除菌と消毒の違いは何?滅菌や殺菌で浄化効果のあるグッズは?


快適で健康な暮らしのために、
身の回りは清潔に保っておくことが大切です。

菌やウイルスへの対策グッズはいろいろありますが、
「除菌」「抗菌」「殺菌」など、
使われている表現がいろいろと違うので、
どんな効果が期待できるのかわかりづらいですよね。

これらの言葉の意味と違いを調べてみました。

除菌と消毒の違いは何?

除菌と消毒は、
どちらも微生物などに対する作用を表す言葉ですが、
言葉の違いだけではなく本質にも大きな違いがあります。

簡単に言うと除菌は、
「微生物を除去すること」

消毒は、
「微生物を殺す、または無力化させること」
という違いがあります。

消毒と除菌の違いをもう少し詳しく見ていきましょう。

・消毒の意味

広い意味では、
「人体に有害な物質を除去、または無害化すること」です。

そして、
「ウィルスや細菌の能力を減退させること」
が本来の意味です。

消毒の方法には、
身近なアルコール類や塩素系の成分を含んだ薬品のほか、
煮沸、日光、紫外線、蒸気などがあります。

・菌を減らす「除菌」

菌を殺すよりも、
取り除くことを意味するのが「除菌」です。

清掃の現場では、
除菌シートなどを使用することは珍しくありませんが、
実は除菌にも、
明確な成分などの定義はないのです。

同じ場所を、
「除菌」と表示されていないシートで拭いても、
一定の菌は取り除かれるという意味では、
同じ除菌として扱うことも可能です。

その一方で、言葉の意味としては、
食品衛生法にて
「ろ過等により、原水等に由来して当該食品中に存在し、
かつ、発育し得る微生物を除去すること」

洗剤・石鹸公正取引協議会では
「物理的、化学的または生物学的作用などにより、
対象物から増殖可能な細菌の数(生菌数)を、
有効数減少させること」と定められています。

消毒は「細菌の能力を減退させること」で、
除菌は「菌を殺すよりも取り除くこと」という
違いがあるんですね。

除菌と消毒 滅菌や殺菌と浄化の違いは何?

