興味津々

誰もが気になる巷の話題 知ってて得する耳より情報など 好奇心をそそる興味津々なお話しを集めました

グルメ 年中行事・イベント

おはぎとぼたもちの違いは何?こしあんとつぶあん お米の粒を残しているのは?

投稿日:2018-07-22 更新日:

お彼岸の食べ物と言えば、
お餅を“あんこ”でくるんだ『おはぎやぼたもち』ですが、
春のお彼岸と秋のお彼岸では、
おはぎやぼたもちといった呼び方の違いや、
大きさや形の作り方に違いがあります。

大きいのがぼたもちで、小さいのがおはぎ?
丸い形と楕円形、どっちがどっち?
こしあんがおはぎで、粒あんがぼたもち?
米粒が残っているのがおはぎで、完全に餅になっているのがぼたもち?

など、色々な諸説が巷にあふれていますが、
お彼岸のあんころ餅、本当のところは一体どれが正解なのでしょうか。

お彼岸に食べる「ぼたもち」と「おはぎ」の違いについて、
一般的なところをまとめてみました。

スポンサーリンク
  

おはぎとぼたもちの違い はなに?

お彼岸に食べる『おはぎとぼたもち』
呼び方が違いますが、
実は、基本的に同じもので、違うのは食べる時期だけなのです。

おはぎとぼたもち、呼び方の違いはどうでしょう?

「ぼたもち」の「ぼた」は「牡丹」のことで、
牡丹の花は、春の花です。

ですから、ぼたもちは牡丹の季節、春のお彼岸に食べるものの事で、
あずきの粒をその季節に咲く牡丹に見立てたものなのです。

ではなぜ、「おはぎ」は秋のお彼岸に?ということですが、

「はぎ」は「萩」のことで、
秋の草花である萩に由来しているのです。

おはぎは、萩の季節、秋のお彼岸に食べるものの事で、
あずきの粒をその季節に咲く萩にに見立てたものなのです。

春のお彼岸に食べるあん餅は、「ぼたもち」
秋のお彼岸に食べるあん餅は、「おはぎ」

という風に、呼び分けているということなんですね。

四季の移ろいや季節感を生活の中に取り入れる、
日本人らしい、風流な呼び方ですね。

ですから、おはぎとぼたもちは、
それぞれ“お萩(はぎ)”“牡丹餅(ぼたもち)”と、漢字で書きます。

おはぎとぼたもち、形の違いはどうでしょう?

「おはぎ」と「ぼたもち」では、大きさが違います。

おはぎはぼたもちより小さめに作り、
その形もやや楕円形にすることで、萩の花に似せています。

ぼた餅の方の牡丹の花は、大きくぽってりとしたまあるいはななので、
ぼた餅は牡丹の花に見せて大きく丸い形に作ります。

おはぎとぼたもち こしあんとつぶあんの違いは?

おはぎやぼたもちのあんこには、なぜ小豆を使われるのでしょう?

それは、あんこに使われる「あずき」には、
古くから悪いものを追いはらう『魔除け』効果があるとされて来たからです。

春は、種をまき、食物の成長や豊作を願う季節、
秋は、食物の収穫に感謝する季節です。

この時期に『魔除け』となるあずきを使った食べ物を食べたり、
ご先祖さまに感謝することは、
自然への感謝や祈りとも深くむすびついているのです。

昔の人々は、自然を暮らしの中に上手にとりいれていました。

季節の花を意識して食べ物の呼びかたやかたちを変え、
ご先祖さまの供養を行う、
こうした風習は、ずっと変わらずに残していきたいものです。

スポンサーリンク

おはぎとぼたもちに、こしあんとつぶあんどっちを使う?

『こしあんを使っているのがおはぎで、ぼた餅には粒あんを使う』
またその逆の説もありますが、どちらが正しいのでしょうか?

おはぎを作る秋のお彼岸頃は、
ちょうど小豆の収穫時期で、
収穫したばかりの小豆は、皮が柔らかく、
そのまま餡に炊いて使えたので粒あんにすることが多いようです。

春先に作るぼたもちは、
去年の秋に獲れた小豆を使うのですが、
皮の部分が少々硬くなっているので、
皮の部分を取り除いたこしあんにして使っていたということです。

現在では、こしあんも粒あんも、
おはぎやぼたもちに関係なく、好みとしてどちらでも作られています。

おはぎとぼたもち お米の粒を残しているのはどっち?

