納涼床一覧

京都の夏の風物詩 納涼床 鴨川・貴船・高雄それぞれの特徴と営業期間はいつ?

京都の夏の風物詩と言われる『納涼床』や『川床』ですが、この“床”という字の読み方がわかりにくいとよく言われます。『納涼床』…(のうりょうゆか)(のうりょうどこ)『川床』 …(かわゆか)(かわどこ)どの読み方が正しいのかということですが、京都鴨川では「ゆか」、貴船、高雄では「かわどこ」と読むのが一般的です。そんな京都の夏の風物詩『納涼床』の、鴨川・貴船・高雄それぞれの特徴と『床』が営業される期間をお知らせします。