興味津々

誰もが気になる巷の話題 知ってて得する耳より情報など 好奇心をそそる興味津々なお話しを集めました

冬の行事

ホワイトデーにマシュマロを贈る意味は?義理チョコのお返しおすすめは…

投稿日:


ホワイトデーにマシュマロを贈る意味を知っても、
せっかくバレンタインにチョコを贈ったのですから、
いくら義理チョコでもお返しは期待してしまいます。
でも、お返しがマシュマロだとチョット。。。。
『海老で鯛を釣るというのか!』って言われそうですが、
意味なんて深く考えずに、イベントですから・・・・

スポンサーリンク
  

ホワイトデーにマシュマロを贈る意味は?

三月十四日の『ホワイトデー』は、二月十四日のバレンタインデーに、
女性からチョコレートを贈られた男性がプレゼントをお返しする日と言われています。

ホワイトデーは欧米にルーツがあるようにも思えるのですが、
実は日本発祥の習慣で、
海外では日本の影響を受けた韓国や台湾、中国の一部で見られるだけの習慣です。

バレンタインデーに女性が男性にチョコレートを贈るのも、
日本特有の風習なのですが、
ホワイトデーは、いつどのようにして生まれた風習なのでしょうか?

日本では、お祝いでいただいたものや、贈り物に対して、
お返しをする習慣が昔からあります。

そこで、昭和五十二年(1977年)、
福岡市の老舗菓子屋・石村萬盛堂が『マシュマロデー』と銘打って、
三月十四日に、マシュマロをバレンタインデーのお返しとして、
男性が女性に贈ることを提唱したことが、
ホワイトデー誕生のきっかけとなったのです。

マシュマロデーの反響の大きさに刺激を受けたほかのお菓子会社でも、
三月十四日にクッキーやキャンディーなどを、
男性が女性にバレンタインデーのお返しとして贈る、
宣伝・販売戦略が活発に実施されるようになりました。

昭和五十三年(1978年)、
全国飴菓子工業協同組合が、
キャンディーを贈る日として三月十四日を『ホワイトデー』と制定しました。

『キャンディーの日』という案も候補に上ったのですが、
純潔をイメージさせる『ホワイトデー』という名称が採用されたのだそうです。

そして、二年後の昭和五十五年(1980年)、
全国飴菓子工業協同組合が、ホワイトデーはキャンディーの日と謳い、
「愛にこたえるホワイトデー」キャンペーンを展開したことをきっかけに、
若い男女を中心にしてホワイトデーは浸透していきました。

ホワイトデーにマシュマロを贈るお返しも義理?

ホワイトデーにマシュマロを贈ることを提唱した福岡市の老舗菓子屋・石村萬盛堂は、
福岡のお土産として有名な「鶴乃子」を販売している会社です。

九州のお土産にもらったことがある人も、
買ったことがある人もおられることと思います。

「鶴乃子」というお菓子は、
明治時代から販売されている、マシュマロ生地で黄身あんをくるんだお菓子です。

その石村萬盛堂の社長が、新しいお菓子づくりのヒントを求めているとき、
とある雑誌で、
「男性からバレンタインデーのお返しがないのは不公平。
せめてハンカチやキャンディー、マシュマロでも……」
という記事を目にしたことからヒントを得たということです。

「鶴乃子」の製造機械を使ってマシュマロの中にチョコレートを包んだ商品を作り、
バレンタインデーのお返しとしてホワイトデーに贈るマシュマロを販売したのです。

バレンタインデー 本当の意味は? https://kyoumi.click/2143.html

ホワイトデーにマシュマロを贈るという元となった、
バレンタインデーにチョコレートを贈るという習慣も、
節分の恵方巻と同じように、
業者の販売戦略に乗せられてイベント化していったわけです。

昔の日本女性は、自分から愛の告白どころか、
自分の意思すら口にすることははしたないとされていたのですが、
今の女性は違います。

本気で好きな人には、
自分の口でちゃんと“好き”っていう人が多くなっています。

義理チョコと本命チョコを上手に使い分けて、
ひとつのコミュニケーションツールとして利用しています。

スポンサーリンク

もちろん、何らかの見返りを期待する下心もないとは言えません。

わかっていても、
バレンタインで義理チョコをもらったけど、
「お返しはどうしよう?」 なんて悩んだりしてませんか?

