端午の節句一覧

端午の節句 鯉のぼりの由来と意味は?いつから始まった風習でその理由は?

五月五日は端午の節句ですが、こどもの日と言ったほうがよく知られているかもしれません。端午の節句には鯉のぼりを揚げる家々を見かけましたが、住宅事情もあって、最近は郊外でなければ鯉のぼりを見ることができません。幼稚園や保育園では、鯉のぼりを作って飾りますが、その鯉のぼりがいつから飾られるようになったのか、鯉のぼりの由来や意味について、まとめてみました。

こどもの日 菖蒲湯になぜ入る?ショウブをいれる由来と起源 効能効果はあるのか

端午の節句 五月五日はこどもの日です。子どもの日には、五月人形を飾ったり、こいのぼりを上げたり、柏餅やちまきを食べたりする風習があります。そして端午の節句には菖蒲湯に入るという昔ながらの風習があります。この菖蒲湯に入るという風習ですが、いったいなぜ菖蒲湯に入るのか?菖蒲湯にはどんな意味や由来があって、さらに菖蒲湯に入ることでどのような効能効果が得られるのかを、菖蒲湯の起源とともにお伝えします。ぜひ、端午の節句 五月五日のこどもの日には、家族そろって菖蒲湯をお楽しみください。