興味津々

誰もが気になる巷の話題 知ってて得する耳より情報など 好奇心をそそる興味津々なお話しを集めました

美容と健康

お金をかけずに自宅で5キロ 無理せず痩せるダイエット法は簡単だった!

投稿日:

お金をかければ簡単に痩せることはできるかも知れません。

でも、お金をかけずにまずは5キロ、
自宅で無理せず簡単にダイエットできる方法があります。

無理せず痩せるダイエット法は簡単でした。
それは食べ方を工夫すること!

一般的なダイエット法は、あくまで一般的で、
ひとりひとりに合ったダイエット法ではありません。

無理せず痩せるダイエット法は、
自分自身の大切な『食』について、
しっかりと考え向き合うことだったのです。

そして、無理せず痩せるダイエット法は、
楽しく食べるプロセスにあるということです。

スポンサーリンク
  

お金をかけずに自宅で5キロ 無理せず痩せるダイエット法は散歩のペースで

たとえば、通勤や買い物で道を歩いているときと、
散歩をしているときとでは、
目に入るものや耳に聞こえてくるが違いませんか?

ゆっくりとしたペースで歩いていると、
ふだん見逃していたさまざまな『気づき』があるはずです。

それは、道ばたの小さな草花や、小鳥たちの声だったりします。

食生活も同じことで、
昨日の夕食に何を食べたのかを思い出せない人は、
食事を楽しんだり、味わうことなしに、
単に機械的に食物をお腹に詰め込んでいるだけなのではないでしょうか?

無理せず痩せるダイエット法は、
『散歩』のペースでダイエットを考えようということです。

散歩がそうであるように『ゆっくり』は、
たくさんの気づきをもたらしてくれます。

食材の風味や美味しさに対する『気づき』、
自分の味覚や好みに対する『気づき』、
心とからだの関係についての『気づき』など・・・

いくつもの『気づき』を体験していくなかで、
いつの間にか変わっていく自分に気づくことにもなるはずです。


ダイエットというと、『食欲との闘い』というイメージを、
持っている人が多いのではないでしょうか。

ですが、食欲は人間の生存本能に基づくもので、
意志の力でコントロールすることはできません。

無理に我慢しようとしても、
いずれカラダ側から反発(リバウンド)が来ます。

また、極端な食事制限を続けていると、
生命維持機能(ホメオスタシス)が働いて、
なるべく体内に脂肪を蓄えておこうとして、
結果的に『肥りやすい』体質になってしまいます。

どうやら食欲を敵とするダイエットでは、
最初から勝ち目がないようなのです。

では、どうすればいいのでしょうか?

食欲はコントロールできなくても、
『食べるもの』と『食べ方』をコントロールすることはできます。

ダイエットに適した食材選びはもちろんですが、
チョットした食べ方の工夫で、満腹感も変わってきます。

食欲の方はとりあえずそのままにしておいて、
『食べるもの』と『食べ方』を工夫することを考えてみましょう。

我慢するダイエットではなく、工夫するダイエットが、
『誘惑に負けない(自分に負けない)』ダイエットの秘訣です。

きちんと『カロリー計算』をして計画的にダイエットしようとしても、
なかなかうまくいかないのはなぜなのでしょうか。

一番の理由は、外側につくった基準に従う食べ方に、
私たちの心とカラダが納得していないからなのです。

カロリーや栄養のためだけに、
私たちは食べるのではありません。

味わったり、楽しんだり、満足や満腹感を得るといったことが、
とても大切なことなのです。

食べることや、味わったり、感じたりすることは、
あくまで私たちの内側で起こる出来事です。

それを無視して外側の基準に無理やり合わせようとしても、
続かなかったり、リバウンドが来たりするのです。

いちばん大切なことは、
自分が納得できる『適量』を、自分の内側に見いだすことなのです。

必要なカロリーや栄養と、
自分の心とカラダがうまく共鳴するポイントに、
誰のものでもない自分自身の適量があるはずなのです。

よく噛むダイエット成功の方法は食材選び 雑穀や全粒粉 根菜類がおすすめ

お金をかけずに自宅で5キロ 無理せず痩せるダイエットはひと口減らすことから始めよう

どうすれば、
自分なりの『適量』を見つけることができるのでしょうか?