除菌、消毒、滅菌、殺菌の違いについて説明します。

除菌と消毒について、おさらいしていきます。

・除菌

除菌とは菌を取り除くという事です。

菌を殺さなくても、
例えば塗布した面から菌を減らせればOKで、
どの程度菌を減らすかについても定義はありません。

つまり、
極論になりますが水洗いで手を洗っても除菌と言えます。

「除菌」という表現は、
アルコールスプレーや洗剤、
漂白剤などの雑貨品表示でよく使われていますが、

これは薬事法上、
医薬品や医薬部外品ではない製品では、
たとえ殺菌や消毒効果があっても、
「殺菌」や「消毒」を謳えないためです。

・殺菌とは

殺菌とは文字通り、
「細菌やウイルスを殺す」効果のことです。

ただし、
死滅させる菌の種類や、
死なせる量に明確な定義はありません。

例えば90%の菌が残ってしまっていても、
10%の菌が殺せていれば「殺菌」と謳うことができます。

「殺菌」という言葉は、
薬事法の対象となる消毒薬などの医薬品と、
薬用せっけんなどの
医薬部外品のみに使用できる表現なので、

例えば食器用洗剤に殺菌効果があったとしても、
「殺菌」という表現はできません。

・滅菌とは

滅菌とは、
有害・無害を問わず、
すべての菌(微生物やウイルス含む)を、
死滅・除去することです。

これは定義がはっきりとしていて、
菌や微生物ウイルスなどの残量が、
100万分の1になることをもって滅菌とされています。

電磁波や放射線を使用したり、
高圧や高熱をかけたりして滅菌処理するのが有名です。

菌の除去率で言えば最強だといえます。

・消毒とは

消毒とは、
細菌の能力を減退させることです。

先ほど説明した「殺菌」とも似ていますが、
消毒の目的はあくまで「無毒化」であり、

必ずしも細菌を死滅させていなくとも、
病原体の感染力を不活性化させたり、
病原体を危険ではない程度まで遠ざけることも
無害化にあたるので消毒に分類されます。

「消毒」という言葉も殺菌と同様に、
薬事法上の言葉で、
「医薬品」や「医薬部外品」のみに使用できます。

市販の消毒薬のように、
薬物で消毒するだけでなく、
煮沸消毒や日光消毒、
紫外線消毒、焼却消毒などの方法もあります。

・浄化

浄化とは簡単に言うと、
汚れたものを綺麗にするという意味です。

逆の言葉は“汚す”で、
浄化の正式な対義語は「汚染」です。

空気を汚すと言えば、
排気ガスやたばこの煙など物理的なものもありますが、

自然界に流れる
エネルギーのようなものが滞ることでも
同様のことが言えます。

使い方の例えは「心が浄化しました」があります。

除菌と消毒 滅菌や殺菌に浄化効果のあるグッズは?

まず、除菌グッズから紹介していきます。

■除菌グッズ

・花王 ビオレu 手指の消毒液 

天然成分からなるエタノールを使用し、
保湿成分配合で手肌にやさしい消毒液です。

手に素早くなじみ、サラッとした使用感で、
幅広いバイ菌を消毒。指定医薬部外品(薬用)です。

・ミューズ ハンドジェル

薬用せっけんでお馴染み
「ミューズ」のハンドジェルです。

サッとすぐに乾く速乾タイプ。

水もタオルもいらないので、
オフィスや学校、車内など、
場所を選ばずにどこでも「手洗い」ができます。

手の隅々まで広げやすいジェル状で、
ウイルスや細菌から守ってくれます。

■消毒グッズ

・ハンドラボ 手指消毒スプレーVH

速乾性手指消毒アルコールスプレーです。

本剤は、リン酸でpHを酸性にし、
有効成分(エタノール)の効果を高めています。

幅広いウイルス・細菌に対応します。

湿潤成分アラントイン配合。

・アルコールディスペンサー アルコール ディスペンサー

手をかざせばセンサーが感知して、
ちょうどいい量の消毒液を手に噴射。

本体に触れることなく、
清潔に手指の除菌・消毒ができるディスペンサーです。

■滅菌グッズ

・オキサイダー・スプレー

滅菌、除菌に対応しているスプレータイプです。

■殺菌グッズ

・エタプラスゲルA(500mL)

ジェルタイプなので、
液の飛散やこぼれ落ちがありません。

べたつきやヨレが少ない使用感で、
手指・皮膚の潤いを保ちます。

※殺菌の作用は、
薬事法(現・医薬品医療機器法)に基づき
文言の表示などが規制されているため、
「殺菌」と表示できるのは、
消毒剤などの「医薬品」や、
薬用石けんなどの「医薬部外品」のみとされています。

■浄化効果グッズ

・【バラの香りが心を癒す】
Fairoza エクストラ ダマスクローズ
ヒーリング ミスト 浄化スプレー 20ml

お部屋に一吹きすると、
漂うバラの香りが室内の空気を浄化させ、
心を落ち着かせてくれます。

浄化グッズは、ストーンやお香など色々あります。

高価な物もありますが、
ここでは
お手軽に浄化できるグッズを紹介しました。

あとがき

このご時世、
電車のつり革やエスカレーターの手すり、
エレベーターのボタンなど、
たくさんの人が触れるところは要注意です。

外から帰宅したら、
手洗い、うがい、
そして除菌スプレーを使用しましょう。

特に予防対策には入念な手洗いが効果的です。

正しい知識と予防対策で、
健やかな毎日をお過ごしください。


応援よろしくお願いします!
プチっと応援 よろしくお願いいたします♪
人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする