興味津々

誰もが気になる巷の話題 知ってて得する耳より情報など 好奇心をそそる興味津々なお話しを集めました

暮らしに役立つ便利な情報 気象現象

災害対策 家庭でできることはハザードマップやタイムラインを確認すること!

投稿日:2018-09-06 更新日:

災害対策や防災対策
家庭でできることとは、どんなことでしょうか?

地震や豪雨、竜巻や突風による災害は、
予想することが難しいのです。

人の力では避けることのできない自然の猛威は、
時として、人間の想像を超えて起こります。

地震や豪雨による洪水や土砂災害から、
適切に非難するために、
普段からハザードマップやタイムラインを確認しておきましょう。

急な豪雨などに対する大雨対策は、
今すぐ確認しておく必要があります。

そして災害が起こった時の対策を、
家族で話し合っておきましょう。

災害対策に役に立つハザードマップや、
タイムラインについてご案内します。

スポンサーリンク
  

災害対策 家庭でできることはハザードマップの確認

洪水などの災害が起こった場合、
自宅や職場周辺がどんな状態になるのかをご存知ですか?

災害の備えは、まず危険を知ることは重要です。

『危険を知る』には、
国土交通省の提供しているハザードマップポータルサイトが便利です。

国土交通省ハザードマップポータルサイト ~身のまわりの災害リスクを調べる~ https://disaportal.gsi.go.jp/

ハザードマップ(被害予測地図)とは、
自然災害による被害を予測し、
その被害範囲を地図化したもので、
予測される災害の発生地点、被害の拡大範囲および被害程度、
さらには避難経路、避難場所などの情報が、
既存の地図上に図示されているものです。

ハザードマップを利用することにより、
災害発生時に住民などは迅速・的確に避難を行うことができ、
また二次災害発生予想箇所を避けることができるため、
災害による被害の低減にあたり非常に有効なものです。

自分の家がどんなところにあるのか、
自分の住んでいる地域が、どうなっているのかなど、
身のまわりの災害リスクを調べて、
避難場所や避難経路の確認をしておく必要があります。

近くの川が氾濫した時や、豪雨などで洪水の危険があるとき、
また、山が崩れ土砂災害が起こるかも知れません。

自分の家のある地域の災害リスクを知ったうえで、
どこを通って、どこへ避難するかを、
家族で話し合って決めておくことができます。

災害対策 家庭でできることはタイムライン=防災行動計画を作る

誰もが『うちは大丈夫だろう!』といった根拠のない思い込みで、
避難が遅れがちになりやすいのです。

とくに河川の氾濫などによる洪水や、豪雨による水害は、
これまでになかった状態が起きる可能性が大きく、
それも思いがけないスピードでやって来ます。

ですから『まさかそんなことには・・・』という思いが強く、
『まだ大丈夫!』や『ココは大丈夫!』となってしまいやすいのです。

災害対策として家庭でできることは、
家族で話し合って、タイムライン=防災行動計画を作ることです。

スポンサーリンク

タイムラインとは、災害の発生を前提に、
防災関係機関が連携して、
災害時に発生する状況を予め想定し共有した上で、
「いつ」、「誰が」、「何をするか」に着目し、
防災行動とその実施主体を時系列で整理した計画のことです。

国や地方公共団体、企業や住民等が連携して、
タイムラインを策定することにより、
災害時に連携した対応を行うことができます。

国や地域レベルはもちろん、
家庭レベルで、どういう場合にはいつ、誰が、何をするのか、
それぞれの役割を確認し、あらかじめ決めておく、
タイムライン(防災行動計画)を作っておけば、
先を見越した早めの行動が図れます。

1995年に発生した阪神淡路大震災の時は、
携帯電話の普及も進んでいなかったので、
連絡の取れない人や、
安否確認が出来ない家族の状況に狼狽えました。

でも今は、携帯電話やスマホが普及していて、
メールやLINE、ツイッターなどの通信手段があります。

ハザードマップやタイムラインを家族で共有し、
災害対策を確認し合っておきましょう。

防災対策にやり過ぎはありません!

