興味津々

誰もが気になる巷の話題 知ってて得する耳より情報など 好奇心をそそる興味津々なお話しを集めました

秋の季節と行事

京都の紅葉ライトアップ2017夜間拝観の日程と名所おすすめスポットは?

投稿日:

京都の紅葉ライトアップ2017
ライトアップの開催日程と時間、
夜間拝観が出来る名所・名庭園など、
南禅寺周辺・清水寺周辺・嵐山周辺
そして
京都市内近辺
ライトアップで有名な
おすすめスポットをご紹介します。

スポンサーリンク
  

京都の紅葉ライトアップ2017夜間拝観を楽しむポイント

京都の紅葉 夜間拝観は
昼とは違う感動が得られる感動のライトアップ拝観です。

ライトアップを楽しむのなら、
事前に知っておきたい情報を抑えてスムーズに夜の紅葉を楽しみましょう!

・昼夜入れ替え制をチェック
夕方にいったん閉門し、改めて開門するところが多いので、あらかじめ確認しておきましょう。
夜間は別途拝観料が必要になります。

・時間に余裕をもって行動しましょう。
秋のライトアップを心待ちにするファンは多くて、毎年長蛇の列になります。
余裕ある計画を立てて、早めに列に並ぶようにしましょう。

・厚着で寒さ対策を
盆地である京都は寒暖の差が激しく、夜になると急に冷え込むことが多いので、
上に羽織るものがあると便利で快適に過ごせます。

・周辺のお店も調べて効率的に
ゆっくり楽しむために、晩御飯を済ませて、遅めの時間帯に拝観するのも賢いかも、
周辺にあるお店をチェックしておきましょう。

夜のとばりがおりれば紅葉ライトアップに酔いしれる

日が沈み、うっすら明かりが灯りはじめると、
京都の紅葉ショーの第2幕がスタートします。
訪れる人を虜にする有名スポットから、知る人ぞ知る隠れた名所まで、
闇夜に映える魅惑の世界を堪能しましょう。

ひと目で心を魅了する、闇夜に輝く艶やかな緋色の光
不動の人気エリアは、南禅寺、清水寺、嵐山周辺
幻想的なライトアップは毎年混雑しますが、華麗な夜の光景を目にすれば、
並んでもまた訪れたくなるに違いありません。

南禅寺周辺

永観堂(えいかんどう) 禅林寺

哲学の道の途中、東山を背にひときわ美しい紅葉を堪能できるお寺があります。
それは、もみじの名所として名高い永観堂です。
夜のライトアップは真っ赤に染まる昼とは異なる雰囲気を醸し出し、
まさに「もみじの永観堂」の呼び名にふさわしい光景です。
境内には約3000本のもみじが広がり、暗闇の中に緋色の光が浮かびます。
特に「古今集」にも詠まれた岩垣もみじは見事で、
垣のようにはりめぐらせた岩からのぞく紅葉は鮮やかで圧巻。
境内で一番上にある多宝塔は、放生池越しに望む紅葉が見ごたえ抜群です。
釈迦堂に向かう唐門周辺のもみじのアーチなど、見どころが点在している。

ライトアップは11月7日から12月6日まで
時間は 17時30分~21時(20時30分受付終了)
人気名所の昼夜両方を鑑賞するのなら、昼間に訪れてから一旦出て、
ライトアップ待ちの列に並べば、どちらも楽しめます。

天授庵(てんじゅあん)

幽玄な輝きが、白砂と青苔を包み込む庭園美に感動します。
永観堂から程近くに位置する格式ある名刹で、
南禅寺の塔頭・天授庵でもライトアップされます。
境内にはそれぞれ趣のある二つの庭園があります。
一つは白砂と青苔の対比が見事な枯山水庭園。
もう一つは、書院南側の周囲に杉や楓などの木々を配した池泉回遊式庭園。
名園と紅葉との美の競演が楽しめます。

ライトアップは11月15日から11月30日まで
時間は 17時30分~20時45分
時間を区切っての入場なので、境内に入ってしまえば落ち着いて鑑賞できます。
ただし入場までは少々混雑しますのでご注意を。

清水寺周辺

世界遺産の清水寺をはじめ、
周辺には一度は訪れたいライトアップを演出する寺院が集結しています。

清水寺(きよみずでら)

観音慈悲光と錦色が三重塔を艶やかに彩る
「清水の舞台」で知られている有名寺院。
ほかにも鮮やかな総丹塗りの三重塔など絵になる見どころが多数あります。

ライトアップは11月11日から12月3日まで
時間は17時30分~21時
意外とスムーズに入れるが、帰宅する人が増える20時以降が狙い目の時間。
ただし、受付終了時間は21時なので気を付けて!

