興味津々

誰もが気になる巷の話題 知ってて得する耳より情報など 好奇心をそそる興味津々なお話しを集めました

美容と健康

冷え性の原因は自律神経の乱れかも?自分で治す冷え性改善方法と食事は。。。

投稿日:

冬場、多くの女性が悩まされるのが冷え性です。
室内を暖かく保ったり、食事にも気を配ったりと、
努力は,ているのに、
なかなか改善しない手足の冷え…。
冷え性は、放っておくと肩こりや便秘、
肌荒れといった体の不調の原因となるほか、
生活習慣病のリスクを上げることも指摘されています。
効果的な改善法を知り、今年こそ冷え性を改善しましょう。

スポンサーリンク
  

冷え性の主な原因は自律神経の乱れにある

寒さが身に沁みる季節がやってきました。

屋外にいるときだけでなく、暖房を入れた室内で過ごしているときでも、
全身または手足などが冷えていると感じることはありませんか?

気温は低くないのに冷えを感じるのは、冷え性の症状です。

冷え性の主な原因の一つには、自律神経の乱れがあります。

自律神経とは、
呼吸や脈拍、体温などを調整する神経のこと。

自律神経が乱れると、それほど気温が低くないにも関わらず、
『寒い』と勘違いして体の中心部に血液を集め、
脳や心臓などを守ろうとします。

その結果、血液が行き渡らなくなった手足などの、
体の末端部分に冷えを感じるようになります。

これが、冷え性のメカニズムです。

冷え性はよく、低体温と混同されますが、
低体温とは一般に、平熱が36度を下回ることを指します。

冷え性のように、
「身体が冷えて辛い」といった自覚症状はありませんが、
低体温の人は、冷え性になりやすいと言われます。

冷え性になると血行不良が起こります。

血行不良が慢性化すると、血液がドロドロになり、
生活習慣病を引き起こしやすくなったり、
腸のはたらきも悪くなるため便秘になったり、
むくみや肥満にもつながっていきます。

