興味津々

誰もが気になる巷の話題 知ってて得する耳より情報など 好奇心をそそる興味津々なお話しを集めました

グルメ 京都

わらび餅 京都でおすすめ人気の名店ランキング売り切れ御免のベスト5選

投稿日:


京都と言えば和菓子が有名ですが、
お茶席で頂く『生菓子』や、
神社仏閣の門前で売られている『門前菓子』、
京都人のおやつとして親しまれてきたお饅頭などがあります。

そんな中で、
わらび餅は家で作って食べる庶民のおやつでした。

でも今ではそのわらび粉も、
本物は入手困難なうえにたいへん高価なものになり、
わらび餅は、専門店で売られています。

京のわらび餅、そのお味はさすが専門店だけあって、
家庭では再現できない食感が素晴らしいのです。

わらび餅は冷たい夏のお菓子でしたが、
いまや一年中いただける、京都の代表銘菓となったようです。

是非一度、この京都のわらび餅を食べてみてください、
食感の違いが衝撃的です。

スポンサーリンク
  

わらび餅 京都でおすすめ売り切れ御免 人気の食感は?

わらびもちは、
わらびの根などから抽出されたデンプンに、
水や砂糖などを加え、黒色になるまで加熱して作ります。

蕨粉は山菜の蕨の地下茎を叩いてほぐし、
洗い出して精製したでんぷんです。

葛の肥大した根から、蕨と同じようにして精製する葛もありますが、
蕨粉は葛粉以上に原料を採取することや、製造する手間が多く、
効率も悪いので、製造する人が少なっています。

約10㎏の蕨の根から採れるわらび粉は、
僅か70gほどしか抽出できません。

しかも、寒さの厳しい冬の時期にわらびの根っこを掘って、
何度も冷たい水で繰り返し濾して、
蕨粉ができるまでに十数日かかると言う、効率の悪い手仕事なのです。

そんな希少な原材料の本蕨粉を使って作られる京都のわらび餅は、
醍醐天皇の好物だったと伝えられています。

わらび粉は、奈良県が名産地で、
奈良や近くの京都ではわらび餅の専門店が数多く見られます。

京都のわらび餅のおいしさを、言葉で伝えるのはとても難しいのですが、
きっと、これまで『わらび餅』と思っていたものと、
全く違うことに気づくはずです。

あのトロトロ感というか、ぷるぷる感というか・・・・
るるるる感なんです!

わらび餅 京都でおすすめ人気の名店ランキングベスト5選

茶洛 京わらび餅


午前中に売り切れてしまうこともよくあるほどの名作“わらび餅”
持ち上げるときに崩れてしまいそうなほどのとろける食感と上品な甘さ、
蕨の香りに思わず顔がほころびます。
洒脱な包装紙も素敵で、
シナモンが入った肉桂味とショウガ味、抹茶味があります。

10個入り…1000円 
お持ち帰りのみです

京都市上京区今出川大宮西入る元北小路町147
電話 075-431-2005
営業時間 11時~売り切れ次第
定休日 木曜日と第3水曜日

茶洛 http://www.saraku.jp/

洛匠 草わらび餅


高台寺参道、ねねの道に茶店を構える『洛匠』のわらび餅は、
宇治の『小山園』の高級抹茶をたっぷりと使った草わらび餅です。
上質のわらび粉をじっくりと手作りで練りあげられていて、
ぷるぷるとした食感と、
たっぷりとかけられたきめ細かいきな粉の香ばしさに驚きます。

一人前(箱入り)…525円~ 
甘味処スペースあり 庭を見ながら洛匠のスイーツがいただけます。

京都市東山区高台寺北門通下河原東入(京都市東山区鷲尾町516)
電話 075-561-6892
営業時間 9時30分~18時
定休日 不定休

洛匠 http://rakusyou.co.jp/
発送しています。
ご注文に関しましては、電話またはFAXで承ります。
TEL:075-561-6892
FAX:075-541-1235
受付時間:9時30分〜18時
店が休みの場合は受付できません。

京甘味 文の助茶屋 わらびもち


『文の助茶屋』は、明治末期、落語家の二代目・桂 文之助がはじめた、
由緒ある茶店です。
名物のわらびもちは、まろやかでコシのある食感と肉桂(ニッキ)の風味、
二度煎りきな粉の香りが絶妙に融合しています。
京都の地図を描いた包装紙も素敵です。