高台寺(こうだいじ)

水鏡に映る夢幻的な赤が優美な世界観へ誘います
多くの照明が広大な境内を照らす様は圧巻。
臥龍池の水面に映りこむ紅葉や竹林などが幻想的。

ライトアップは10月21日から12月10日まで
時間は日没から21時30分受付終了
有名寺院なので観光客は多く、週末は入場待ちで行列ができることもあります。
その場合は、先に圓徳院を見学してから拝観しましょう。

圓徳院(えんとくいん)

紅色と石組が織りなす雅な庭園を愛でる
豊臣秀吉の妻 ねねが没するまで過ごし、心を慰めた桃山様式の名庭は必見!
華麗な姿で見る人を魅了します。

ライトアップは10月21日から12月11日  12月9日10日はお休みです
時間は17時~21時30分
昼夜入替制がないので夕方からの入場がおすすめ!
夜のみの鑑賞なら、
平日の20時以降がゆっくりと美しい光景を楽しむことが出来ます。

知恩院(ちおいん)

荘麗な光に照らされる昭和の華やかな名庭
国宝の三門や友禅苑からの紅葉は訪れたいスポット。
広大な敷地が照らされた壮麗な景観を堪能しましょう。

ライトアップは11月3日から12月3日まで
時間は17時30分~21時
混雑は比較的緩やかで、落ち着いて紅葉が楽しめます。
余裕をもってじっくりと観賞したいのなら終了直前が狙い目!

青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)

静かに煌く青い光に心洗われる神秘的空間
大小1000の照明による芸術的な演出に定評があります。
池泉回遊式庭園の「相阿弥の庭」など美景が多い。

ライトアップは10月27日から12月3日まで
時間は18時~22時
拝観順路が長いので、混雑度は軽減されていることが多い。
静かな雰囲気を望むのなら平日の20時以降がおすすめです。

スポンサーリンク

嵐山周辺

日本屈指の景勝地『嵐山』
平安時代から愛されてきた鮮やかに染まる紅葉スポットを散策しましょう。

旧嵯峨御所 大本山 大覚寺(きゅうさがごしょ・だいほんざん・だいかくじ)

王朝時代をしのぶ 池に映る幽艶な錦
嵯峨天皇の離宮だった寺院。
境内東に広がる大沢の池から眺める紅葉は優雅で華やかな王朝絵巻のよう。

ライトアップは11月10日から12月3日まで
時間は17時30分~20時30分
どの時間帯に訪れても混雑は気にならないので、落ち着いて拝観できます。

宝厳院(ほうごんいん)

闇と神聖な光が名庭を艶やかに映す
天龍寺塔頭にある獅子吼の庭では、
紅葉のトンネルやIEDによる流水の演出などが名庭を映す
 
ライトアップは11月10日から12月3日まで
時間は17時30分~20時15分
庭園は広いのですが通路が細いので、開門30分前に並べばスムーズに進めます。

常寂光寺(じょうじゃっこうじ)

静寂な寺を灯す風情あふれる秋色
境内は小倉山中腹にあり、藤原定家が百人一首を編集した山荘跡と伝わっています。
全山を覆う紅葉は雅やか。

ライトアップは12月9日から12月18日まで
時間は17時~20時
人出は多いのですが、平日遅めに拝観すれば、混雑は避けられることが多い。

嵐山花灯路(あらしやまはなとうろ)

自然美を活かした和の光が優しく輝く
「灯り」と「花」で演出された散策路が続き、
竹林の小径など、自然景観のライトアップが美しい。

ライトアップは12月8日から12月17日まで
時間は17時~20時30分
各観光名所もライトアップされるので、
あらかじめコースを決めて行くようにした方がいい。

嵯峨野トロッコ列車

深まりゆく秋の景観を車窓から愛でる
亀岡~嵐山間をライトアップ。
明かりに照らされた幻想的な紅葉と渓谷の自然美が車窓から堪能できる。

ライトアップは10月中旬から12月上旬の予定
時間は16時30分が最終列車(臨時列車あり)
全席指定なので事前に前売り券の購入が必要。
(オープン車両は当日発券のみ)

京都市内その他のライトアップ

京都市内からどちらも程近いところにあって、
交通の便も良いところばかりです!

雲龍院(うんりゅういん) 京都駅周辺

優しい光を放つ奥ゆかしい景観美
泉涌寺(せんにゅうじ)別院の雲龍院は本堂の龍華殿
庭園が優しい光に照らされる

ライトアップは11月18日から11月26日まで
時間は日没から20時30分
京都市東山区泉涌寺山内町36
075-541-3916

東寺 教王護国寺(とうじ・きょうおうごこくじ)京都駅周辺

秋の夜空に煌く 京のランドマーク
真言宗総本山の東寺は、京都のランドマークとして、
五重塔は迫力満点!

