興味津々

誰もが気になる巷の話題 知ってて得する耳より情報など 好奇心をそそる興味津々なお話しを集めました

美容と健康

下肢静脈瘤は放置すると大変!初期症状を感じたら何科を受診すればいい?

投稿日:

下肢静脈瘤を放置すると大変です!

素足や薄いストッキングで出かける機会が増えるにつれ、
気になる“足”の悩みは多いものです。

足の血管がボコボコと浮き出ているとか、
くるぶしのあたりの皮膚が、青黒くなっていたりしていませんか?

浮腫みがとれないという悩みを持っている人も、
たくさんいます。

こうした症状は、下肢静脈瘤が原因かも知れません。

浮き出た血管がヒリヒリする人や、
足が重だるく、浮腫みがとれないという人、
寝ている間に足がつるといった症状も、

また、
目に見えた症状がなくても、隠れ静脈瘤かも知れません!

スポンサーリンク
  

下肢静脈瘤を放置すると大変!隠れ静脈瘤かも!

“下肢静脈瘤”とは、
長時間の立ち仕事をしている人や、
出産経験のある人が発症しやすい病気で、
遺伝的になりやすい体質の人もいます。

すぐに命に関わるものではないために、
放置されることも少なくありません。

しかし、一度発症すると、
下肢静脈瘤は、ゆっくりと確実に進行していきます。

下肢静脈瘤は、長い間、適切な処置をしないでいると、
皮膚炎を繰り返したり、
潰瘍となって皮膚に深刻なダメージを与えることもあるのです。

多くの人を悩ませている下肢静脈瘤ですが、
下肢静脈瘤という病気について、
よく知られていないということが現状です。

下肢静脈瘤の症状に気づきながらも、
何科のお医者さんに行けばいいのか、
どこの病院にかかればいいのかがわからなくて、
そのままにしている人も多いのです。

下肢静脈瘤には二つのタイプがあり、
そのひとつ目、

足の血管が太くなり、表面に浮き出て見えるタイプ。

これは、足の付け根にある静脈弁が壊れて、
心臓に向かうべき静脈血が、
うまく戻らなくなるために起こる症状です。

静脈内の血流が悪くなると血管内の圧力が上がり、
血管が太くなります。

すると、
皮膚の上からでも血管のボコボコが目立つようになります。

このタイプの症状が慢性化すると、
血管の壁から血液中の血漿(けっしょう)や水分が染み出て、
浮腫みやだるさにもつながります。

二つ目は『隠れ静脈瘤』

先ほどのタイプとは違い、表面に血管が浮かび上がらないので、
見た目では判断がつかないのが特徴です。

これは足の甲や指の間に走っている“抜け道血管”に原因があります。

“抜け道血管”とは、動脈と静脈を繋ぐ血管のことで、
これが広がってしまうと、
本来、足先へと流れるはずの動脈血が、この血管に流れ込んで、
静脈内へとルート変更してしまいます。

すると、足先に通う動脈血が減少して、指先の血流が悪くなり、
『足先の冷え』が起こることになります。

たくさんの血液が流れ込んだ静脈内の圧力は高くなり、
“浮腫みやだるさ”などが出てきます。

『隠れ静脈瘤』になると、血液が脱水症状を起こして、
血栓を作りやすくなります。

飛行機や車の座席に長時間座り続けている時などに起り易いので、
注意が必要です。

冬の季節になると、足先が冷えるのを防ごうと、
靴下を履いて寝たり、
電気毛布などの暖房器具を使う人も多くなります。

でも実は、このような行為は、
隠れ静脈瘤によって引き起こされる冷えにはあまり良くありません。

通常の血管と同じく“抜け道血管”も、
温度や気圧の影響を受けるので、温めると血流がよくなります。

それによって血管が広がることから、
指先まで血液が行き届きにくくなるのです。

下肢静脈瘤とは何か 初期症状と原因は?治療の費用はどこまで保険適用?

下肢静脈瘤や隠れ静脈瘤の初期症状に心当たりは?

