興味津々

誰もが気になる巷の話題 知ってて得する耳より情報など 好奇心をそそる興味津々なお話しを集めました

秋の季節と行事

縁結びの神様出雲大社の神在祭で入手できるオリジナル御朱印帖の種類

投稿日:

縁結びの神様 出雲大社の御祭神と、
出雲大社で行われる神在祭とはどのようなお祭りなのか?
縁結びので有名な出雲大社では、
オリジナルの御朱印帖が頂けます。
縁結びの神様ならではの御朱印帖って、
ちょっと興味ありませんか?
そんな出雲大社についてご案内します。

スポンサーリンク
  

縁結びの神様出雲大社の神在祭と御祭神は?

縁結びの神様として全国的に知られている出雲大社は、
大国主大神(オオクニヌシノオオカミ)が御祭神で、
開運祈願や縁結び祈願など、一年を通して多くの参拝客が訪れます。

大国主大神は、大国主命(オオクニヌシノミコト)とも呼ばれています。

年間に約200万人もの参拝者が訪れるという出雲大社には、
どうして縁結びのご利益があると言われているのでしょうか?

出雲大社の御祭神である大国主大神は、
様々な縁を結んできましたが、中でも恋愛の縁結びのご利益は有名です。

大国主大神が「縁結びの神様」として知られている理由は、
大国主大神が様々な女神様と結ばれてその間に子どもをもうけていたからです。

大国主大神と結ばれた女神様の数は6柱、
その間にもうけた子どもの数は180柱とされています。

多妻で子だくさんな大国主大神だからこそ、
良縁成就や安産・子授けなどにご利益があるというお話が広まったのです。

さらに、出雲大社の縁結び効果は恋愛成就だけではなくて、
お仕事の縁や友人、家族の縁といった様々な縁を取り持ってくれることで有名です。

出雲大社の御祭神 大国主大神は、
国引き神話の中心人物として因幡のシロウサギを救ったことでも有名です。

世間一般では10月を「神無月(かんなづき・かみなづき)」といいますが、
出雲地方では旧暦の10月を「神在月(かみありづき)」といいます。

それは、出雲大社の御祭神・大国主大神の元に、
全国の神々が集まるとされているからです。

神在月には、日本各地の神々が出雲大社に集まり、男女の縁だけでなく、
色々な“縁”を 結ぶ
「神議り(かむはかり…神様の会議)」という会議します。

出雲大社の大国主大神は広く縁結びの神様として知られており、
「すべてのもの縁を結びつける」といった会議が行われ、
そこで集まった神様が男女の縁や人の縁、
仕事の縁、お金との縁などを、
どのように結びつけるかについて決定します。

全国の神様が出雲大社に集まって、
人と人との縁について話し合う会議が行われる月が『神在月』で、
その時に行われる祭事が『神在祭』というお祭りです。

◆『神在祭』が行われる神在月の期間は・・・・

2017年11月28日(火)夜 から 12月4日(月)です。

出雲大社の神在月は旧暦の10月に実施するため、
年毎に日程が変わります。

~~~『神在祭』の日程~~~

◇神迎神事(稲佐の浜)・神迎祭(神楽殿) 2017年11月27日(月)19時~

神様をお出迎えする神事です。
古来より、神様たちは稲佐の浜から出雲にみえられるとされ、
お出迎えを稲佐の浜で行います。

稲佐の浜から出雲大社の神楽殿までを龍蛇神の先導で一緒にお供するというもので、
この神迎神事に参加すると「神迎御幣(かみむかえごへい)」をいただけます。
お供された方が神楽殿で実施される「神迎祭」に優先して案内されるようです。

「神迎祭」は集まられた神様に歓迎の意味を込めて実施する会で、
出雲国造が祝詞を奏上、巫女が舞を奏上して神々のおもてなしします。

◇神在祭 (御本殿) 2017年11月28日(火)9時 ~

出雲の地で、人にはあらかじめ知ることのできない人生諸般の事「神事」を
神議りにかけて決められるといわれています。

◇龍蛇神講大祭(神楽殿) 2017年11月28日(火)11時~

龍蛇神とは、各々の家庭の開運、繁栄をお導きいただく、
”縁結びの神””福を授ける神”、
特に関西では商売繁盛の神様として信仰されています。

◇神在祭・縁結大祭 1日目(御本殿) 2017年12月2日(土)10時~

人々の幸縁を祈願する神事です、縁結大祭には全国から多くの参拝者が訪れます。
幸縁むすび祈祷というものがあり、良縁・福縁をいただくためのご祈祷で、
定員制になっています。

事前申込みが必要で、毎年実施日の約1月前からです。
縁結大祭の幸縁むすび祈祷には、祈祷料:5000円が必要で、
申込方法は出雲大社のホームページで公開されます。
http://www.izumooyashiro.or.jp/

◇神在祭・縁結大祭 2日目(御本殿) 2017年12月4日(月)10時~

◇神等去出祭(仮拝殿) 2017年12月4日(月)16時~

神様をお送りする送別会で、
神様たちが仮拝殿で神在祭と神儀りが無事に終わったことを祝うそうです。

◇神在祭・夜神楽祈祷(神楽殿)

期間中の11月28日~12月3日の間は、17時から夜神楽が実施されます。

~~~~~~

出雲大社に神様がお集まりになると、
全国の他の地域には神さまが不在になるため「神無月」といいます。

出雲には神々が集まるので「神が在る月」で「神在月(かみありづき)」といいますが、
唯一、
伊勢神宮の内宮の神さま「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」だけは、
神在月の期間中も伊勢の神宮におられるのです。

