興味津々

誰もが気になる巷の話題 知ってて得する耳より情報など 好奇心をそそる興味津々なお話しを集めました

美容と健康

ビタミンC歯磨きで歯周病改善 予防は歯ぐきの再生と強化のセルフケア

投稿日:

ビタミンC歯磨きで歯周病改善したり、
歯周病の予防ができるんです。
歯周病は、糖尿病や脳梗塞など、
怖い生活習慣病の原因になります。
認知症を防ぐためにも、
歯周病を予防するため、
歯ぐきの再生や強化につながる、
自分でできるセルフケアをご紹介します。

スポンサーリンク
  

ビタミンC歯磨きで歯周病改善

ビタミンC歯磨きで歯周病改善が出来るということをご存知ですか?

歯周病は、プラーク(歯垢)を形成している歯周病菌が、
コラゲナーゼという酵素(体内で化学反応を促進する物質)を出したり、
免疫反応による炎症を起こしたりして、
歯ぐきのコラーゲン線維を破壊していく病気です。

ですから、その主な予防や治療は、
プラークの継続的な除去とコラーゲン線維の再生と強化です。

コラーゲン線維の再生と強化については、
最近最も注目されているのがビタミンCの活用です。

実は、ビタミンCがコラーゲン線維の産生に深く関与していることは、
50年ほど前からすでに明らかになっていました。

体内でコラーゲン線維を作るのは、
線維芽細胞(皮膚の機能を保つうえで、最も重要な細胞)ですが、
この細胞にビタミンCを加えることで、
コラーゲン線維の産生量が3~4倍になることも実正されています。

ただ、内服だけでは顕著な効果は期待できません。

そこで、ビタミンCを歯磨き剤に配合する試みも行われましたが、
ビタミンCをが水溶性なので、
水分を多く含む歯磨き剤への定着がむずかしく、
なかなか実現には至りませんでした。

ところが、最近になって水溶性でない基材にビタミンCをを分散させることで、
安定化に成功し、
ようやく、ビタミンC配合の歯磨き剤が登場したのです。

普通の歯磨き剤を使用する人と、
歯磨き剤にビタミンC(アスコルビン酸ナトリウム)を配合したものを使用する人とで、
毎日、朝と晩の2回、各3分間歯磨きをしてもらうという実験で、
歯ぐきからの出血、
歯ぐきの炎症、
歯周ポケット(歯と歯茎の境目にある隙間)の深さを調べた結果、
ビタミンCを配合した歯磨き剤を使用した人の方に、
歯周病の改善が視られたということです。

これはビタミンCの効果によって、
歯ぐきのコラーゲン線維組織が明らかに再生・強化されたことを示しています。

ビタミンC歯磨きで歯周病予防

ビタミンCを配合した歯磨き剤を使用した人の歯と歯茎の状態に、
出血が減ったことは、
もろくなっていた歯ぐきの組織がコラーゲン線維の増加で強くなってきた証拠です。

歯周ポケットについても同じことが言えます。

歯周ポケットの内側は歯ぐきと歯がくっ付いています。
歯周ポケットの底から骨までの距離は幅2㎜程度ですが、
歯周病が進んで歯肉組織を形成しているコラーゲン線維が壊れてくると、
歯周ポケットは骨までの2㎜の幅を保ちながら後退します。

その結果、ポケットそのものはどんどん深くなっていくのです。

深くなっていた歯周ポケットが再び浅くなってきたのは、
ビタミンCの働きによってコラーゲン線維が再生され、
歯ぐきの肉が増えて盛り上がってきたためです。

また、歯ぐきの炎症の改善は、
ビタミンCの持つ、優れた抗酸化作用(酸化を防止する働き)によるものです。

歯周病菌と免疫細胞との戦いが激しくなると、
活性酸素(体内で増えすぎると細胞を傷つけ老化の一因となる物質)が発生し、
歯ぐきに炎症を起こします。

炎症はコラーゲン線維の破壊を助長しますから、
活性酸素を除去して、炎症を抑制することは、
コラーゲン線維の再生に強力な援護射撃となるわけです。

ビタミンCが、歯周病の予防・改善に有効であることがわかり、
ビタミンCが配合された歯磨き剤を使用することの有用性が
しっかりと実感できました。

歯石除去などの歯科医院での処置以外に、
自分でも日常的なケアを行い続けることで、
より歯周病の予防・改善ができます。

・一日一回、15~20分かけて歯を一本ずつしっかりブラッシングする。
出来るだけ夜、就寝前に行う。

・最初に何もつけない歯ブラシで磨く。
歯ブラシを歯に当てたら、毛先を当てた位置は動かさずに、
歯ブラシの柄のほうを小刻みに20回ほど動かす。

・すべての歯のブラッシングがすんだら、
次に毛先にビタミンC入りの歯磨き剤を付け、
歯ぐき全体に軽く摺込む。

・できれば、食後のブラッシングも行う(数分でも可)