ライトアップは10月28日から12月10日まで
京都市南区九条町1
075-691-3325

東林院(とうりんいん) 金閣寺周辺

約400本のろうそくが白砂の庭を照らす。
禅寺に宿る静寂を感じよう。

ライトアップは10月6日から10月15日まで
時間は18時~20時30分
京都市右京区花園妙心寺町(妙心寺塔頭)
075-463-1334

北野天満宮(きたのてんまんぐう) 上京区上七軒

紅葉のトンネルが清流を橙色に染める
苑内の散策路には約300本の紅葉が折り重なり風情を誘う

ライトアップは11月11日から12月3日まで
時間は日没から20時
京都市上京区馬喰町
075-461-0005

貴船もみじ灯篭(きふねもみじとうろう) 貴船・鞍馬

可憐な光りを放ち神秘的な本宮へ導く
貴船神社参道の両側にある灯篭に明かりが灯り厳かな雰囲気に。

ライトアップは11月3日から11月26日まで
時間は夕暮れから21時頃
京都市左京区鞍馬貴船町180
075-741-2016

叡山電車(えいざんでんしゃ)もみじのトンネル 貴船・鞍馬

電車を覆い尽くす迫力ある紅葉を満喫!
ハイライトに近づくと車内照明が消え、速度ダウン
車窓からの紅葉をたっぷりと楽しめます。

ライトアップは11月3日から11月26日まで
時間は日没から21時頃
叡山電鉄出町柳駅~貴船口駅
075-702-8111

宝泉院(ほうせんいん) 大原

山里に佇む勝林院の塔頭。竹林を背に闇に浮かぶ紅葉が美しい。
階段を上り詰めれば夢幻の世界に出合う

ライトアップは11月4日から12月3日まで
時間は17時45分~20時40分
京都市左京区大原勝林院町187
075-744-2409

神護寺(じんごじ) 高雄

自然に創り上げる 秋に映える額縁庭園
ひと足先に色づく高雄の名刹。約400段の階段を上って神秘的な光景へ。

ライトアップは11月5日から11月19日まで
時間は17時~19時
京都市右京区梅ケ畑高雄町5
075-861-1769

醍醐寺(だいごじ) 山科・醍醐

境内を彩る紅葉が幻想的な美を放つ
幽玄な光りの中に、錦色で彩られた国宝の姿が浮かぶ感動的な景色

ライトアップは11月17日から12月3日まで
時間は18時~20時10分
京都市伏見区醍醐東大路町22
075-571-0002

隋心院(ずいしんいん) 山科・醍醐

小野小町ゆかりの寺で鮮やかな秋色を堪能
鮮やかな紅葉と緑の苔のコントラストが見事で心を魅了する。

ライトアップは11月17日から12月4日まで
時間は18時~20時30分
京都市山科区小野御霊町35
075-571-0025

曼殊院(まんしゅいん) 一乗寺・岩倉

錦秋のコントラストが描く優美な空間
書院から見える庭園の白砂と杉苔に、光が注がれた紅葉の対比が美しい

ライトアップは11月1日から11月30日まで
時間は日没から19時30分
京都市左京区一乗寺竹ノ内町42
075-781-5010

あとがき

京都の紅葉はどこも美しいのですが、
陽が落ちて、少し肌寒く感じながらも
燃えるような紅葉がライトアップされると、
心まで高揚してきます。
昼間とはまた違った美しさをたっぷりと見せてくれます。

スポンサーリンク

-秋の季節と行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

安井金毘羅宮の櫛祭り女の時代祭りの歴史は?行列のコースや見る穴場は?

スポンサーリンク 京都の安井金毘羅宮では 女の時代まつりと呼ばれる 櫛祭りが行われます 安井金毘羅宮とはどんな神社で そこで行われる櫛祭りについて どのような経緯で行われるようになったか また 櫛祭り …

中秋の名月を芋名月と呼ぶのはなぜ?栗名月や豆名月はいつで風習は?

スポンサーリンク 日本では昔から、お月見をする風習がありました。 お月見は、 中秋の名月と言われる十五夜の月を見ることですが、 その十五夜のお月見を、 芋名月と呼ぶのは何故なのでしょうか? また、中秋 …

十五夜の由来とは?2017年の満月はいつ 供えるお供え物と行事食は何?

スポンサーリンク 日本の秋の風習の一つ  十五夜のお月見には どのような由来があるのでしょうか 天体の現象に過ぎない月の満ち欠けに 心を躍らせ 宇宙の星の一つである“月”に神秘性を感じる 現代人が忘れ …

縁結びの神様出雲大社の神在祭で入手できるオリジナル御朱印帖の種類

スポンサーリンク 縁結びの神様 出雲大社の御祭神と、 出雲大社で行われる神在祭とはどのようなお祭りなのか? 縁結びので有名な出雲大社では、 オリジナルの御朱印帖が頂けます。 縁結びの神様ならではの御朱 …

法隆寺 夢殿の秘仏救世観音像2017年秋の開扉はいつ?七不思議とは何?

スポンサーリンク 法隆寺 夢殿の秘仏 救世観音像とはどんな仏像なのか、 秘仏とされる救世観音像だが、 夢殿本尊秋季特別開扉2017年はいつなのでしょうか? 救世観音像がなぜ秘仏と呼ばれるのか、 何故封 …