うるち米で作るものが「おはぎ」で、
もち米で作るものが「ぼたもち」とする説や、
「ぼたもち」は、もち米とうるち米を混ぜたものを使うという説、
米粒が残っているのがおはぎで、
完全に餅になっているのがぼたもちとする説など、諸説あります。

もち米や、もち米とうるち米を混ぜたものを、
蒸す、あるいは炊いてから、
米粒が半分残る程度に軽く潰して丸めたものに、
餡をまぶした食べ物を『半殺し(はんごろし)』と呼び、
おはぎとぼたもち、どちらにも使われる作り方です。

また、米粒を殆どなくなるまで潰したものを、
『皆殺し(みなごろし)』とか『本殺し(ほんごろし)』と呼び
これも、おはぎとぼたもち、どちらにも使われる作り方です。

おはぎとぼたもちのちがいについては、
食材事典などでは食品としては同じものとし、
おはぎとぼたもちは名前が異なるだけで、
同じものを指すものとして扱われている場合が多いようです。

そして近頃は、
ぼたもちとおはぎとの区別は次第に薄れてきています。

ところで、お彼岸とは関係なく、
おはぎやぼたもちと同じ、餅を小豆でできた餡で包んだものに、
『あんころ餅』というものがあります。

あんころ餅は、餡が餅の衣になっていることから、
「餡衣餅(あんころももち)」と呼ばれ、
それが「あんころ餅」になったという説があります。

おはぎやぼたもちと同一視されることもありますが、
あんころ餅の場合、中身が完全な餅であるという点で、
おはぎやぼたもちとは区別されていることが多いようです。

したがって、おはぎとぼたもちの決定的な違いとしては、
『おはぎ』は、ぼたもちより小さめで、楕円形に作られていて、
『ぼたもち』は、牡丹の花のようにぽってりと丸く作られている、
ということです。

おはぎやぼたもちに使われているアンコの、
『つぶあん』『こしあん』の違いも、
使われているお餅に、米粒が残っているかいないかについても、
全く決まったことは何もなく、
それぞれ地方によって、
いろいろと伝えられているものがあるということです。

また、おはぎやぼたもちどちらにも、
きな粉を使ったものや、青のり、黒ゴマを使ったものがあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

井村屋謹製 つぶあん(750g)【井村屋】
価格:548円(税込、送料別) (2018/9/20時点)

楽天で購入

あとがき

秋のお彼岸には「おはぎ」を食べ、
春のお彼岸には「ぼたもち」を、美味しくいただく。

おはぎやぼたもちが、呼び方が違っても、作り方が違っても、
アンコ好きの私は、おはぎとぼたもち どちらも大好きです。

秋のお彼岸や春のお彼岸に限らず、
一年中、食べたいと思っていたのですが、
おはぎやぼたもちと同じものを、
夏は『夜船』 冬は『北窓』というそうです。

日本人の感性やボキャブラリーって素敵ですね!

スポンサーリンク

-グルメ, 年中行事・イベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

クリスマスに七面鳥を食べる理由は?味は美味しいの?日本人が食べないのは?

スポンサーリンク クリスマスのホームパーティーで、 七面鳥の丸焼きがテーブルに飾られているシーンを、 アメリカ映画などで見かけます。 海外ではクリスマスのメニューに、 七面鳥は定番のようですが、 クリ …

生しらすの旬な時期はいつで有名な産地はどこ?美味しいしらす丼の食べ方は?

『生しらす丼』美味しいですね! スポンサーリンク “生しらす丼 ”の文字を見ると、春が来たな~!って感じます。 生しらすは『生』というだけあって鮮度が命! 獲れたてでなくてはいけません! では、生しら …

年越しそばの具ランキングで人気の具材は何?地域の違いと食べる意味は?

年越しそばには、どんな具が入ったお蕎麦がお好きですか? 年越しそばの具をランキングしてみました。 大晦日の年越しそばに入れる具は、地域ごとに違いがあります。 また、その具材を食べる意味についてもお伝え …

わらび餅とくず餅の違いは何?原料や作り方の違いとカロリーは?

スポンサーリンク よく冷えたわらび餅は 暑い夏には最高の和菓子ですね そんなわらび餅 原材料は何で出来ていると思いますか? 葛粉それとも片栗粉  わらび餅はやっぱり山菜の蕨から作る本蕨粉を使って作るの …

看護の日が制定された由来は? 看護師になりたい人へのイベントと看護体験の内容は?

スポンサーリンク 毎年5月12日は看護の日 2017年の看護の日は5月二週目の金曜日です 12日を含む週の日曜日から土曜日までが 「看護週間」で 2017年は  5月7日(日曜日)から13日(土曜日) …