歯ぐきの腫れや出血があるうちは、血管から細菌が入り込むなどして、
血管が破壊されるので、歯ぐきの再生・強化もなかなか進みません。

スポンサーリンク

ビタミンC入りの歯磨き剤でなくても、
ビタミンCを用いて自分でも日常的なケアを行い続けることで、
より歯周病の予防・改善ができます。

ビタミンC歯磨きで歯ぐきの再生と強化のセルフケア

アスコルビン酸は、白い粉状で強い酸味があります。

薬局で売られていますが、
購入の際は「原末」と表示された純度99%以上のものを選ぶようにしてください。

忙しい人は、ブラッシングは一日一回でも大丈夫ですので、
その代り20分程度かけて丁寧に行いましょう。

・まず、何もつけない歯ブラシで歯を一本一本しっかり磨きます。

・磨き終わったら、歯ブラシをよく洗い、
耳かき一杯ほどのアスコルビン酸を歯ブラシの毛先につけ、
歯周ポケットのあたりに軽く押し付けるようにして2~3分塗ります。

・塗り終わっても、水で口の中をゆすいだりせず、
ビタミンCが歯ぐきに浸透するように、しばらくそのままの状態でいます。

ビタミンCを塗る前に、ブラッシングをしっかりするのには、
大きな意味があります。

歯周病菌が作るプラーク(歯垢)には、
必ずバイオフォルムと呼ばれる膜ができます。

洗面器などに水を入れて放置しておくと、
外底の部分に“ぬめり”が出来ますが、それと同じものです。

このバイオフォルムが強力なバリアになっていて、
殺菌剤も含めてたいていの物質はシャットアウトしてしまいます。

もちろんビタミンCも例外ではありません。

そこで、まずはブラッシングでバイオフォルムやプラークを、
徹底的にこそぎ落とすのです。

その上でアスコルビン酸を塗れば、
その効果もより十分に発揮されることになるのです。

このビタミンC活用法の注意点は、
アスコルビン酸をむやみに多く使わないことです。

酸度は弱いとはいえ、アスコルビン酸も酸には変わりなく、
多量にかつ継続的に使うことで、
歯に脱灰作用(歯を構成しているカルシュウムやリンが溶けていくこと)を、
起こさないとも限りません。

過ぎたるは及ばざるがごとしですね!

たくさん使えば効果も高いなどと考えず、
適量(5mg)で継続することを第一に実践するようにしましょう。

いくら徹底的にブラッシングしても、
やはり自分ひとりでやるのには限界があり、
どうしても磨き残しも出ます。

完璧なケアで歯周病を寄せ付けないようにするためにも、
年に1~2度は定期的に専門歯科医の検診を受けることをお薦めします。

あとがき

歯周病は、歯が抜けるとか、歯が痛いだけでなく、
怖~い生活習慣病の原因にもなるということですから、
歯周病にならないように予防したり、
早い段階で歯周病を改善することが大切ですね。
『ビタミンC歯磨き』今すぐ実行です!

スポンサーリンク

-美容と健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

食べる順番と健康は関係あるのか?血糖値や糖尿病、ダイエットの効果は?

スポンサーリンク 食べる順番と健康にはどのような関係あるのでしょうか? 食べる順番によって血糖値が上昇したり、 糖尿病になるリスクも増えるのなら大変です。 食べる順番を変えるだけで、 ダイエットに効果 …

誤嚥性肺炎の予防で高齢者が嚥下力を鍛える喉のトレーニング法体操とは

スポンサーリンク 誤嚥性肺炎とはどういう症状なのでしょうか? 高齢者に多い誤嚥性肺炎の予防で、 嚥下力を鍛える喉のトレーニング法、 飲み込み筋の鍛え方をご紹介します。 誤嚥性肺炎予防のために、 ぜひト …

イチョウ葉エキスの効果とは認知機能が向上する脳力活性化物質の効能

スポンサーリンク イチョウ葉エキスに含まれると言われる脳力活性化物質とは、 どのような物質なのでしょうか。 イチョウ葉エキスによる効能を、 効果的に取り入れ、 認知機能を向上させる生活習慣についてまと …

顔のたるみの原因は?解消でできる対策と筋トレ・マッサージ・メイク法

スポンサーリンク < >  毎日鏡を見ていると  昨日と今日の違いってあまり気づきにくいのですが ふと鏡を見た瞬間 『あれっ?』 ちょっと前より 頬や目元がたるんでいるような??? そんな気がしたこと …

耳鳴りやめまいの原因は?自律神経の乱れで起こる症状と整える方法は?

スポンサーリンク 突然耳鳴りがしたり、 めまいに襲われたりすると怖くなりますよね。 なぜ今耳鳴りやめまいを起こしたのか、 その原因は何なのか、 何か大きな病気が原因なのかと不安になります。 耳鳴りやめ …