初夢はいつ見る夢?枕の下に七福神の絵を敷く一富士二鷹三茄子がなぜ縁起物?

今年見た初夢を覚えていますか?

その初夢とは、いつ見る夢のことなのでしょう。

絶対今度こそ、
枕の下に縁起物の七福神が乗った宝船の絵を敷いて、
一富士二鷹三茄子の夢を見て、
一年の幸運をゲットして見せます。

初夢を見る日や、
枕の下に敷く、七福神が乗った宝船の絵、
初夢に見るといいとされている
一富士二鷹三茄子の由来についてまとめています。

  

初夢はいつ見る夢のこと?

『初夢』とは、いつ見た夢のことを言うのかを、
考えてみた経験はありますか?

大晦日、元日、一月二日、どの夜に見た夢が初夢?

一般的には、新年を迎えた後に、初めて見た夢のことを言うのですが、
日付に関しては三つの説があります。

初夢が出てくる最も古い文献は、
鎌倉時代、西行法師による『山家集』と言うものです。

当時は「大晦日の夜から元日の朝にかけて見る夢」が初夢でした。

大晦日の夜、早めに床についてしまい、
元日の朝に起きれば、年内に見た夢なのか、年明けに見た夢なのか、
区別がつかないはずです。

しかし、一日の区切りが日没で、
大晦日の夜に日が沈めば、
新年を迎えるという日付の捉え方をしていた影響もあったのでしょう。

ただし、昔は大晦日の夜は寝ることをせず、
歳神様をお迎えする風習もあったので、
「一月一日の夜に見る夢」が初夢に変わっていったということです。

ところが、元日は正月行事などで忙しく、
一月二日が物事を始める日という考え方が生まれ、
「一月二日の夜に見る夢」を初夢とすることが主流になって行ったのです。

初夢を見るために枕の下に敷く七福神の絵は縁起物?

いい夢を見るため、宝船の絵を枕の下に敷いて寝ていました。

初夢の内容が重視されるのは、
その年の運勢が初夢に表れると考えられていたからです。

室町時代からは、いい夢を見るために、
宝船の絵を枕の下に敷いて寝るという風習が生まれました。

当時の宝船の絵は、米俵を載せただけの簡素なものでしたが、

江戸時代の天保年間のあたりから、
七福神や宝物を乗せたきらびやかなものが流行るようになりました。

江戸幕府を開いた徳川家康は、
七福神を信仰いしていたと言われていて、
その影響から、各地に七福神を祀る寺社が建てられ、
これを巡ることで福が得られるとされています。

七福神とは、
大黒天・恵比寿・毘沙門天・弁財天・福禄寿・寿老人・布袋和尚の、
七柱のことです。

七福神の起源は、仏教の経典にある
『七難即滅 七福即生』(七つの災難が消え、七つの福徳が生まれる)
という経文に由来しているとされています。

海の向こうには宝島があり、
宝をいっぱい積んだ船がやってくるという幻想から、
宝船伝説が生まれました。

桃太郎の鬼ヶ島征伐から帰還する宝船も同じことです。

江戸時代には、大晦日の夜、
小遣い稼ぎに宝船の絵を描いて、それを売る者がいて、
人々はそれを買い求めたということです。

福の神の七福神とは、 どういう神様のことを言うのでしょうか? そして七福神には何という名前の神様がおられるのでしょう。 その読...
御寺泉涌寺楊貴妃観音像 中国・南宋から請来したとされる、 楊貴妃観音(重要文化財)も、 その美しさから、 美人祈願にご利益が...

初夢に「一富士 二鷹 三茄子」が縁起が良いとされる理由は?

江戸時代になると、縁起がいいとされる初夢の順位が、
「一富士 二鷹 三茄子」と言われるようになりました。

『富士山』は、日本一高くて美しいであることから、
立身出世や高い理想・目標などを表しています。

『鷹』は、賢くて強い鳥で、自由に空を舞うことから、
開運や可能性の広がりを象徴するとされました。

『茄子』は、物事を「成す」に因み、
子孫繁栄や蓄財に繋がるとされていました。

初夢にふさわしいとされることから、これらの三つはいずれも、
江戸幕府を開いた 徳川家康にあやかったという異説もあります。

「富士山 鷹狩り 初物の茄子」を、家康が好んだからということです。

あるいは、家康が晩年を過ごした駿河の国、
現在の静岡県の名物や特産品の高いものの順で、
「富士山 愛鷹山 初物の茄子の値段」が源だともいわれています。

また、富士山は『無事』、鷹は『高い』、茄子は『事を成す』にかけた、
縁起のいい語呂合わせという説も存在します。



あとがき

初夢を見るときの縁起物、
七福神が乗った宝船の絵を描いてみました。

良い初夢が見たいからです。

でも、どんな初夢がいい初夢なのかわかりません。

自分の望みが全部叶うような欲張った夢を見てしまったら、
ちょっと怖くなってしまうかもしれません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする