興味津々

誰もが気になる巷の話題 知ってて得する耳より情報など 好奇心をそそる興味津々なお話しを集めました

美容と健康

ケトジェニックダイエットの食事は、お肉をお腹いっぱい食べて痩せる方法!

投稿日:


ケトジェニックダイエットの食事では、
お肉をいっぱい食べても太らないと言われています。
痩せるためには食事制限が必要とわかっていても、
食欲との戦いで続けることが難しいのです。
筋トレやウォーキングもなかなか続けられません。
でも、お肉を食べることは続けられます。
ケトジェニックダイエットの食事が、
どうしてお肉を食べて痩せられるのかをお伝えします。

スポンサーリンク
  

ケトジェニックダイエットの食事とは?

今、肥満で悩んでいる人はたくさんいます。
糖尿病や高血圧、食物アレルギーやアトピーで悩んでいる人も増え続けています。

そういった悩みの原因となっているのは食事です。

痩せたいと思う人や、痩せなくてはいけない人にとって、
運動が大切だということは良くわかっているのですが、
余程ストイックな人でない限り、なかなか習慣づけて運動をすることは出来ませんし、
少しくらいの運動では、ほとんど痩せられないのが現実です。

しかし、運動は習慣づけて続けることができませんが、
食事は毎日、習慣というよりは習性のように一日3回食べています。

つまり、体重や健康を左右することができるには、
毎日何を食べているのかという、食事の内容が大きく関わっているということになります。

肥満で不健康な人が増えるのは、不自然な食べ物を主食として食べ、
食べるべき自然な食べ物を食べていないからだということを、
提唱しているのが『ケトジェニックダイエット』です。

暴飲暴食や美食生活に甘んじてきた過食への反省から、
粗食や玄米食・菜食を薦める風潮があります。

ベジタリアンとか菜食主義というと、なかなかオシャレな感じで、
“自然を愛する人”みたいなイメージが良いですよね。

そういう人たちからすれば、
「お肉を主食にするなんてとんでもない!」って思われることでしょう。

でも、
人類はもともと肉食だったということですから、
ご飯やパンを主食にする現代人の方が変なわけです。

主食であるべき肉を食べないで、
ご飯やパンを主食として一日2食も3食も食べているから、
肥満や生活習慣病を引き起こすわけです。

ケトジェニックダイエットの食事が人類に適している

人類は肉食の方が自然なかたちで、穀物は本来の食べ物ではなかったのです。

アフリカで誕生した人類の祖先は、10万年ほど前に世界各地へと広がり、
その一種である「ネアンデルタール人」は、
オオカミやホッキョクギツネのような肉食動物と、
たんぱく質の摂取量がほぼ同じだったそうです。

そして、人類が農耕を始める少し前、今から1万4千年ほど前の、
現世人類の骨がイギリスの『ガフ洞窟』で発見されました。

その人骨を調べると、
ネアンデルタール人と同じくらい大量のたんぱく質を摂取していたことが分かったのです。

大量のタンパク質を摂取するには肉食しかありません。

では、糖質を摂ると痩せられないというのはなぜなのでしょうか?

人がコメや小麦といった穀物の栽培を始めたのは、1万年以上前のことで、
農耕を始めてから穀物を食べるようになりました。

農耕開始のきっかけのひとつに、気象変動がありました。

地球の温暖化が進み、大型の動物の生息エリアが変わったり、絶滅したりして、
以前のように肉食だけでは必要なカロリーを得られなくなったのです。

その代り、農耕によって穀物を栽培し、それを主食とするようになりました。

地球温暖化で植物の生育に適したエリアが広がり、農耕も広がっていったのです。

安定した食料確保が見込める農耕では、
肉食時代よりも20倍から100倍もの人口を養えるようになります。

その結果、人口爆発が起こり、
人類は地球上のあらゆる場所へと広がったのです。

そして、コメや小麦、トウモロコシといった穀物の生産が盛んになっていきました。

スポンサーリンク

しかし、およそ1万年前に農耕が始まったからと言って、
その瞬間からヒトが草食動物になれるわけではありません。

ヒトの栄養素とエネルギー代謝のメカニズムは、
およそ250万年前から肉食生活をベースにつくられています。

わずか1万年ほど前からの穀物中心の食生活では、
肉食を前提としているヒトの体は適応できていないのです。

私たち人間の体は、肉食中心の生活こそがデフォルト状態で、
穀物中心の食生活に適した体には出来ていなかったということです。

ケトジェニックダイエットの食事が人類に適している証拠は

ヒトが穀物中心の食生活に適応できていないことを教えてくれるのが、
体内で合成できない『ビタミンA』の存在です。

ビタミンAは皮膚や粘膜を保護する物質で、
肉類など動物性食品に多く含まれています。

これが不足すると目の粘膜が乾燥するドライアイの一因になります。

ニンジンなど緑黄色野菜に多く含まれている「βカロテン」は、
小腸から吸収されるときにビタミンAになります。

そこで、たとえ動物性食品からビタミンAを摂らなくても、
ニンジンなどから植物性のβカロテンを摂取していればビタミンA不足は避けられます。

しかし、βカロテンからビタミンAを合成する力の低い人がいることがわかりました。

欧州人のおよそ35%の人が、
βカロテンからビタミンAを合成する力が極めて低いことが分かったのです。

βカロテンからビタミンAを合成する力の低い人がこれほど多いのは、
本来人類は、
肉などの動物性食品からビタミンAを摂ることが前提になっていることだからです。

人類は肉食が前提なのに、穀物中心の食生活で穀物を毎食大量に食べる生活をしていると、
カラダに不調をきたすのは当たり前のことなのです。

その一つが肥満で、肥満が元となる糖尿病や高血圧、脂質異常症といった、
生活習慣病の多くも、
元をただせばご先祖様の食生活とかけ離れた、穀物中心の食生活がもたらしたものなのです。

とくにご飯やパンなどを大量に食べた後に眠くなる「反応性低血糖症」の人は、
穀物中心の食生活に適応できない可能性が濃厚で、
肥満や糖尿病などの生活習慣病には注意が必要です。

ただ、ケトジェニックダイエットには注意点があります。

ケトジェニックダイエットは肥満やメタボリックシンドローム、
脂肪肝や反応性低血糖症、2型糖尿病の人などに適しているのですが、
腎臓病や血栓症などの疾病を持っている人や、
ほかの病気で治療中の人は、主治医の先生と相談して実践しなければいけません。

また、血糖降下剤を服用している人も、ケトジェニックダイエットを実践すると、
低血糖発作を起こすかもしれません。

ケトジェニックダイエットでは、インスリンの分泌が減り、
カリウムが使われなくなるので、カリウム値が上昇する可能性があるのです。

あとがき

お肉は大好きです!
でも、ご飯も大好きです!
運動が苦手な私は、ケトジェニックダイエットで、
ご飯を我慢して、お肉をいっぱい食べて
ケトジェニックダイエットに挑んでいます。

スポンサーリンク

-美容と健康
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ドライマウスの治し方 症状の改善効果に期待大の玉ねぎ紅茶の作り方は?

ドライマウスは、歯周病の発症や悪化を招きます。 そのドライマウスの治し方についてや、 ドライマウスの症状改善に効果が期待される、 玉ねぎ紅茶の作り方を説明します。 ドライマウスの症状を自覚される方は、 …

L-カルニチンで脂肪燃焼を促進させる効果的な摂取方と不足を補うには

スポンサーリンク L-カルニチンが脂肪燃焼を促進させるといわれています。 脂肪燃焼といえば、余分な脂肪が減るということで、 多くの人が抱える悩みの一つです。 その余分な脂肪を燃焼させてくれるL-カルニ …

大豆の栄養 女性に嬉しいタンパク質の効果は美容と健康 老化防止に優れている!

大豆は普段食べている食事の素材としていろいろ使われています。 大豆を意識して食べることは少ないのですが、 大豆に含まれる栄養に、 女性にとって嬉しい効果がたくさんあったことに感謝です! 美容や健康、ア …

誤嚥性肺炎の予防で高齢者が嚥下力を鍛える喉のトレーニング法体操とは

スポンサーリンク 誤嚥性肺炎とはどういう症状なのでしょうか? 高齢者に多い誤嚥性肺炎の予防で、 嚥下力を鍛える喉のトレーニング法、 飲み込み筋の鍛え方をご紹介します。 誤嚥性肺炎予防のために、 ぜひト …

食べる順番と健康は関係あるのか?血糖値や糖尿病、ダイエットの効果は?

スポンサーリンク 食べる順番と健康にはどのような関係あるのでしょうか? 食べる順番によって血糖値が上昇したり、 糖尿病になるリスクも増えるのなら大変です。 食べる順番を変えるだけで、 ダイエットに効果 …