フェルメール展2018 上野の森美術館 混雑は必至!前売りチケット入手法は?


フェルメールが日本にやって来ます!
前回、
93万人という入場者数を記録したフェルメール展。

2018年上野の森美術館のフェルメール展も、
【フェルメール展 東京展閉幕!】
終わってしまいました。

大阪市立美術館 特別展は、
2019年2月16日(土)~5月12日(日)までです。

是非ともチェックを!

  

フェルメール展 2019 大阪市立美術館 特別展での開催日程

17世紀のオランダ絵画黄金期を代表する画家の一人、ヨハネス・フェルメール。
日本では過去最大となる2018年から2019年にかけての展覧会が、
上野の森美術館で開催されます。

フェルメール展2018には日本初公開の作品も含まれます。

世界屈指の人気を誇る画家
フェルメールの作品が8点も来日するというフェルメール展2018~2019。

日本美術史上最大規模なのは間違いないのですが、
日本で開催された過去のフェルメール展の入場者数を見ても、
7点が来日した2008年の東京都美術館では、
93万人の来場者数を記録したくらいですから、フェルメールの人気を考えると、
今回はさらに記録的な来場者数が予想され、混雑することは必至です。

大阪展
会期:2019年2月16日〜5月12日
会場:大阪市立美術館
住所:大阪市天王寺区茶臼山町1-82

なお、大阪展では大阪展でしか展示されない、
フェルメール作品の出品も予定されているというということです。

フェルメール展 初来日する作品を含め、 全フェルメール作品の中から8点が日本へやって来ます。 【フェルメール展 東京展は閉幕しま...

フェルメール展
東京展
会期:2018年10月5日〜2019年2月3日
会場:上野の森美術館
住所:東京都台東区上野公園1-2
【フェルメール展 東京展閉幕!】

フェルメール展 詳細 https://www.vermeer.jp/

フェルメール展 日時指定入場制とは?チケット前売り券発売はいつから?

フェルメール展2018がこの秋から来年にかけて開催されます。 このフェルメール展のチケット発売に 『日時指定入場制』が導入されます。...
フェルメール展 チケット発売日と来日作品決定!日時指定入場制入場料は?
https://kyoumi.click/4292.html

フェルメール展2018上野の森美術館混雑は必至!展示作品

フェルメール展2018 上野の森美術館は、
記録的な来場者数が予想され、混雑することは必至です。

大混雑が予想されていることもあって、
美術展では適用されることが少ない「日時指定入場制」が導入されます。

大型展につきものの入場待ち時間解消を狙う目的ですが、
どのような形の「日時指定入場制」になるのかまだ発表になっていません。

フェルメール展2018 今回、上野の森美術館に展示される出品予定8点のうち、
今現在、以下の4点が明らかにされました。

《牛乳を注ぐ女》
1660年ころの作品
注がれる牛乳以外はすべて静寂に包まれている。
光りが細かい粒子で構成され、
ザラザラしたパンや、器の質感まで感じさせているのは見事です。

《マルタとマリアの家のキリスト》
1654〜56年頃の作品
フェルメールの作品中、最も初期の作品とされ、
新約聖書に記された逸話を絵画にしている。
フェルメールの作品では唯一の宗教画
158.5x141.5㎝と、現存するフェルメール作品の中で最も大きい。

《手紙を書く婦人と召使い》【初来日】
1670〜71年頃の作品
床のタイルや窓のステンドグラス、背景の絵画、机などが、
フェルメール好みの幾何学的な線や抽象的表現で構成されている。
床に落ちた封印と封蝋が、どこか秘密めいてどこか意味深。

《ぶどう酒のグラス》【初来日】
1661〜1662年頃の作品
フェルメールの初期から中期にかかる過渡期の作品で、
窓のステンドグラスには馬具を持つ女性が描かれ、
手綱を持っていることで『女性の節制』を表す寓意が込められていると言われる。

後の4点は、発表になり次第お知らせします。

フェルメールの作品は、生涯に残された作品数が、わずか30数点といわれ、
その希少性と、作品の美しさから、日本でもフェルメールの人気は絶大です。

今回のフェルメール展では、
フェルメールの作品が一挙に8点も観ることができるという、
日本美術史上最大規模の作品数が予定されています。

日本はもちろん、世界の美術展史に残る大ニュースです。

今回のフェルメール展では、
フェルメール以外の17世紀オランダ絵画を含め、約40点が見られます。

フェルメール展2018 上野の森美術館 前売りチケット入手法

フェルメール展2018は上野の森美術館で、
2018年10月5日(金)から2019年2月3日(日)まで開催されます。

「日時指定入場制」が導入されるということで、
前売り券でさえも、早々に完売、もしくは制限される可能性があります。

世界中のフェルメールのファンが注目しています。

2018年10月のスケジュールを空けて、楽しみに待っていましょう。
全ては春ごろ(4月頃)に発表されるということです。

一日も早くその情報を知りたいという人は、

イープラスhttp://eplus.jp/sys/main.jsp
チケットぴあhttp://t.pia.jp/event/art/
などに会員登録をすれば、
開催情報などをメルマガで配信してもらえますし、
そこからチケット購入もできます。

フェルメール展公式サイト https://www.vermeer.jp/

フェルメール展は、産経新聞の主催です。
いべさん(イベント産経)http://eventsankei.jp/ 
こちらからもフェルメール展の情報が得られます。

観覧料、開館時間などは2018年4月以降に発表されますので、
発表され次第 記事を更新します、ご了承ください。
プーシキン美術館展 旅するフランス風景画2018チケットと音声ガイド情報
ビュールレコレクション2018 国立新美術館 至上の印象派展チケット予約は?
ヘレンド展 パナソニック汐留 皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯

あとがき

随分前に一度観に行きました。
やっぱり見たい!何度も見たい!
フェルメールの絵は、
ラピスラズリの青が魅力です。
フェルメール展
史上最大の言葉に偽りはありませんね!
2018年の秋は楽しみです。