別に難しいことを考える必要はありません。

とりあえず、
ひと口だけ減らしてみるというのはいかがでしょうか。

ひと口だけなら別に気になりませんよね。

満足感や満腹感も変わらないでしょうし、
逆に言えば、
そのひと口分だけ、余計に食べ過ぎていたということになります。

そのことに気づいたら、
今度はもうひと口、食べるのを減らしてみます。

これを繰り返す中で、ゆっくりと自分なりの『適量』を、
探っていくのが、無理せず痩せるダイエット法なんです。

この方法なら、お金は一銭もかかりませんし、
むしろ食べる量が減った分だけ安上がりなわけです。

「な~んだ そんなことだったのか」と思うかもしれませんが、
「このひと口が余計だったんだ!」
「ひと口減らしても ぜんぜん大丈夫なんだ!」という、
気づきこそがとても大切なのです。

誰のものでもない、自分自身の『気づき』だからこそ、
続ける力や変える力があるのです。

スポンサーリンク

少しずつ『適量』に近づけていくためには、
盛り付けの工夫も大切です。

基本は、いつもより「少しだけ少なく盛る」こと。

大皿にごっそりと盛り付けたりせずに、
「ちょっとたりないかな~」というくらいの感じで小皿に取り分けます。

目の前にあるとついつい食べきってしまいますが、
「足りなくなったら足せばいい」というつもりでいれば、
案外それで満足ということが多いはずです。

ご飯をよそうときも、
いつもよりひと口だけ少なくすることから始めます。

おかずも少し小さめに切って盛り付ければ、
同じ量でも個数が増え、見た目の満足感も高まります。

小皿に分けて盛ることで、一度に口にする量も少なくなるので、
ゆっくりとよく噛んで食べることにもつながります。

よく噛んで、ゆっくり食べることは、
ダイエットの基本中の基本です。

なぜ、早食いがいけないかというと、
それには脳とカラダの関係がかかわっています。

「お腹がいっぱい!」と感じるのは、
レプチンというホルモンが、脳の満腹中枢を刺激するからです。

そして、脳にレプチンが放出されるまでには20分くらいかかりますので、
早食いをしている人がお腹いっぱいだと感じた時には、
とっくに食べ過ぎの状態になっているというわけです。

ゆっくりと食べることは、食材の美味しさに気づいたり、
自分の味覚を再発見することにもつながります。

噛めば噛むほど、
ごまかしのない食材本来の味が引き出されるからです。

そのうちに、
『美味しいものと美味しくないもの』
『好きなものと嫌いなもの』
『美味しいと思っていたけれど、実は美味しくないもの』
『嫌いだと思い込んでいたけれど、実は好きだったもの』など、
いろいろなことに気づくはずです。

情報や雰囲気に振り回されるのではなく、
自分なりの『美味しい』を再発見することも、
ダイエットの大切なプロセスです。

スローダイエットのやり方で効果的な3つの基本食材 大豆・青魚・海藻の取り入れ方

お金をかけずに自宅で5キロ 無理せず痩せるダイエット法は適量を知ってリバウンドにさようなら

適量に気づくというプロセスは、
たとえば、自転車に乗る練習をするようなものです。

カラダでバランスをとりながら、
前を見て、足でペダルをこいで、ハンドルを操ります。

実はかなり複雑なことを自転車の運転ではやっているのです。

最初は全部の動きがバラバラですが、
何度も転んだりしながら練習しているうちに、
ある日突然『できた!』という瞬間がやって来ます。

これが『気づき』の瞬間です。

いったんカラダでコツをつかんでしまえば、あとは簡単!

