興味津々

誰もが気になる巷の話題 知ってて得する耳より情報など 好奇心をそそる興味津々なお話しを集めました

年中行事・イベント 気象現象

梅雨前線と秋雨前線の違いは何?でき方の特徴と天気図の見分け方はどこ?

投稿日:


梅雨前線と秋雨前線の違いをご存知ですか?

日本には、春・夏・秋・冬という四季があり、
その夏の前と後に、雨が降り続く『雨季』が訪れます。

雨が降ると、出かけるのも億劫になるし、じめじめしたり、
洗濯物も乾かなくて困ります。

梅雨入りはいつなのか気になって、天気予報を見ていますが、
梅雨前線とか秋雨前線とか、天気図の見方は難しいですね!

雨は多くの恵みを与えてくれますが、
鬱陶しい雨が続くのは、ちょっと嫌です。

そんな梅雨前線と秋雨前線の違いや特徴と、
何故『前線』ができるのかなど、
天気図の見分け方について、簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク
  

梅雨前線と秋雨前線の違いは何?

寒かった冬が終わり、
暖かで過ごし良い春の季節はあっという間に過ぎてしまいます。

そして『暑い!暑い!』を連発する夏がやって来ますが、
その前に訪れる鬱陶しい『梅雨』と

暑い暑い夏が終わり、涼しい秋が過ぎて冬を迎える前に、
『秋雨』の季節がやって来ます。

これはどちらも日本の雨季に当たる季節で、
このときにできるのが梅雨前線と秋雨前線です。

南側にある暖かい高気圧と、
北側にある冷たい高気圧がぶつかる場所を「前線」といい、
大気の状態が不安定になることで雨が降りやすくなります。

暖かい空気と冷たい空気の勢力がほとんど等しい前線は、
同じところに停滞するため、
気象用語では「停滞前線」といい、
「梅雨」や「秋雨」は停滞前線で発生するのです。

梅雨前線・秋雨前線、どちらも停滞前線で、
同じ場所に停滞するので、雨が降り続くというわけなのです。

ですから梅雨と秋雨は、理屈の上では、同じものなので、
天気図だけでは見分けることが出来ないのです。

ですが、理屈の上では同じでも、梅雨と秋雨は、
性質の異なる気圧が押し合い、ぶつかりあうことで、
大気の状態が不安定になり雨が降るので、
その特徴は異なるものなのです。

梅雨前線のでき方の特徴と天気図の見分け方はどこ?

梅雨前線とはいったいどういうものなのでしょうか?

「梅雨前線」は、5月~7月頃にかけて発達する停滞前線で、
例年、5月頃に華南や南シナ海付近で発生し、
中国から日本付近を北上します。

そして、8月頃には朝鮮半島北部や北海道付近に達して、
消滅します。

どちらかと言えば「梅雨前線」は、
「秋雨前線」と比較して穏やかな雨が多いのですが、
その期間は長く、
時として集中豪雨や大雨になることもあります。

梅雨の場合、雲の帯が広くつながっているので、
比較的広い地域で雨が降ります。

また、梅雨の特徴としては、しとしとと何日も雨が続きます。

梅雨には、梅雨入りと梅雨明けがあります。

梅雨前線は南から北上しますので、
日本列島では、南から順番に梅雨入りし、梅雨明けていきます。

日本の梅雨の時期としては、だいたい5月から7月の期間です。

スポンサーリンク

南に位置する沖縄では、GW後くらいには梅雨入りしますが、
梅雨前線が通過しない北海道には、梅雨はありません。

梅雨の期間は、雨が降るごとに少しずつ暖かくなっていきます。

天気図の上で言えば、少しずつ太平洋高気圧が強まり、
北にある高気圧を押し上げます。

梅雨前線は、
湿った冷たい空気を吹き出すオホーツク海高気圧が優勢になります。

つまり、南の暖かく湿った空気と、
暖かく乾いた空気が北に進むことによって、
冷たい空気がぶつかりあい、雨が長い期間降り続くのです。

秋雨前線のでき方の特徴と天気図の見分け方はどこ?