下肢静脈瘤と言えば、蛇のようにうねった血管や、
隆起したコブのように皮膚の表面に見える青い血管を、
思い浮かべる人が多いと思います。

しかし、目には見えないけれども、
浮腫みやだるさ、足先の冷えを引き起こす、
『隠れ静脈瘤』と言うものもあるのです。

一言で下肢静脈瘤と言っても、
このように二つのタイプがあるということを、
知っておかなくてはいけません。

スポンサーリンク

椅子に座る生活スタイルが定着したことも、
下肢静脈瘤になる人が増えている原因の一つと考えられそうです。

下肢静脈瘤は、足の静脈の働きの低下が原因となる病気です。

①膝が痛くて星座が出来ない

②最近、足の皮膚にかゆみを感じる

③最近、足の皮膚の色色が変わってきた

④足のむくみを気にして、水をあまり飲まない

⑤朝起きた時から足がだるい

⑥デスクワークが多く、あまり歩かない

⑦最近、めまいや立ちくらみが多い

⑧足湯や足マッサージをよくする

⑨寝ているときに靴下を履いている

⑩最近、靴がきつく感じる

⑪足の爪が変形してきた

⑫扁平足や外反母趾を気にしている

⑬高血圧のお薬を服用している

⑭足の皮膚がテカテカしてきた

⑮やわらかかった足の脂肪がかたくなってきた

⑯日頃からスリッパやサンダルを常用している

これらのチェック項目は、
『隠れ静脈瘤』の患者さんに見られる傾向です。

“もしかしてこれは・・・”と思ったら、
受診して相談して見てはいかがでしょうか。

下肢静脈瘤を放置すると大変!まずは受診を!

下肢静脈瘤の治療で一番気を付けたいのが、
“早期に!”ということです。

慢性化すると、かゆみを引き起こすようになり、
症状が進行すると、皮膚の変色や硬化を起こしたり、
場合によっては皮膚に穴が開いてしまうこともあるそうです。

だるさやむくみ、冷えなどが続くときは、
血管が浮き出ていなくても、静脈瘤の可能性があります。

足に異常を、特にかゆみを感じ始めたら、
早めに受診をしなければいけません。

下肢静脈瘤については、メディアでも取り上げられ、
疾患名は知名度が上がりましたが、
いったい何科を受診すればいいのでしょうか?

間違った情報も広がって、
心筋梗塞になるとか、放置しておくと切断することになるとか、
脅かされます。

皮膚が変色したりもするので、
皮膚科かと考える人もおられます。

足に症状が見られるので形成外科、
血管の病気ならば循環器科や血管外科と、いろいろ悩んでしまいますが、
最近は下肢静脈瘤の専門クリニックもできています。

隠れ静脈瘤の症状で、めまいや立ちくらみもあるので、
他の原因があるかも知れません。

判断がつかなければ、
かかりつけのお医者さんの相談して見るのもいいと思います。

とにかく何より早期受診をお勧めします。

かかりつけ医の選び方 メリットとタイミングは?見つけ方と選ぶポイントは?

あとがき

立ち仕事が足に良くない事はわかっていても、
仕方ないことがあります。

下肢静脈瘤だと見た目でわからなくても、
何だか変!と感じたら、
一日も早く受診するべきですね。

スポンサーリンク

-美容と健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

花粉症の症状を緩和させる食べ物と悪化させる食べ物 食生活で体質改善できる

鼻がグシュグシュ、目がショボショボ、 花粉症の症状はホント辛いです! スポンサーリンク そんな花粉症の辛い症状が、食べ物で緩和できることをご存知ですか? でも、食べるものによっては、 花粉症をさらに悪 …

ビタミンC歯磨きで歯周病改善 予防は歯ぐきの再生と強化のセルフケア

スポンサーリンク ビタミンC歯磨きで歯周病改善したり、 歯周病の予防ができるんです。 歯周病は、糖尿病や脳梗塞など、 怖い生活習慣病の原因になります。 認知症を防ぐためにも、 歯周病を予防するため、 …

誤嚥性肺炎の予防で高齢者が嚥下力を鍛える喉のトレーニング法体操とは

スポンサーリンク 誤嚥性肺炎とはどういう症状なのでしょうか? 高齢者に多い誤嚥性肺炎の予防で、 嚥下力を鍛える喉のトレーニング法、 飲み込み筋の鍛え方をご紹介します。 誤嚥性肺炎予防のために、 ぜひト …

耳の聞こえが悪くなった高齢者の症状と対処法 家族の接し方と会話の仕方

耳の聞こえが悪くなったのでは?と感じた事ありませんか? スポンサーリンク 人と話しているとき、話が聞き取れず、「ええっ?」となったり、 逆に自分が話しているとき、 相手に「ええっ!なんて?」といわれる …

顔のたるみの原因は?解消でできる対策と筋トレ・マッサージ・メイク法

スポンサーリンク < >  毎日鏡を見ていると  昨日と今日の違いってあまり気づきにくいのですが ふと鏡を見た瞬間 『あれっ?』 ちょっと前より 頬や目元がたるんでいるような??? そんな気がしたこと …