奈良国立博物館一覧

奈良国立博物館の藤田美術館展 国宝の殿堂で公開される曜変天目茶碗の魅力

奈良国立博物館にて特別展「国宝の殿堂 藤田美術館展」ー曜変天目茶碗と仏教美術のきらめきーが開催されます。世界に三碗しか存在しないと言われる国宝「曜変天目茶碗」をはじめ、「玄奘三蔵絵」「両部大経感得図」「仏功徳蒔絵経箱」など、仏教美術を中心に、館外初公開を含む多彩なコレクションが紹介されます。

奈良国立博物館 糸のみほとけ 国宝 綴織當麻曼荼羅修復完成記念特別展

“糸のみほとけ”とは、刺繍や綴織による“糸”の仏像のことです。糸のみほとけの代表的な作例の一つ、国宝『綴織當麻曼荼羅』の修復を記念し、糸の仏の像を、一堂に集める展覧会が開催されます。今回、奈良国立博物館では、『天寿国繍帳』や『刺繍釈迦如来説法図』も公開されます。国宝3点が集まり、絵画や木とは異なる糸の仏の魅力を堪能することができます。奈良国立博物館 糸のみほとけ展の開催日程の詳細や、糸のみほとけ展 公開講座についてご案内します。糸のみほとけ展の開催を記念して募集された、オリジナルの手作り作品の展示があります。さらに、綴れ織りの実演と解説や「天寿国繡帳の繡い方を体験しよう!」という大人向けワークショップ、「織ってみよう!糸のみほとけ」という親子向けワークショップも、開催されます。夏休みの自由研究にいかがですか?