スポンサーリンク

京都市東山区下河原通東入八坂上町373
電話 075-561-1972
営業時間 10:30~17:30(ラストオーダー)
定休日 不定休
お取り寄せあります。

文の助茶屋 http://www.bunnosuke.jp/eccube/
清水店 
〒605-0862 京都市東山区清水3丁目333-3
075-561-3172

甘味どころ ぎおん小森 本わらびもち・抹茶本わらびもち


風情ある京町屋でわらびもちパフェなど、
本格的な和スイーツが楽しめる『小森』では、
わらび餅のお持ち帰りもできます。
ふるふるとした食感で上品な甘味があり、
たっぷりとかけられた上質の抹茶の鮮やかさにも驚嘆です!

本わらびもち 12個箱入り…840円
抹茶本わらびもち 12個箱入り…950円

京都市東山区新橋通大和大路東入元吉町61
電話 TEL.075-561-0504 FAX.075-551-3351
営業時間 11:00~21:00(日・祝 20:00)
定休日 毎週水曜日(祝日の場合は営業します)

ぎおん小森 http://www.giwon-komori.com/

先斗町 駿河屋 ひとくちわらび


明治三十一年の創業以来、京の花街の一つ 先斗町にお店を構える、
『先斗町 駿河屋』の代表銘菓『ひとくちわらび』は、
舞妓さんも食べやすいひとくちサイズのわらびもちです。
貴重な本わらび粉を使った、柔らかなわらび餅と、
さっぱりとした餡の調和が絶妙な味わいです。
千鳥をデザインした包装紙も可愛くておしゃれです。

ひとくちわらび 6個箱入り…1456円~

京都市中京区先斗町三条下ル
電話 075-221-5210
営業時間 10:00~18:00
定休日 火曜日

先斗町 駿河屋 http://www.pontocho-surugaya.com/

あとがき

わらび粉を水で溶いて、弱火にかけ、ず~っと混ぜ続けます。
手がだるくなっても混ぜ続けます。
「いつまでやるんやろ?」と思いながら、混ぜ続けます。
「こんなん一生、固まらへんし~~~!」って思てたら、
くくくっと急に固まるんです。
わらび餅!
昔、おばあちゃんと一緒によく作りました。
懐かしい味ですけど、専門店には勝てません!
あの『るるるる感』は、どうしたらできるんでしょうか?

スポンサーリンク

-グルメ, 京都
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

天龍寺 庭園の歴史 その様式の特徴と見どころは?拝観料とアクセスは?

スポンサーリンク 京都・嵯峨天龍寺の庭園には深い歴史があります。 天龍寺の美しい庭が何故作られたのか。 また、その美しい庭を湛える天龍寺が、 この嵐山の地に建てられたのは・・・ 天龍寺と天龍寺の庭の特 …

柴漬け 京都の有名な老舗ランキングベスト8店と簡単な作り方をご紹介!

しば漬けは京漬物として人気のあるお漬物です。 有名なしば漬けやさんは、京都にはたくさんありますが、 老舗のしば漬けやさんはどのお店も自慢の味を伝承されています。 その家に伝わる手作りのしば漬けは、 老 …

梅シロップと梅酵素ジュースの作り方は簡単!違いは何?カラダに良い効能は?

スポンサーリンク 梅ジュースと梅酵素ジュースって いったい何が違うのでしょうか 疲労回復に良いといわれる梅酵素ジュース その梅酵素ジュースを作るための 梅シロップはどうすれば作れるのかを調べました 新 …

京都の和菓子でお土産に人気のオススメは?日持ちのする京都らしいものとは?

スポンサーリンク 京都の和菓子でお土産に人気のあるおススメをご紹介します。 お土産ですから日持ちのするもので、 手土産として貰った人が食べやすかったり、 みんなで分けやすいものがいいですね。 京都観光 …

祇園祭 宵山の見どころおすすめコース屏風祭とちまき売り唄の歌詞は?

スポンサーリンク 祇園祭は夏の京都の風物詩で  日本三大祭りの一つです 7月1日の吉符入から始まり  7月31日の疫神社夏越祭まで たくさんの行事日程がある長いお祭りです 祇園祭には前祭りと後祭りがあ …