どこへだって自由に行くことができます。

ダイエットも同じことで、
心とカラダ、満足と満腹、カロリーと栄養のバランスが、
崩れたままでは、ダイエットのペダルをこぎ出すことはできません。

少しずつ食べる量を加減したり、食べ方を工夫しながら、
満足感や満腹感のバランスを探っていくことなのです。

体調や気分、体重の変化をチェックしながら、
心とカラダのバランスを整えることが肝です。

焦らずにゆっくりとダイエットを進めていけば、
必ず『できた!』という自分なりのポイントが見つかるはずです。

料理をすることは、
『食』をコントロールする強力な手段になります。

コンビニのお弁当やサンドイッチ、できあいの惣菜、
ファーストフードのハンバーガー・・・・

自分の見えないところで調理されたものばかりを食べていたのでは、
ダイエットもなかなかうまくいきません。

料理とは、あらかじめ煮たり焼いたり、調理することで、
消化や分解の手助けをする大切なプロセスです。

食べることは料理の段階からはじまっているのです。

ですから、
ダイエットはキッチンからはじまっているのです。

ダイエットに適した食材選びからはじまって、
油や砂糖の量を考えたり、
肉や魚の下ごしらえをして余分な脂肪を抜いたりしておけば、
極端に量を減らす必要もなくなります。

毎日料理をするのはちょっと大変という人も、
週末にひと手間かけておけば、平日は手抜き料理が楽しめます。

週に一回でも、自分で料理をする習慣を身につけておけば、
外食やコンビニとのつきあい方も少しずつ変わってくるはずです。

散歩の楽しさは、ゆっくり歩くというプロセスの楽しさです。

目的地を目指して急ぐダイエットは、
通勤や通学のようなもので、
目的に到達したとしても、カラダに無理がきていたり、
知らず知らずのうちにストレスが溜まっていたりします。

ダイエットは、そのプロセスを楽しみましょう!

ダイエットのプロセスが楽しければ、
目的地にたどり着くのも『あっという間』に感じるはずです。

ですから、もっとプロセスを楽しもうというのが、
無理せず痩せるダイエットの提案なのです。

目的が何であれ、
ダイエットは食生活を見直す大きなきっかけになります。

単に「あれを食べる」「これを食べなさい」という二者択一ではなく、
食材選びから始まって、
料理すること、美味しく食べること、上手に残すことまで含めた、
一連のプロセスが無理せず痩せるダイエットなのです。

あとがき

いろんなダイエット法があって、
効果が期待できそうな方法でも、
続けられなくては意味がないですし、
途中でやめたとたんにリバウンドが始まります。

無理なく続けられるダイエットこそ、
無理なく痩せられるダイエットなわけですね。

スポンサーリンク

-美容と健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

老化現象の筋肉痛と四十腰や五十肩 痛みが遅れる原因は年齢による体力の低下?

スポンサーリンク 老化現象による筋肉痛や、 四十腰や五十肩と言われる痛みは、 普段のお生活において辛いものがあります。 また、2~3日遅れて筋肉の痛みがやってくるのも、 老化現象と言われますが、 それ …

酢にんにくの作り方 電子レンジで臭いもなく効能効果はそのまま簡単に作れる

酢にんにくがカラダにイイということは良く知られています。 スポンサーリンク お酢もにんにくもそれぞれが有効な健康食材ですから、 二つを同時に摂れるのなら、 その効能効果は言うことないというものです。 …

カラダに良いアブラと悪いアブラの違いは? オメガ3脂肪酸を多く含む食材は?

スポンサーリンク 近頃、テレビのCMなどで『オメガ3脂肪酸』という名前を耳にします。 このオメガ3脂肪酸は“脂肪酸”ですから『アブラ』です。 “アブラ”と聞くと、 『太りそう~!』とか『健康に良くない …

ギムネマに副作用はあるのか?効果的な飲み方と一日の摂取量はどれくらい?

ギムネマに副作用はあるのでしょうか?! スポンサーリンク ギムネマは、ダイエットに高い効果が期待できるとして、 ここ最近、注目されているサプリメントです。 食べた物の糖質の吸収を抑える作用があり、 食 …

アカモクとはどんな海藻なのか?栄養成分はなにで効果的な食べ方は?

「あかもく」をご存じですか? スポンサーリンク アカモクは、健康志向の方に今とっても話題になっている海藻です。 さらに健康だけでなく、 美容にも優れた成分がいっぱい入っていると言われるアカモク。 でも …