義理チョコってわかっていても、もらうのはうれしい…だけど、
その反面ホワイトデーには「お返しをしなきゃならないなぁ」なんていう、
義務感みたいなのが出たりすることもありますからね。

かと言って「誰からも、義理チョコのひとつもないというのは寂しい!」
というのが本音でしょうか。

そのために社内でのバレンタイン禁止令が出ているところもあるくらいです。

とは言っても、もらったものをそのままにしておいては何を言われるかわかりません。
女性の噂は怖いですからね!

ホワイトデーに義理チョコのお返しおすすめは…

バレンタインデーのチョコレートがすべて義理チョコだと言っているのではありません。

寒いこの時期、
ある意味一つのイベントとして、ほっこりする話題も欲しいですよね!

そんな時、
まるで開き直ったかのような『義理チョコ』があるのです。

有楽製菓から発売されているご存じ「ブラックサンダ―」がそれです。

『ブラックサンダ―一目で義理と分かるチョコ』
何とも前代未聞のキャッチコピーです。

そんな義理チョコ ブラックサンダーをバレンタインに貰ったのなら、
それを上まわる、ジョークたっぷりのお返しをすることですね。

ホワイトデーにマシュマロを贈ることを提唱した福岡市の老舗菓子屋・石村萬盛堂の、
販売戦略は勝算があったようですが、
石村萬盛堂の社長の思いもよらない解釈がされていたようです。

どうやら
「君の気持ちには応えられないから、やさしさで包んで、そのままお返しするよ」と、
解釈されているらしいというのです。

マシュマロに包まれたチョコレートは
“義理”という名のチョコレートという意味の解釈なのでしょうか。

これなら義理チョコのお返しとして最適だと思いませんか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

石村萬盛堂 チョコマシュマロ(個包装5個入り)
価格:300円(税込、送料別) (2018/1/3時点)

「君(黄身)の気持ちには応えられないから、やさしさで包んで、そのままお返しするよ」
黄身の気持ちというのなら「鶴乃子」のほうが適しているのでしょうか?

あとがき

商魂たくましい日本人ですから、
いろいろと新しいアイデアでビジネスチャンスを目論んでいるようで、
まるでダジャレ合戦のようです。
『愛の告白』なんていう重たいことはどこかへ行ってしまったようですね!

スポンサーリンク

-冬の行事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

年賀状はいつ出すの?歴史的にはいつからあって 出さないとけないもの?

スポンサーリンク 年賀状はいつ出しますか? せっかく出すのなら、 年賀状は元日の朝に配達されたいですよね。 やはり、元日の朝に年賀状が届くのは楽しみですし、 出すのなら、ちゃんと『おめでとー!』って、 …

京都マラソン2019コースの高低差と難易度 観光スポットの応援ポイントは?

スポンサーリンク 底冷えの京都の街を走る京都マラソンも、 2019年で8回目になります。 いつも駅伝などで使うコースと違い、 京都マラソンは、京都ならではの観光スポットを走ります。 盆地である京都市内 …

三十三間堂 歴史的背景と見所は?2018年通し矢の日程と場所 アクセスは?

スポンサーリンク 三十三間堂は京都の冬の風物詩“通し矢”で知られています。 その三十三間堂の歴史的背景について、 誰が創建し、由縁は何か。 通し矢とはどんなイベントなのか、 開催日時と会場へのアクセス …

クリスマスソングランキング クリスマス会で子どもと歌うクリスマスの歌は?

“クリスマスソング”あなたのベストランキングは何ですか? いつもクリスマスには子供たちとホームパーティーを開くのですが、 その時みんなで歌うクリスマスソングの定番は、 誰もが良く知っているあのクリスマ …

小正月はいつで何をする日?小豆粥や女正月 どんど焼き行事の意味と由来は

スポンサーリンク お正月はみんなでお祝いしますが、 小正月とはいつのことで、何をする日なのでしょうか? 最近では小正月という言葉をあまり聞かなくなりましたが、 小正月には小豆粥を食べる、 小正月は女の …