暦の見方 二十四節気七十二候のカレンダーに書かれた意味と季節の表現は?

年中行事・イベント


暦の見方って難しいですね。

二十四節気や七十二候といった言葉も、
普段あまり使われないのですが、
カレンダーに書かれた二十四節気や七十二候の文字には、
どのような意味があるのでしょうか。

暦の中の、二十四節気や七十二候がどういうもので、
何を表現しているのか、
また、二十四節気や七十二候はどのようにして分けられているのか、
わかりやすく簡単にまとめてみました。

  

暦の見方 二十四節気とは何?

太陰暦が用いられていた古代中国では、
日付と太陽の位置とは無関係なものでした。

そのため、春・夏・秋・冬という季節の訪れと、
暖・暑・涼・寒といった気候の感じ方にずれが生じていました。

この季節感のずれを補完するために、日付とは別に、
太陽の黄道上の位置、黄経制度(周天三百六十度のこと)を、二十四等分し、
一区切り(1期)を、約15日とし、
1期のそれぞれに節気を配置して、気候の推移がわかるようにしました。

これを二十四節気と言います。

暦の見方で二十四節気の分け方とは

黄道とは、地球から見た、太陽の通り道の事で、
黄道と「天の赤道」(地球の赤道を宇宙に向けて伸ばした線)の、
交わるところを、「春分点」「秋分点」と言います。

現代の四季の分類では、
春は三月~五月、夏は六月~八月、秋は九月~十一月、
冬は十二月~二月になりますが、
中国の二十四節気は、黄河の中流から下流域の気候を基準にしているので、

日本の季節とは少し異なり、
ひと月ほど先取りすることになります。

二十四節気というのは、太陽の見え方でもあり、一年で一巡します。

夜が最も長い『冬至』や、昼が最も長い『夏至』は、よく知られていますが、
冬から夏に向かう間で、昼と夜の長さが等しくなる日を『春分』
夏から冬に向かう間で、昼と夜の長さが等しくなる日を『秋分』といいます。

また、冬至と春分の真ん中に『立春』があり、
春分と夏至の真ん中に『立夏』があります。

夏至と秋分の真ん中には『立秋』、秋分と冬至の真ん中に『立冬』があります。

これらの『冬至・立春・春分・立夏・夏至・立秋・秋分・立冬』は、
二十四節気です。

二十四節気には『春・夏・秋・冬』という四季があります。

暦の見方 二十四節気の季節を表わす名称と日付

🌞 春の季節は

初春・・・立春(2月4日頃) 雨水(2月18日頃)

仲春・・・啓蟄(3月5日頃) 春分(3月21日頃)

晩春・・・清明(4月5日頃) 穀雨(4月20日頃)
https://kyoumi.click/5865.html

🌞 夏の季節は

初夏・・・立夏(5月5日頃) 小満(5月21日頃)

仲夏・・・芒種(6月5日頃) 夏至(6月21日頃)

晩夏・・・小暑(7月7日頃) 大暑(7月23日頃)

🌞 秋の季節は

初秋・・・立秋(8月7日頃) 処暑(8月23日頃)

仲秋・・・白露(9月8日頃) 秋分(9月23日頃)

晩秋・・・寒露(10月8日頃) 霜降(10月23日頃)

🌞 冬の季節は

初冬・・・立冬(11月7日頃) 小雪(11月22日頃)

仲冬・・・大雪(12月7日頃) 冬至(12月22日頃)

晩冬・・・小寒(1月6日頃) 大寒(1月21日頃)

二十四節気の二十四というのは、
旧暦のお正月でもある『立春』に始まり、
一つの季節が六つに分けられ、季節に適した名称が付けられています。

二十四節気 啓蟄の意味は何?七十二候の蟄虫啓戸 桃始笑 菜虫化蝶とは
二十四節気の啓蟄には、 『蟄虫啓戸』『桃始笑』『菜虫化蝶』という、 三つの『七十二候』があります。 一年には春夏秋冬の四季がありますが、 四季の移り変わりを表すために、 一年を太陽の動きで二十四に分けたものが二十四節気...

