興味津々

誰もが気になる巷の話題 知ってて得する耳より情報など 好奇心をそそる興味津々なお話しを集めました

神社仏閣

猿田彦神社は伊勢のパワースポット スピリチュアルなご利益と伊勢神宮とのアクセス

投稿日:2019-01-01 更新日:

三重県伊勢市、
伊勢神宮の近くにある猿田彦神社は、
日本神話に由来するパワースポットです。

猿田彦神社にお祀りされている神々の、
スピリチュアルなご利益や、
猿田彦神社から
伊勢神宮の内宮や外宮へのアクセスをご紹介します。

スポンサーリンク
  

猿田彦神社は伊勢のパワースポット

猿田彦神社は“みちひらき”の神と言われていますが、
なぜ、猿田彦神社は『みちひらきの神』と呼ばれるのでしょうか。

猿田彦大神は、
物事の最初に御出現になり万事最も善い方へ“おみちびき”になる大神で、
古事記、日本書紀などにも、
「国初のみぎり天孫をこの国土 に御啓行(みちひらき)になられた」と、
伝えられています。

『天孫降臨』をご存知ですか?

その昔、
瓊瓊杵命(ににぎにみこと)が、
天照大御神(あまてらすおおみかみ)から授かった『三種の神器』を携えて、
高天原(たかまがはら)から高千穂に降り立ったという日本神話で、
今の天皇家に続く大和朝廷がどうやってできたかというお話です。

このとき、瓊瓊杵命を先導したのが、
この神社に祀られている『猿田彦大神』で、
『みちひらきの神』として信仰を集めてきました。

猿田彦大神は、天照大御神のお使いを先導した神様というわけで、
人生のあらゆる面での『最初の一歩』を手助けしてくださる神様なのです。

伊勢神宮の内宮から歩いて15分ほどのところにある、
猿田彦神社の御祭神は猿田彦大神と、その子孫の大田命(おおたのみこと)です。

瓊瓊杵尊が天孫降臨で高千穂へ向かわれた際、
道を照らして案内した猿田彦大神と、
倭姫命とともに鎮座する場所を求めて各地を訪ねていた天照大御神を、
五十鈴川のほとりへと導いた大田命がお祀りされています。

そして猿田彦神社の宮司様は、
宇治土公(うじのつきぎみ)という姓で大田命の子孫とされ、
代々、伊勢神宮で重要な職を担ってきました。

猿田彦神社は伊勢のパワースポット そのスピリチュアルなご利益とは

そんな伊勢のパワースポット猿田彦神社には、
スピリチュアルなご利益をいただける神様がたくさんお祀りされています。

伊勢のパワースポット 猿田彦神社の境内には、
『芸能の神さま』の“佐瑠女神社(さるめじんじゃ)”があり、
佐瑠女神社の御祭神は天宇受売命(あめのうずめのみこと)です。

天宇受売命は、
天照大御神が須佐之男命(すさのおのみこと)の乱暴狼藉を悲しみ、
天岩戸に隠れられて、高天原が真っ暗になったとき、
天宇受売命が岩戸の前で妖艶な舞を踊って、
天照大御神に戸を開けさせたという神様です。

この神話から、
天宇受売命は踊りなどの芸能やお稽古事の上達にご利益があると信じられ、
芸能人の参拝者も多いといわれています。

また、天宇受売命は猿田彦大神の妻とも言われ、
天宇受売命は『恋愛の神さま』でもあるので、
佐瑠女神社は、恋愛を成就させたい人にはゼッタイおすすめの神社です。

佐瑠女神社は、良縁や子宝のスポットでもあり、
境内にある子宝の池の畔には、
宇治土公家の『産霊神(むすびのかみ)』が奉祀されていて、
子宝に恵まれるという言い伝えもあり、
佐瑠女神社には『良縁御守』や『芸能御守』もあります。

もう一つ、境内にあるパワースポットが、
本殿前にある八角形の『方位石』です。

自分の運気を上げたいときに、
上げたい方位に触れてお祈りをします。

そのためには、風水の本などで自分の良い方位や悪い方位などを、
調べておくと良いと思います。

境内中央の拝殿正面に古殿地を印し、1936年まで長く神殿のあった跡に、
方角を刻んだ八角の石柱があります。

鳥居や、二重破風の「さだひこ造り」で建てられた本殿の、
屋根の上の鰹木などが八角形なのは、
猿田彦大神の方位除けの御神徳を仰ぐためのものです。

スポンサーリンク

仕事でも勉強でもスポーツでも、何事も最初が肝心なのですが、
恋をするにしても、相手の心をぐっとつかむには、
あなたの最初のひとことが大切です。

猿田彦神社は、高天原から高千穂への道なき道を、
無事に、瓊瓊杵命をお連れしたことにあやかって、
『交通安全』の神様としても信仰を集めるようになったのです。

交通安全のお守りやステッカーもいろいろあります。

『交通安全御守』は、
自動車やバイクのほか、通勤通学の安全のお守りです。

『交通安全 猿田彦神社 本社伊勢市』と記されたステッカー(反射板)や、
お札型、キーホルダー型など多くのお守りがあります。

願いがあっても、最初の一歩が踏み出せないという人に人気なのが、
『はじめの一歩御守』と、猿田彦神社独特の『みちびきの舞』の絵馬です。

『みちびきの舞』が描かれた絵馬には、
願いを良い方向に導く願いが込められています。

猿田彦神社のその他のご利益には、
工事安全・方除・家内安全・商売繁盛・安産祈願・病気平癒
合格祈願・心願成就などがあります。

猿田彦神社が、仕事や学業、そして恋愛に悩んだ時にも道を示し、
旅の安全や方位除けを祈願する神として信仰を集めるのは、
どちらも物事の始まりに現れて、神様をより良きほうへと導いた、
『みちひらき』の神だからです。

