、伝教大師最澄が開宗した天台宗のお寺です。

言い伝えによれば、室町時代の千五百三十年に、
熊野から吉野に至る大峰山で修業をした正山上人というお坊さんが、
諸国巡歴の途中、
この竜泉の地で、一筋の光とともに天に昇る龍の夢を見ました。

『龍の夢は不動明王のご加護の現れだ!』

そこで正山上人は、
竜泉の村人たちの息災延命と自身の旅の安全を祈って、お不動様を刻み、
この地に奉安しました。

こうしてお寺が創建されてから間もなくのころ、
当時の住職がお不動様を背負って遥々と大峰山にお連れしました。

御本尊が留守になった江戸のお寺では、
村人たちがお不動様を思って熱心に祈っていました。

するとお不動様は、一夜にして大峰山から江戸に飛び帰り、
村人たちの願いを叶えてくださいました。

以来、『空を飛び来て、衆生を守りたもう、お不動様』というわけで、
『飛不動尊』と呼ばれるようになったそうです。

このお寺のご本尊様は飛不動尊です。

本堂には飛不動尊を中央に、左側に大日如来様、
右側には阿弥陀如来様が安置されています。

大日如来は、宇宙のすべての営みの根本におはします仏様で、
阿弥陀如来は、すべての生きとし生けるものを救う仏様です。

飛不動尊 お守りやステッカーのご利益は

飛不動尊は、
創建の時から『旅の安全を守ってくださるお不動様』として、
信仰を集めてきたことと、
『空飛ぶお不動様』が結びついて、そう呼ばれるようになりました。

近年では航空関係の仕事に携わる人たちが、
『空の交通安全』祈願のために参拝に訪れます。

また、海外旅行に出かける人が、
飛行機の安全と道中の安泰を願って参拝する姿も多く見かけられます。

お寺では、こうした願いに応えるために、
飛行機の形をした『飛行護』や『航空安全』『飛行安泰』の、
ステッカーやシールを授与していますが、
なかでも凄いのが『飛不動尊の絵馬』です。

スポンサーリンク

なんと不動明王の前を飛行機が飛んでいる!

お不動様が目をかっと見開いて、
飛行機の安全を見守って下さっているのです。

ゴルファーや受験生にも、強~い味方

“飛ぶ”ということから『ゴルフ護』も、
ゴルフの上達と安全を願うゴルフ愛好家の人たちに人気があります。

さらに、『航空安全=落ちない』というところから、
受験合格祈願のために参拝する受験生や親御さんもいるそうです。

『飛行護』には金襴袋入りと根付け形があり、
『飛行ステッカー』や『旅行安泰ステッカー』もあります。

『ゴルフ護』は、桜材に、『飛不動尊 ゴルフ安全祈願』と金箔押したものです。

いずれもお寺で直接授与して頂くほか、FAXやメール、
お手紙でも申し込むことができます。

飛不動尊界隈は江戸の下町情緒たっぷり

飛不動尊は、毎年十二月十三日に、人がそれぞれに持つ星を祀り、
厄を払って福徳を増すように祈願する星祭り、
『尊星供(そんじょうく)』が行われます。

飛不動は、航空業界の関係者や、
飛行機の利用者が安全安泰を願って参拝するお寺ですが、
日本中を沸かせた小惑星探査機「はやぶさ」の、
地球への帰還にも飛不動尊の御利益があったとのことです。

飛不動尊のご利益には、航空安全のほかに、
厄除け・八方除け・方違え(かたたがえ)・六三除(ろくさんよけ)、
虫封じなどがあります。

飛不動尊は「関東三十六不動霊場」の第二十四番にも数えられ、
また、境内に恵比寿神が祀ってあるところから、
下谷七福神の一つにも数えられています。

三ノ輪から竜泉、下谷そして根岸と、下町情緒たっぷりの街を、
七福神をたどりながら散策するのも楽しいものです。

また、台東区竜泉界隈には五千円札にも描かれている、
樋口一葉の「一葉記念館」や「一葉旧宅跡」、
お隣には吉原の名残が残る千束地区など散策スポットがあります。

近く飛行機で旅行をされる予定のある方は、
飛不動尊のご加護を頂きながら、
江戸時代から続く、下町情緒を楽しみに出かけられてはいかがでしょうか。

飛不動尊 龍光山三高寺正寶院

〒110-0012 東京都台東区竜泉3丁目11−11
03-3872-3311

● 地下鉄 日比谷線 三ノ輪駅下車
    南へ600m 徒歩約8分 改札口に周辺の地図があります。

● 都営バス 竜泉下車 徒歩3分
    都08 日暮里駅前-竜泉-押上-錦糸町駅前
          JR山手線 日暮里駅より錦糸町駅前ゆきバス
          東武 浅草駅より日暮里駅前ゆきバス
    草43 足立区役所-三ノ輪駅-竜泉-浅草雷門
    草63 池袋駅東口-巣鴨駅-竜泉-浅草寿町

あとがき

提灯や紅いのぼりが江戸情緒を醸し出す細い通路、
その奥に飛不動尊があるのですね。

外国人観光脈向けの英語表記では、
「FLYING GOD TEMPLE」って言うそうです、
かっこいい!

スポンサーリンク

-神社仏閣
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

白峯神宮は古代のサッカー蹴鞠発祥の地 御神体崇徳天皇の悲しい歴史は?

白峯神宮は古代のサッカー、つまり蹴鞠発祥の地だということは、 白峯神宮へ訪れてみればよくわかります。 スポンサーリンク 境内に飾られた絵馬や日本サッカー協会をはじめ各種スポーツにおいて、 使用された公 …

石清水八幡宮の石清水祭はいつ行われるどんな行事?放生会や勅祭とは何?

スポンサーリンク 石清水八幡宮の石清水祭とは、いつ行われる、 どのようなイベントなのでしょうか。 石清水祭の放生会や勅祭についてや、 行事の式次第をお伝えします。 また、石清水祭が行われる石清水八幡宮 …

金運パワースポットは富士山!新屋山神社-安房神社-金劔宮 山頂へのアクセスは?

金運パワースポット富士山の効果は? 金運に恵まれる金運神社はどこにあるのか! エネルギーあふれるパワースポット イヤシロチ(弥盛地)に建つ3つの神社こそ 一生お金に恵まれる 金運神社なのです。 その3 …

泉涌寺 即成院の二十五菩薩お練り供養とはどんな式典でいつ行われる

スポンサーリンク 京都 泉涌寺の総門前北側にある即成院で行われる、 『二十五菩薩お練り供養』は、 なかなか見ごたえのあるお練り供養です。 その二十五菩薩お練り供養についてや、 即成院建立の歴史について …

伏見稲荷大社はいつ建てられた神社で作られた理由と作った人は?狐との関係は?

スポンサーリンク 朱塗りの鳥居が延々と続く伏見稲荷大社の千本鳥居は、 インスタ映えするとSNSで評判ですが、 その千本鳥居がある伏見稲荷大社は、いつ建てられた神社なのでしょうか。 また何故、伏見の地に …