お精霊迎え一覧

六道珍皇寺のお精霊迎え 六道参りとは?地獄絵図や黄泉がえりの井戸とは?

六道珍皇寺のお精霊迎え 六道まいりは、毎年8月7日から10日に行われます。京都では、8月の13日から始まり、16日の五山の送り火に終る盂蘭盆(うらぼん)には、各家庭で先祖の霊を祀るお盆の供養が行われます。そのお盆の8月7日から10日までの4日間に、ご先祖様の精霊(御魂 みたま)を迎えるために、六道珍皇寺へ参詣する風習があります。これを“六道まいり”または“お精霊さん迎え”と言い、多くの人が六道珍皇寺を訪れます。六道珍皇寺にある地獄絵図や黄泉がえりの井戸、小野篁が地獄へ通ったと言われる冥途通いの井戸について、また、六道参りの参詣の仕方をお伝えします。