★猿田彦神社の行事と祭典

毎年五月五日の『御田祭』がおこなわれます。

猿田彦神社の『御田祭』は、三重県の無形民俗文化財に指定されています。

桃山時代の衣装をつけた植方が、
のどかな田楽に合わせて早苗を植える様子は優雅な絵巻のようです。

田植えの後は豊作豊漁を占う団扇角力神事や拝殿前の豊年踊で賑わいます。

初夏の訪れを告げる伊勢の風物詩で、
神饌として飛魚を献上する風習があります。

佐瑠女神社例祭は、8月17日・18日

芸能の女神・天宇受売命がお祀りされている佐瑠女神社の、
一年に一度のお祀りで、
沢山の提灯が飾られ、幻想的な雰囲気が作り出された中、
17日には、ご崇敬の方々の様々な芸事が賑々しく奉納され、
華やかな舞台も催されます。

猿田彦神社と伊勢神宮の内宮や外宮とへのアクセスは?

伊勢のパワースポットは伊勢神宮だけではありません。

猿田彦神社は、こぢんまりとしながらも森に抱かれ、
神代との深い繋がりを伝えてくれる存在です。

猿田彦神社の場所も内宮の近くで、
外宮→猿田彦神社→内宮の順で参拝する人も多いようです。

伊勢神宮の内宮や外宮にばかり目を奪われて、
通り過ぎてしまってはもったいないですよ。

🚄 JR東海 伊勢市駅下車

🚄 近鉄 宇治山田駅下車

🚄 近鉄 五十鈴川駅下車

🚌 三重交通バスに乗車 猿田彦神社前下車

🚕 各駅よりタクシーでは10分程度。

🚙 駐車場
入庫30分はどなた様も無料で、御祈祷中の駐車料金は無料ですが、
当社駐車場には限りがありますので、
なるべく電車/バスなどの公共交通機関をご利用ください。

伊勢 猿田彦神社

〒516-0026 三重県伊勢市宇治浦田2丁目1−10
0596-22-2554

あとがき

猿田彦神社は、ここでしか手に入らない授与品がたくさんあります。

毎月一日に行われる特別祈念を受けることで、
授与して頂けるのが朔日御幣です。

一月を除く11か月、
毎月違った色の御幣が授与して頂けます。

また、お伊勢さんへ行ったら『赤福』ですが、
百七年ぶりに新商品がお目見えしたそうです。

赤福 五十鈴川店に登場した新商品は、
『いすず 野あそび餅』

白あん、よもぎの緑あん、黒砂糖風味の黒あん、定番のこしあんの4種類です。

あー神様より、食べるものに気が行ってますxxx邪念xxx

スポンサーリンク

-神社仏閣
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

京都の聖護院 特別公開2018年はいつ?特別公開の内容と聖護院門跡の御朱印は?

スポンサーリンク 京都の秋は、神社仏閣の特別公開がたくさん開催され、 聖護院門跡の特別公開もその一つです。 普段見ることが出来ない、聖護院の特別公開はいつからはじまり、 どのような聖護院の姿が見られる …

京都の平岡八幡宮 花の天井2018秋の特別拝観はいつから?バスのアクセスは?

スポンサーリンク 京都の平岡八幡宮 花の天井2018秋の特別拝観がいつから開催されるのかをご案内します。 美しい花の天井が有名な、京都の平岡八幡宮ですが、 春には椿、秋には紅葉が美しく、 多くの観光客 …

興福寺中金堂落慶法要と一般公開はいつから?奉納コンサート鑑賞ツアーは?

スポンサーリンク 奈良・興福寺の中金堂が再建され、落慶法要が行われます。 その後一般公開されるのですが、 もし、奈良を訪れたことがないのでしたら、 今秋の奈良はおすすめです。 日本文化の礎となったこの …

北野天満宮 信仰と名宝~天神さんの源流~京都文化博物館開催日程とチケット情報

スポンサーリンク 京都文化博物館で 『北野天満宮 信仰と名宝展~天神さんの源流~』が開催され、 北野天満宮の信仰とともに伝え継がれてきた、 “お宝”の数々を、見ることができるチャンスです。 京都に梅や …

ご利益のある神社 パワースポットといわれるおすすめの神社ベスト5はココ!

スポンサーリンク 御利益のある神社ランキングはネットで話題になりますが、 人によって得たいと思うご利益は様々です。 金運や勝負運、恋愛運など、 運気がアップすることが御利益で、 人の運は強い意志と、 …

kyoumi.clickサイドバー300×600

スポンサーリンク


kyoumi.clickサイドバー



応援よろしくお願いします!

プチっと応援
よろしくお願いいたします♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

おすすめの投稿