◆ 出雲大社の参拝マナー

出雲大社では、
他の神社での参拝マナーである「二礼二拍手一礼」は通用しません。

出雲大社での参拝方法は次の通りです。

軽く会釈をし、縄を掴み鈴をならします。
お賽銭を入れます。
姿勢をまっすぐにして心を整えます。

・二拝(2回おじぎをする)
腰を90度に曲げて一礼(およそ3秒間)
一度姿勢を元に戻す。
再度腰を90度に曲げて一礼(およそ3秒間)

・ 四拍手(4回拍手をする)
4拍手する(左手を上にして)
姿勢を戻す。

・ 一拝(1回おじぎをする)
 腰を90度に曲げて一礼(およそ3秒間)

出雲大社での参拝方法は、二拝・四拍手・一拝 です。

神在祭の期間中に限らず10月~11月の出雲大社は、
年間でもっとも参拝者が訪れますので、混雑に気をつけてください

★縁結びの神様出雲大社★

縁結びの神様出雲大社で入手できるオリジナル御朱印帖が人気

出雲大社の公式御朱印帳は、以前は販売されていませんでしたが、
2017年3月現在、

なんと!
2種類の御朱印帳があります。

紺色の方は御本殿の内部に描かれている「八雲」になぞらえた
「雲」のデザインが施されている御朱印帳になります。

スポンサーリンク

白色の方は大社造りの御本殿が右下にデザインされた御朱印帳になります。

お気に召された方は是非どうぞ。
オリジナルの御朱印帳を授かってみてください!

公式御朱印帳の値段はいずれも1200円で、
御朱印を授かる場合は別途300円必要になります。

また郵送も可能とのことですので是非!
出雲大社の公式御朱印帳を探していた方であれば必見です!

販売されている場所は、
島根県・出雲大社の境内「神楽殿」と「御守所」になります。

出雲大社の公式オリジナル御朱印帳に関しての詳細は、
直接、出雲大社までお問い合わせしてください。

出雲大社のお問い合わせ先「社務所」

住所: 〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東195
電話: 0853-53-3100

縁結びの神様出雲大社の御朱印帖の種類と口コミは?

出雲大社オリジナルの御朱印帖ではありませんが、
可愛いものをご紹介します。

通販で購入できますので、お気に召しましたらどうぞ!

こちらは 御朱印帖袋です。
購入された方の口コミをご紹介します。

☆彡簡易袋に入った御朱印帳を買ったんですが、簡易だけあり、あっというまにボロボロに。綺麗に保存したいので、ちゃんとした袋を買いたくてあちこち探したら、これを発見。すごく可愛いです。

☆彡ずっと欲しいと思っていて、やっとこさ購入出来ました!赤とピンクを購入。和な雰囲気で可愛いです!ただ大きさが少し小さめですかね。私が持っている御朱印帳では少し小さいです。こちらで販売している御朱印帳はピッタリです。折角買ったので巾着は完全には締まりませんが使っています(笑) 欲しかったものなので買えて良かったです。

☆彡出雲の店舗で御朱印帳を購入して使用していたのですが、やはり巾着がないと不便なので新たに購入しました。デザインが気に入っています。

☆彡ご朱印帳とお揃いで桃色を購入しました。専用のケースはなかなか可愛いものが無いので、これはいいと思います。

☆彡手ぬぐいから作られた御朱印帳袋のせいか、ちょっと薄めの生地ですが、裏地もしっかり同じ模様で、とても可愛いです。インスタグラムで紹介されていた同柄のボタン付き御朱印帳ポーチの、通販取り扱いはしないのでしょうか??勾玉柄の御朱印帳とともに、通販希望です!!

まとめ

出雲大社は縁結びの神様として有名ですが、

出雲大社は、
カップルでお参りすると別れるという噂を聞いたことがあります。

私自身、恋愛成就といったご縁は、
もう関係なくなってしまいましたが、

恋人との別れを、神様のせいにしてはいけませんね!
自分自身に思い当たる節がないか、
もう一度考えてみるべきですね。

スポンサーリンク

-秋の季節と行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

中秋の名月を芋名月と呼ぶのはなぜ?栗名月や豆名月はいつで風習は?

スポンサーリンク 日本では昔から、お月見をする風習がありました。 お月見は、 中秋の名月と言われる十五夜の月を見ることですが、 その十五夜のお月見を、 芋名月と呼ぶのは何故なのでしょうか? また、中秋 …

法隆寺 夢殿の秘仏救世観音像2017年秋の開扉はいつ?七不思議とは何?

スポンサーリンク 法隆寺 夢殿の秘仏 救世観音像とはどんな仏像なのか、 秘仏とされる救世観音像だが、 夢殿本尊秋季特別開扉2017年はいつなのでしょうか? 救世観音像がなぜ秘仏と呼ばれるのか、 何故封 …

青蓮院門跡ライトアップ2017好文亭特別公開と将軍塚青龍殿へのアクセス

スポンサーリンク 青蓮院門跡のライトアップ2017 紅葉の見頃はいつでしょうか? 青蓮院門跡とはどういう寺院で、どんな見所があるのでしょうか? 青蓮院門跡好文亭特別公開や、 青いライトが美しい夜間拝観 …

長楽寺は京都の紅葉の名所 秋期特別展2017遊行上人とその秘宝展はいつ?

スポンサーリンク 長楽寺は平家物語ゆかりの隠れた名所です。 京都市外から程近いのに、 こんなに静かなところがあるのかと思うほどです。 京都の紅葉の風情をしっとりと味わいたいなら 円山公園からちょっと足 …

正倉院展の正倉院宝物は誰がどのようにして集めどこで守られてきたのか?

スポンサーリンク 正倉院展で展示される正倉院の宝物とは、 どのようなものがあるのだろうか。 正倉院の宝物は、誰がどのようにして集めた物なのか。 正倉院展で見ることが出来る正倉院の宝物は、 長い歴史の中 …