興味津々

誰もが気になる巷の話題 知ってて得する耳より情報など 好奇心をそそる興味津々なお話しを集めました

暮らしに役立つ便利な情報

ヒートショックのメカニズムで原因と症状は?入浴時の危険性と予防対策

投稿日:

寒くなると増える症状に、
「ヒートショック」というものがあります。

高齢者にとって入浴は多くの危険がともないますが、
中でも最近、
ヒートショックが原因となる場合が多く見られます。

そのヒートショックとは、
どのようなメカニズムが原因で起こるのでしょうか。

また、ヒートショックになった時の症状とは、
どういったものなのでしょうか。

ヒートショックの入浴時における危険性と、
予防や対策についてまとめました。

スポンサーリンク
  

ヒートショックのメカニズムで原因と症状は?

私たち人間は、体温の変化が少ない恒温動物です。

しかし、ひどい低温にさらされると凍傷になったり、
高温が続くところでは熱中症になったりします。

日頃何気なく行っている入浴という行動も、
脱衣室や浴室の室温が低く湯温が高いと、
からだに大きな負担をかけることがわかってきました。

一般に用語として使われている『ヒートショック』とは、
急激な温度変化により身体が受ける影響のことです。

入浴などに伴う家庭内での温熱環境の変化が原因となって、
生じる健康被害や突然死を『ヒートショック』と呼んでいます。

比較的暖かいリビングからまだ冷たい浴室、脱衣室、トイレなど、
温度差の大きいところへ移動すると、
身体が温度変化にさらされて血圧が急変するため、
脳卒中や心筋梗塞などを引き起こすおそれがあるのです。

高血圧や動脈硬化の傾向がある人がその影響を受けやすい傾向があり、
なかでも高齢者はとくに注意が必要です。

このようなヒートショックの要因となる住環境のリスクは
『暖差リスク』とも呼ばれ、
特に冬期は住宅内の温度差が大きくなるため、
注意が必要になるのです。

日本の入浴中の急死者数は諸外国に比べて高いとされ、
その理由は浴室と脱衣室の温度差であると考えられています。

ヒートショック 入浴時の危険性

年間1万7千人もの人が入浴時に突然死しています。

その中で、年間累計1万人以上が、
ヒートショックが原因で死亡しているといわれ、
家庭内における高齢者の死因の4分の1を占めるともされています。

亡くなった人の年齢層で最も多いのが 80歳代前半で、
多くの場合は、いつものように、
ごく普通の入浴をしているときに発生したと考えられます。

その背景にあるのは環境の温度です。

日本では、春夏秋を通じて室温が20度前後か、
それ以上である地域が多いようですが、
12月や1月の冬季は、10度以下になることも珍しくありません。

実際に死亡者数は、毎年 12月と1月にピークを示します。

また、亜熱帯の沖縄県と、冬に家全体を暖房する北海道は、
最も死亡頻度が低いことから、
問題は外気温ではなく、室内の温度にあることがわかります。

つまり、
私たちの体温よりも脱衣所や浴室の室温が著しく低かったり、
その反対に湯温が高かったりする環境が引き金になるのです。

実際のヒートショックでは、
亡くなる前に失神や意識障害を引き起こしていると考えられます。

その原因としては、血圧の急激な上下変動が疑われます。

実際に、平均年齢74歳の男女高齢者103人が、
ごく標準的な入浴をしたときの最高血圧を2分おきに計測したところ、
その平均値は、入浴直後に最大166mmHg、
お風呂を出た直後に最小135mmHgになることがわかりました。

この血圧の変動幅は、
起立時に失神を起こす場合とあまり変わりありません。

スポンサーリンク

ヒートショックの予防対策

ヒートショックを防いで安全な入浴をするには、

・お湯の温度は上げ過ぎず、41℃までにしましょう。

・脱衣室や浴室の室温は、18℃以上を保つようにしてください。

・食後1時間以内は血圧が下がりやすくなるので、入浴は控えましょう。

・高齢者の場合は、家族による声掛けなどの見守りが大切です。

★ヒートショック対策方法

住宅内を移動した際の急激な温度変化による影響を防ぐためには、
住宅内の温度差を小さくすることが必要となってきます。

★高断熱で高気密な住宅が望ましい

家の構造自体を保温性の高いものにし、
外気温の影響を受けにくくすることです。

★脱衣所や浴室、トイレへの暖房器具設置や断熱改修

ただし、お湯や水を大量に使う場所であるので、
感電事故にならないよう、
浴室での暖房器具は、浴室専用のものを使うことをおすすめします。

★シャワーによるお湯はりをします。

蛇口ではなくシャワーを使うことでお湯を拡散させ、
浴室全体を温めます。

★夕食前・日没前の入浴

外気温が比較的高い日中に入浴し、
浴室と脱衣所の温度差を少なくします。

あとがき

寒いときなど、
温かいお風呂に飛び込んだ時、
なんかカラダ全体が『ふわぁ~!』ってなりません?

結局それもちょっとしたヒートショックなんですね。

若い人は大丈夫でも、高齢者にとっては、
“ちょっとした”ではすまされないのがヒートショック!

入浴時だけでなく、普段の生活においても、
周りの温度の急激な変化はとても危険なことなんですね。

スポンサーリンク

-暮らしに役立つ便利な情報
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ドライマウスの治療は何科の病院を受診するのか その症状と原因は?

スポンサーリンク 口が渇く、喉や唇が渇くといった症状を感じたことはありませんか? それはドライマウスかも知れません。 ドライマウスとは、唾液の分泌量が低下することで、 口の中がひどく渇く病気のことです …

キッチンのコンロ周りの掃除は面倒くさい!重曹やセスキを使って壁の油汚れもスッキリ!

スポンサーリンク キッチンのコンロ周りの掃除は、やらなきゃいけないと思いつつ、 ついつい後回しになりやすいものですが、重曹やセスキを上手に使うことで、 コンロ周りの油のギトギトや、 壁に飛び散った汚れ …

パイナップル酢の痩せる効果はパイン酢による○○解消と□□改善にあった

スポンサーリンク パイナップル酢の痩せる効果は パイナップルとお酢、 それぞれが持つ効能にあったようです。 パイナップル酢で○○が解消したり、 □□の改善にも役立ったり、 さらには若返りや美肌効果にも …

お中元の時期はいつからいつまで?関東と関西の贈り方マナーの違いに注意!

すぐそこまで 暑い夏が近づいてきました スポンサーリンク そろそろお中元をどうしようかと考えている方も多いことと思います お中元は お世話になった方や いつも親しくさせて頂いている方へ 日頃の感謝の気 …

かかりつけ医の選び方 メリットとタイミングは?見つけ方と選ぶポイントは?

スポンサーリンク かかりつけのお医者さんを決めていますか? 体の調子が良くないと感じても、大学病院など大きな病院では、 混雑していて、待ち時間が長く、さらに体調が悪くなってしまいます。 また、何科を受 …