暦の見方 七十二候が表現するものとは

二十四節気を、さらに約五日ずつ三つに分けて、
時候の様子を表したものが『七十二候』と言います。

古代中国の二十四節気に対し、七十二候の名称は、
日本の季節に合うように、何度か改訂されています。

七十二候を分類すると、自然現象が二十一候、鳥が十七候、植物が十七候、
虫が九候、動物が七候、魚が一候となっています。

風や雷、雨などの自然や、気候の表現が最も多く、
季節を知る重要な要素だったようです。

暦の見方 七十二候の名称とそれが表現する意味


✡ 立春(2月4日頃~)

第1候 東風解凍 (こちこおりをとく)
東風が厚い氷を解かし始める

第2候 黄鶯睍睆(うぐいすなく)
鶯が山里で鳴き始める

第3候 魚上氷(うおこおりをいずる)
割れた氷の間から魚が飛び出る

✡ 雨水(2月18日頃~)

第4候 土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)
雨が降って土が湿り気を含む

第5候 霞始靆(かすみはじめてたなびく)
霞がたなびき始める

第6候 草木萌動(そうもくめばえいずる)
草木が芽吹き始める

✡ 啓蟄(3月5日頃~)

第7候 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)
冬蘢りの虫が出て来る

第8候 桃始笑(ももはじめてさく)
桃の花が咲き始める

第9候 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)
青虫が羽化して紋白蝶になる

✡ 春分(3月21日頃~)

第10候 雀始巣(すずめはじめてすくう)
雀が巣を構え始める

第11候 桜始開(さくらはじめてひらく)
桜の花が咲き始める

第12候 雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)
遠くで雷の音がし始める

✡ 清明(4月5日頃~)

第13候 玄鳥至(つばめきたる)
燕が南からやって来る

第14候 鴻雁北(こうがんきたへかえる)
雁が北へ渡って行く

第15候 虹始見(にじはじめてあらわる)
雨の後に虹が出始める

✡ 穀雨(4月20日頃~)

第16候 葭始生(あしはじめてしょうず)
葦が芽を吹き始める

第17候 霜止出苗(しもやんでなえいづる)
霜が終り稲の苗が生長する

第18候 牡丹華(ぼたんはなさく)
牡丹の花が咲く

✡ 立夏(5月5日頃~)

第19候 蛙始鳴(かわずはじめてなく)
蛙が鳴き始める

第20候 蚯蚓出(みみずいづる)
蚯蚓が地上に這出る

第21候 竹笋生(たけのこしょうず)
筍が生えて来る

✡ 小満(5月21日頃~)

第22候 蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)
蚕が桑を盛んに食べ始める

第23候 紅花栄(べにばなさかう)
紅花が盛んに咲く

第24候 麦秋至(むぎのときいたる)
麦が熟し麦秋となる

✡ 芒種(6月5日頃~)

第25候 螳螂生(かまきりしょうず)
螳螂が生まれ出る

第26候 腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)
腐った草が蒸れ蛍になる

第27候 梅子黄(うめのみきばむ)
梅の実が黄ばんで熟す

✡ 夏至(6月21日頃~)

第28候 乃東枯(なつかれくさかるる)
夏枯草が枯れる

第29候 菖蒲華(あやめはなさく)
あやめの花が咲く

第30候 半夏生(はんげしょうず)
烏柄杓が生える

✡ 小暑(7月7日頃~)

第31候 温風至(あつかぜいたる)
暖い風が吹いて来る

第32候 蓮始開(はすはじめてひらく)
蓮の花が開き始める

第33候 鷹乃学習(たかすなわちわざをなす)
鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える

✡ 大暑(7月23日頃~)

第34候 桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)
桐の実が生り始める

第35候 土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)
土が湿って蒸暑くなる

第36候 大雨時行(たいうときどきにふる)
時として大雨が降る


✡ 立秋(8月7日頃~)