このように、冷え性を放っておくと、
さまざまな疾病や不調を引き起こすリスクが高くなります。

冷え性には男女共に注意が必要

冷え性は、圧倒的に女性に多くみられます。

「私たちの体で、熱をつくり出す主な器官の一つが筋肉です。

男性に比ベて筋肉量が少ない分、女性の体は熱をつくりにくく、
冷えやすいのです。

加えて、月経の影響で腹部の血液か滞りやすいことや、
皮膚の表面温度が低いことなども、女性に令え性が多い原因といえるでしよう

また、
更年期障害がきっかけで冷え性になる女性もいます。

更年期障害の原因は、女性ホルモンの減少です。

脳内のホルモン中枢は、自律神経中枢と隣り合う位置にあるため、
ホルモンバランスの乱れが自律神経の乱れを誘発することがあるのです。

冷え性が女性に多いのは事実ですが、
男性には全くリスクがないというわけではありません。

男性にも、
一割程度は冷え性に悩んでいる人がいます。

男性の場合、
冷え性の原因に生活習慣病が隠れていることが多いようです。

なかでもよくあるのが、
若い頃は平気だったのに、
年を重ねてから冷えを感じるようになったというケースです。

この場合、
自分では気づかないうちに動脈硬化が進行し、
血行が悪くなったために冷え性を引き起こしたという人が多いです。

そのほか、
ストレスや加齢による筋肉量の低下も冷え性の原因となりますから、
冷え性への注意は、男女ともに求められます。

冷え性はカラダを温める食事や、生活習慣で改善

冷え性改善のためにはまず、
自律神経のはたらきを整えることが大切です。

寒い屋外から帰ってきてすぐに、
暖房を効かせた室内で過ごすなど、あまりにも急激な温度変化は、
自律神経を乱す一因となります。

夏場に冷房を利用する際にも気を付けてほしいのですが、
室内と屋外の温度差が極端に大きくならないように、
エアコンの温度を設定しましょう。

それでも、暑さや寒さを感じたら、
衣服などで調節するようにしましょう。

自律神経のはたらきを整えることに加えて、
血行を良くし、冷えにくい体づくりを目指すことも大切です。

そこで味方になってくれるのが体を温める食材です。

カラダを温める食材の一つの、唐辛子に含まれるカプサイシンには、
血流改善や代謝を促進し、
体温を上昇させる作用があります。

スポンサーリンク

ほかにも、ショウガやニンニクなども、
食事に取り入れやすくおすすめです。

血液をサラサラに保ち血行を良くするためには、
食べ過ぎは禁物です。

特に、
脂っこいものや甘いものの食べ過ぎには注意しましょう。

また、血行促進には水分補給も大切です。

ただ、冷たい飲み物は体の内部の温度を下げてしまうので、
冷たいものではなく、暖かいものを飲むように心がけましょう。

入浴時には毎日お湯につかることも大切です。

シャワーですまさず、38~40度くらいのぬるめのお湯に、
ゆっくりとつかりましょう。

普段はぬるめのお湯で長湯をしながら、
週に2回は、41~42度くらいの熱いお湯に10分間つかると理想的です。

続けて10分間つかるのが難しければ、休憩をはさみながらでもOK です。

熱いお湯につかると、
傷んだ細胞を修復するタンパク質 ヒートショックプロテインが増えるのだそうです。

このヒートショックプロテインは、体を温めるのはもちろん、
免疫力や代謝なども向上させるので、
冷え性の改善だけでなく、全身の健康を増進させる効果を期待できます。

ほかに、冷え性改善のためには、筋肉を増やすことも必要ですから、
適度な運動を習慣にしましょう。

『冷え性は万病のもと』とは良く言ったもので、
体温が一度下がると、免疫力や代謝も20~30%低下し、
ガンなどの深刻な病気になるリスクが高まります。

体を温める生活習慣を実行して、冷え性を改善しましょう。

あとがき

冷え性の辛さは、
冷え性の人にしか理解してもらえないかも知れません。
外からの見た目では何の変化もなく、
ただ寒がっているとしか思ってもらえないのですから。。。

スポンサーリンク

-美容と健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ビタミンC歯磨きで歯周病改善 予防は歯ぐきの再生と強化のセルフケア

スポンサーリンク ビタミンC歯磨きで歯周病改善したり、 歯周病の予防ができるんです。 歯周病は、糖尿病や脳梗塞など、 怖い生活習慣病の原因になります。 認知症を防ぐためにも、 歯周病を予防するため、 …

顔のたるみの原因は?解消でできる対策と筋トレ・マッサージ・メイク法

スポンサーリンク < >  毎日鏡を見ていると  昨日と今日の違いってあまり気づきにくいのですが ふと鏡を見た瞬間 『あれっ?』 ちょっと前より 頬や目元がたるんでいるような??? そんな気がしたこと …

歯周病が原因で生活習慣病になる?その初期症状と怖い病気の予防には。。。

スポンサーリンク 歯周病が原因で生活習慣病になるって聞くと、 怖くなってきますね。 歯周病が原因で生活習慣病になった時の、 初期症状とはどんな症状なのでしょう。 そして歯周病が原因でなる生活習慣病には …

重曹入りジェルクリームとはどんな保湿成分配合?重曹石鹸は消臭効果も!

スポンサーリンク 今話題の重曹入りジェルクリームとは どんなクリームなのかご存知ですか? 重曹入りと聞いて驚かれる方も多いと思います。 ですから、 重曹入りジェルクリームとはどんなクリームなのか、 ま …

便秘解消法は即効性がありすぐ効く薬よりまずは便秘の原因を知ること

スポンサーリンク 便秘の辛さは便秘で悩んでいる人にしかわからないですよね! でも便秘解消法は即効性がありすぐ効く薬より、 まずは便秘の原因を知ることです。 CMでよく耳にする腸内環境と その中の菌が重 …