気象現象一覧

冬の土用はいつからいつまででどんな意味がある日?過ごし方でしてはいけない事は?

「土用(どよう)」という言葉を聞くと、土用の丑の日、そしてウナギを連想する方も多いと思います。しかし、土用は一年に四回あって、それぞれに重要な意味があるという事は、あまり知られていないのかもしれません。冬の土用はいつからいつまでなのか、そして冬の土用はどんな意味がある日なのか、過ごし方でしてはいけない事はどういうことなのかなど、冬の土用についてお話したいと思います。

処暑の候とはいつからいつまでの時期?意味や読み方と挨拶状の例文は?

『処暑の候』“暑い”と言う文字が入っていますが、秋の季節を表す言葉です。では、いつからいつまでの時期を指す言葉なのでしょうか?年々、夏の暑さが激しくなっていくように思えるのですが、毎年、残暑のこの時期、いつまで暑い日がつづくのだろうと思います。急がなくても時間がたてば、必ず秋はやってきますし、涼しくなり、更には寒くなることもよく知っています。ですから、『処暑の候』には、この暑さをしっかり感じることも必要かも???あっ、でも、熱中症には充分お気を付けくださいね。今回は「処暑の候」について紹介したいと思います。

線状降水帯が発生する原因は?発生しやすい場所を予測することは?

この数年、主に梅雨の時期に、「線状降水帯」という言葉をよく聞くようになりました。線状降水帯が起きると、災害に繋がるので怖いですね。気象と言う自然現象を止めることは無理だとしても、発生を予測することが出来れば、災害をより少なく抑えられることもできると思います。何故、線状降水帯が発生するのでしょうか?調べてみました。