第37候 涼風至(すづかぜいたる)
涼しい風が立ち始める

第38候 寒蝉鳴(ひぐらしなく)
蜩が鳴き始める

第39候 蒙霧升降(ふかききりまとう)
深い霧が立ち込める

✡ 処暑(8月23日頃~)

第40候 綿柎開(わたのはなしべひらく)
綿を包む萼(がく)が開く

第41候 天地始粛(てんちはじめてさむし)
ようやく暑さが鎮まる

第42候 禾乃登(こくものすなわちみのる)
稲が実る

✡ 白露(9月8日頃~)

第43候 草露白(くさのつゆしろし)
草に降りた露が白く光る

第44候 鶺鴒鳴(せきれいなく)
鶺鴒(せきれい)が鳴き始める

第45候 玄鳥去(つばめさる)
燕が南へ帰って行く

✡ 秋分(9月23日頃~)

第46候 雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)
雷が鳴り響かなくなる

第47候 蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)
虫が土中に掘った穴をふさぐ

第48候 水始涸(みずはじめてかる)
田畑の水を干し始める

✡ 寒露(10月8日頃~)

第49候 鴻雁来(こうがんきたる)
雁が飛来し始める

第50候 菊花開(きくのはなひらく)
菊の花が咲く

第51候 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)
蟋蟀が戸の辺りで鳴く

✡ 霜降(10月23日頃~)

第52候 霜始降(しもはじめてふる)
霜が降り始める

第53候 霎時施(こさめときどきふる)
小雨がしとしと降る

第54候 楓蔦黄(もみじつたきばむ)
もみじや蔦が黄葉する

✡ 立冬(11月7日頃~)

第55候 山茶始開(つばきはじめてひらく)
山茶花が咲き始める

第56候 地始凍(ちはじめてこおる)
大地が凍り始める

第57候 金盞香(きんせんかさく)
水仙の花が咲く

✡ 小雪(11月22日頃~)

第58候 虹蔵不見(にじかくれてみえず)
虹を見かけなくなる

第59候 朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)
北風が木の葉を払い除ける

第60候 橘始黄(たちばなはじめてきばむ)
橘の実が黄色くなり始める

✡ 大雪(12月7日頃~)

第61候 閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)
天地の気が塞がって冬となる

第62候 熊蟄穴(くまあなにこもる)
熊が冬眠のために穴に隠れる

第63候 鱖魚群(さけのうおむらがる)
鮭が群がり川を上る

✡ 冬至(12月22日頃~)

第64候 乃東生(なつかれくさしょうず)
夏枯草が芽を出す

第65候 麋角解(おおしかのつのおつる)
大鹿が角を落とす

第66候 雪下出麦(ゆきわたりてむぎいづる)
雪の下で麦が芽を出す

✡ 小寒(1月6日頃~)

第67候 芹乃栄(せりすなわちさかう)
芹がよく生育する

第68候 水泉動(しみずあたたかをふくむ)
地中で凍った泉が動き始める

第69候 雉始雊(きじはじめてなく)
雄の雉が鳴き始める

✡ 大寒(1月21日頃~)

第70候 款冬華(ふきのはなさく)
蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出す

第71候 水沢腹堅(さわみずこおりつめる)
沢に氷が厚く張りつめる

第72候 鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)
鶏が卵を産み始める

カレンダーにある大安や仏滅の意味と使い方・決め方 六曜の起源と信憑性は?
カレンダーにある大安や仏滅にはどのような意味があるのでしょうか? 何かの行事の日程を決めるとき、 大安や仏滅、友引などと言った、 カレンダーに書かれている暦の意味を、気にすることがあります。 何故、大安や仏滅といった...

あとがき

春分や秋分、夏至や冬至はよく知られていますが、
二十四節気七十二候、
約五日ごとに付けられた季節の名称には、
その時期の様子を表す言葉で記されています。

手紙などで季節を表わすときに、
ちょっと知っているとカッコいいですね!