では、秋雨前線とはどういうものなのでしょうか?

「秋雨前線」は、8月後半~10月頃にかけて発達する停滞前線で、
例年、9月頃に東日本付近で発生して南下します。

そして、10月頃に日本の南東沖に達して消滅します。

「秋雨前線」は「梅雨前線」に比べて期間は短いですが、
台風シーズンと重なっているため、
大雨が降り続いたり、大規模な災害が発生する恐れもあります。

梅雨に比べて、秋雨の場合は雲の帯が狭いので、
狭い地域で雨が降ることになりますが、
短時間にまとまって大雨が降るということもよくあります。

秋雨の場合、梅雨と異なり、
はっきりとした秋雨明けや秋雨入りというものはありません。

秋雨は、北から南へ南下していきますので、
梅雨とは反対の動きをするということになります。

また、秋雨の特徴として、
大雨になりやすい原因がいくつかあります。

一般的な秋雨前線だけであれば、さほど大雨になることはありませんが、
秋になると台風がやってきます。

秋雨と台風が重なると、
集中豪雨や大雨になり、災害が起こりやすくなるのです。

特に、秋はゲリラ豪雨になりやすく、
9月は竜巻が発生しやすくなります。

梅雨の場合、一雨ごとに暖かくなりますが、
秋雨の場合は、雨の後に晴れるごとに気温が急激に下がります。

時期としては、
9月前半から10月下旬にかけてと言われています。

天気図の上で言えば、北の高気圧が強くなり、
太平洋高気圧を押し下げます。

秋雨前線は、
乾燥した冷たい空気を吹き出すシベリア高気圧が優勢となります。

秋雨の場合は、
北の冷たく乾燥した空気が南に進むことにより、
暖かく湿った空気がぶつかりあうことで雨が降るのです。

あとがき

寒かった冬がやっと終わり、
桜が咲いて心地よい季節がやって来ます。

そして、お日様ギラギラの夏がすぐにやって来ますが、
その前に あの鬱陶しい『梅雨』が来るんですよね!

雨は、たくさんの恵みを与えてくれますが、
一歩間違うと、とても怖いものになります。

天気予報や天気図で、梅雨前線や秋雨前線の動きを知ることは、
日々の生活を安全に過ごすために必要なことですね。

スポンサーリンク

-年中行事・イベント, 気象現象
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

藤田嗣治展 没後50年大回顧展が東京と京都で開催 作品の特徴と愛国心

藤田嗣治は日本で生まれ、 その人生の大半をフランスで過ごしました。 スポンサーリンク 画家・藤田嗣治(レオナ—ル・フジタ)は、 日本を愛しながらも、何故、パリに生きたのでしょう。 パリでの成功後も戦後 …

母の日の由来は何?カーネーションを贈る習慣 日本ではいつから始まった?

『おかあさん、ありがとう!』 スポンサーリンク 毎年母の日には、 感謝の気持ちを込めて赤いカーネーションを贈ります。 母の日に限らず、いつでも母には感謝しているのですが、 五月の第二日曜のこの日が、何 …

夏越の祓いとは 茅の輪くぐりと人形代(ひとがたしろ)の由来と作法

六月三十日は夏越の祓(なごしのはらえ) 6月は旧暦で別名“水無月”といい 『水』が『無』い『月』と書きます スポンサーリンク 梅雨の真っさ中 水はいっぱいあるのに 水が無いと書くなんて・・・? と思い …

七五三の前撮り時期はいつが安いか?親の服装は?記念に家族写真も

スポンサーリンク 七五三は子供の健康と成長を祈願して行う行事ですが お参り当日 11月15日が忙しくて時間が取れなかったり 写真館が混雑していて予約ができないということもあり 前撮りとして写真撮影を別 …

お食い初めとはどんな行事でいつやるの?やり方やメニュー 食器はどうする?

お食い初めとはどのような行事なのでしょうか? スポンサーリンク 赤ちゃんが生まれて、毎日忙しい中、 赤ちゃんの成長は日に日に目覚ましく、 赤ちゃんの一挙一動に家族みんなが大騒ぎする毎日です。 お食い初 …