興味津々

誰もが気になる巷の話題 知ってて得する耳より情報など 好奇心をそそる興味津々なお話しを集めました

春の行事

エイプリルフールを日本語で四月バカというのは何故?嘘をつくルールは?

投稿日:2018-02-03 更新日:

エイプリルフールを日本語で四月バカと言いますが、
エイプリルフールにどんな由来があるのかご存知ですか?

わかっているようでわかってないことって結構あるもんです。
エイプリルフールも、
『ただ、ウソをついてもいい日』と思っていませんか?
そもそもいつからエイプリルフールができたのでしょう。
なぜエイプリルフールが嘘をついてもいい日になったのか、
エイプリルフールにはどのようなルールがあるのか、
日本語で四月バカと言うエイプリルフールについての疑問を考えてみました。
コレは“嘘”ではありません!

スポンサーリンク
  

エイプリルフールを日本語で四月バカというのは何故?

エイプリルフールとは、
4月1日には嘘をついても良いという風習のことで、
英語の “April fool” は、4月に騙された人を指します。

エイプリルフールは、日本語で直訳すると「四月馬鹿」となりますが、
漢語的表現では「万愚節」、中国語では「愚人節」、
フランス語では「プワソン・ダヴリル」と言われています。

四月一日と言えば、
すぐに『エイプリルフール』を思い浮かべる人は多いようですが、
エイプリルフールというのは、
ユーモアのあるウソをつくことが許されるヨーロッパ発の仕来りなのです。

日本にヨーロッパ由来のエイプリルフールが入ってきたのは、
大正時代ごろとされています。

それ以前の日本では、四月一日は『不義理解消の日』という、
中国伝来の風習を実践する日だったようです。

その日は、義理を欠いてもよいという日ではなく、
逆に、義理を欠いている人や、ご無沙汰している人に手紙を書いたり、
直接訪ねたりして連絡を取り、不義理を詫びて、
近況を伝えるための日だったのです。

明らかに冗談だとわかるウソをついて人を担ぐエイプリルフールとは真逆で、
四月一日という日は、
いわば年賀状に近い意味を持つ行事だったということです。

エイプリルフールはどういうルールがあるの?

ヨーロッパ由来のエイプリルフールで、ウソをつくことが許されるのは、
4月1日の正午までに限るとも言い伝えられています。

昔からこの日だけは嘘をついてもいいとされていて、
ユニークな嘘から、まるわかりの嘘まで、
いろいろな嘘が飛び交う日です。

「エイプリルフールで嘘をついてもいいのは午前中だけ」

このルールの起源は、
イギリスから来ていると言われています。

イギリスには「オークアップルデー」
という習わしがあります。

これは”オーク=樫(かし)の実”を身につけ、国王に忠誠を誓うというもので、
この日にオークを身につけていない人は、それを責められますが、
責められるのは午前中だけで、
午後になれば、責められることはなくなリます。

このことから、エイプリルフールで嘘をついていいのは午前中だけ、
となったわけです。

エイプリルフールの由来や起源はいつから?

ヨーロッパを発祥の地とする「エイプリルフール」は、
四月一日のイベントで、
笑って許せる程度のユーモアの効いたウソで、
人を担いで楽しんでもいい日なのです。

大正時代に日本に入ってきたエイプリルフールという風習は、
『四月馬鹿』と直訳され、広まっていきました。

エイプリルフールの由来には諸説あるようですが、
最も有力な説とされているのはフランス由来のモノです。

かつてフランスでは、三月二十五日を新年として、
四月一日まで新年を祝う祭りを開いていました。

ところが、十六世紀にシャルル九世というフランスの王様が、
一月一日を新年とする暦を採用すると言い出しました。

スポンサーリンク

これに反発した市民たちが、
四月一日を『ウソの新年』として大きな騒ぎを起こすと、
シャルル九世が騒いでいた市民を処刑したのです。

権力者の残忍な手法への抗議と、
命を奪われた人々への追悼の意味を込めて、
フランスでは、毎年四月一日を“ウソの新年”としてバカ騒ぎする習慣ができ、
エイプリルフールの風習に発展したということです。

ただし、エイプリルフールでウソをついてもいいのは、一日中ではなく、
午前中までというルールがあるのです。

エイプリルフールのウソが午前中まで許されるという仕来りの由来にも、
いろいろと諸説渦巻いているのですが、
一番有力な説は、イギリスの『オークアップルデー』を源とするという説です。

エイプリルフールと言えばウソのニュース、
今話題のフェイクニュースですが、
ウソとわかりながら、
それに振り回される人たちの行動まで計算づくのフェイクニュースは、
使い方次第で大きな騒動に広がる可能性を持っています。

最近では多くの企業が悪ノリしてデマを流し、
真偽がわからずその日のトップニュースになることもあったりするようです。

4月1日には、世界中で新聞が嘘の内容のニュース記事を掲載したり、
報道番組でジョークニュースを報道したりといったことが、
政治戦略や企業戦略、ビジネス戦略として広く行われているようです。

2016年のアメリカ合衆国大統領選挙で、
いわゆるフェイクニュースが社会問題化すると、
北欧メディアなどでは、
2017年から伝統となっていたエープリルフール記事を自粛するようになりました。

あとがき

日本語で四月バカと言われるエイプリルフール

今日はエイプリルフールだってわかっていたのに引っかかってしまった!
ホント、バカみたい!
そんな時、スッゴク悔しいですよね。
よーし、仕返ししてやろう!って思っても一年先です。
被害を作らない!人を傷つけない!
悔しっー!って言って済むくらいのウソにしておきましょう。

スポンサーリンク

-春の行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

葵祭の日程 流鏑馬・禊の儀など前儀と路頭の儀・社頭の儀の半月間

京都の三大祭り『葵祭』は、初夏の訪れを感じる、 美しいイベントです。 スポンサーリンク 葵祭の行列は古都京都の街に、 雅やかな王朝絵巻を繰り広げます。 葵祭、それは斎王代の行列だけでなく、 いくつもの …

いちご狩り 関西で人気のイチゴ食べ放題おすすめスポットランキング

いちご狩り 関西で人気のおすすめスポットのご紹介です。 春と言えばイチゴですね! スポンサーリンク 甘くてちょっぴりすっぱくて、 春をまるごと食べちゃう気分です! 暖かくなったら家族や友達と一緒に『イ …

茶摘みの八十八夜とはいつ?茶摘み歌の歌詞と別れ霜の意味と由来は?

スポンサーリンク 茶摘みの八十八夜とは いったいいつなんでしょうか? 八十八夜といえば茶摘み歌の歌詞に出てくることで知られていますが 八十八夜とはどんな意味のある“夜?”なのでしょう 夏も近づく八十八 …

看護の日が制定された由来は? 看護師になりたい人へのイベントと看護体験の内容は?

スポンサーリンク 毎年5月12日は看護の日 2017年の看護の日は5月二週目の金曜日です 12日を含む週の日曜日から土曜日までが 「看護週間」で 2017年は  5月7日(日曜日)から13日(土曜日) …

お花見で食べるお菓子の定番と春の京菓子 花見団子や桜餅を食べる由来は?

スポンサーリンク お花見で食べるお菓子の定番といえば、 やっぱり花見団子や桜餅ですね。 でも、お花見がいつから始まって、 なぜ、花見団子や桜餅などの お菓子を食べるようになったのか、 花見団子や桜餅を …