災害対策 家庭でできることは速報を受け取れるようにしておく

早めの情報入手は、
『防災・防犯情報メール配信システム』を活用しましょう。

NTTドコモやau、ソフトバンクなど、
携帯電話会社が提供している、
『緊急速報メール(エリアメール)』配信サービスを利用すれば、
地域を選んで登録しておくだけで、
防災に関する情報を受け取ることが出来ます。

各市町村では、避難準備情報・避難勧告・避難指示などの避難情報を、
携帯電話端末に配信するサービスを実施しています。

この「緊急速報メール」は、回線混雑などの影響を受けずに、
避難情報や災害情報などを受信できるサービスで、
基本的に登録は不要です。

ただし、一部の機種では設定変更が必要な場合もありますので、
各携帯電話会社のホームページなどで確認しておいてください。

なお、配信される情報は市町村ごとに異なりますので、
詳しくは各市町村のホームページなどで確認するか、
各市町村に直接お問い合わせください。

国土交通省 気象庁のホームページでは、
火山の活動状況や、雨雲の動きや今後の雨の様子、
土砂災害・浸水害・洪水などの警報の危険度分布といった情報が、
地域別に見ることが出来ます。

国土交通省 気象庁のホームページhttp://www.jma.go.jp/jma/index.html

台風が発生する原因と動き方 進路予想図の見方 台風情報 表現の種類

あとがき

次から次へと自然災害が発生し、
日々、災害発生のニュースが伝えられます。

自然の力は大きく、恐ろしいものですが、
実際に災害に見舞われていないところでは、
恐怖に感じながらも、
『まさかうちはそんなことには・・・』
という思いがどこかにあって、
災害対策や防災に対する意識は低いのが事実です。

天気予報の天気図を見ることはあっても、
ハザードマップを確認することまではしていません。

自分の住んでいるところの地盤がどういう状態なのかを、
ハザードマップで確認し、
さらに『こんな時はどうする?』というタイムライン=防災行動計画を、
家族で話し合っておくことは大切ですね。

スポンサーリンク

-暮らしに役立つ便利な情報, 気象現象
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

リバースモーゲージとはどんな仕組み?そのメリットとデメリットは?

持ち家はあるけれど、預貯金に余裕がなく、 老後の生活が心配という方に、 リバースモーゲージという仕組みがあります。 自宅を担保にして住み続けながら融資が受けられる制度です。 公的制度と民間の制度があり …

熱中症予防と対策は水分補給と体温調節 症状は頭痛 発熱 下痢 嘔吐

スポンサーリンク 高温多湿の今の時期、 特に注意しなければならないのが熱中症と脱水症です。 特に最近は、地球温暖化の影響でしょうか、 熱中症・脱水症で救急搬送される人が年々増えています。 日常生活の中 …

目のかゆみの原因は花粉症かドライアイか?セルフチェックと目薬や対処法は?

スポンサーリンク 目のかゆみを感じると、 無意識のうちに目をかいてしまっています。 この目のかゆみの原因は花粉症なのか、 それともドライアイなのか、 どっちにしてもこの目のかゆみを止める方法はないもの …

グリーンカーテンの効果的な作り方 ベランダに作る注意点と植える種類は?

スポンサーリンク 人は緑の植物を見ているだけでとても癒されます グリーンカーテン(緑のカーテン)の緑の力を借りて  夏を快適に過ごし 地球にやさしく エコな生活を叶えるために グリーンカーテンを育てて …

結婚式 1.5次会と2次会の違いは?お呼ばれのドレスと会費の渡し方は

スポンサーリンク 最近よく耳にする結婚式の『1.5次会』ですが でも 結婚式の1.5次会と2次会はどう違うのでしょう また 『1.5次会』が増えた理由は何故なのでしょうか 友達の結婚式で『1.5次会』 …